「私」を確認して

どのような環境、状況に置かれても、その場で

自分の命を最大限に活かすことが出来なければ本物ではない。

それは、今の環境を選んだのも自分自身、100%自己責任だという法則を受け入れ、どのような状況も、すべて神性意識を離れたために創造してしまった消えてゆく姿(色即是空)と観て、

神性意識を復活させる。 そこから空即是色の創造を始める。

神性顕現。

いのちを生かす。神性を復活させ生きること。



すべては完璧、欠けたるものなし、大成就。

......................と、いきおいで書いてしまった。。。

今日、お祈りし、印を組んでいたら、 なんだか、内側で塞がっていたものが

はずれて、通りが良くなった感じ♪
 
「私」を確認することを怠らないこと☆


[PR]

by mppoe-light | 2017-11-28 18:20 | 真理について思ったこと

祝♪3500回 その②

3500回を目指して印を組み始めて10日くらい?だったっけ。

変化は私の内面ではなく、体重に現われた(^_^;) おおぉ~おっ

油断するとすぐ体重が増えていたのに、それとは逆に なんと2kg減っていた。

kg減った体重も今は1kg戻りました。(*^_^*)
でも、油断すると今度は体重が減り易くなったような気が。。。
(気のせい・・・?)

体調の悪さには慣れてるからいいのですが、 いつもより不調気味です。

これはもともと私の個人的な体調の悪さなのか、それとも、少なからず地球人類を維持するために私の肉体エネルギーが使われてるのか。。。 

私には分かりません。

いずれにしても、これは私の守護霊さま守護神さまの考えで行われていることなので、私があれこれ考える必要ない。。考えても、治ることではないし(笑)


[PR]

by mppoe-light | 2017-11-28 17:31 | どってことない話☆

祝3500回達成♪ 

本日、神聖復活・目覚めの印を3500回終了しました。

思えば、今年はカウンターを持ちながら印を組む一年でした。

まず、講師になって 国・人類浄めの印を毎日こつこつ組み続け、

5月中には達成。

やった~。終わった。(●^o^●)と、ほっとしていたのもつかの間。。。

今度は、神聖復活・目覚めの印を3500回組むことに。わぉ

毎日カウンターを持って、印を組んでは回数を数えた一年でした。


まだ11月ですが、少し早いけど今年を振り返ってみます。

今年に入ってから、4月の地方の宇宙究極の光を降ろす行事での役目を、全力で取り組みました。

その後は、SOPPに参加し、また、国・人類浄めの印を組み続け、
そして達成しました。


そのあたりからだったでしょうか。。。 

なんとなく体調がすっきりしない。。。力が出ない~。。。

今年の夏は少々しんどい夏でした。



9月になり、涼しくなってきて、これで体調も元通りになるぞ・・・と思っておりましたら、差に非ず。。。北朝鮮のミサイルが北海道の太平洋沖に落下し、時を同じくして大型台風が日本を縦断したときの、前後2週間。

想定外の絶不調に陥ってしまいました。。(T_T)

あまりの体調の悪さに、これから自分の体はどうなってしまうのだろうか、このままの状態がこれからずっと続くのだろうか・・・と不安になりました。


でも、これが私が受けて行かなければならぬ運命・役目ならば

潔く受け入れるしかない、薬を工夫して飲んでいけば、この先なんとかなる、、、、。と思い始めたころに、、徐々に体調は快復。 

あー助かった(^_^;)びっくりしたよ~ぉ。



「長く生きていると、突然、体調の悪くなることだってあるよね。」っと、

体調が快復したことを喜びながら、10月の富士での究極に出かけ、行事中に神性復活・目覚めの印の伝授を受けました。
 

我即、人類を超えた新しい印。自分の内面がどう開発されるのか、わくわくでした。期待は膨らみます。(*^_^*)

待ち望んでいた伝授をすませ、

3500回を目指して印を組み始めて10日くらい?だったっけ。

変化は、私の内面に現れたのではなく、なぜか・・
私の体重に現われたのでした(^_^;) わぉっ

それまでは、油断するとすぐ体重が増えていたのに、
それとは逆に なんと2kg弱、減っていた。

つづく.........☆


[PR]

by mppoe-light | 2017-11-22 22:21 | どってことない話☆

二元対立を超えた人類救済

ピタゴラスさんが引用された昌美先生の法話に感動です。
(共振共鳴する神意識の言葉  から)

「人類を浄める」というエネルギーではない。

『富める者と貧しき者、救う者と救われる者、こういう上下関係がある間は、そこには真の平和は訪れない』(00-06 P71)。

二元対立は本物ではない。


『物理的なこの世的な救済を超えて、一人一人の中に神を見る。それが我々の人類救済なのです』(00-06 P70)。


どの立場で、どの視点で人類を観るべきか・・
自己認識・意識を高く持ち続けること。
自分の意識が高ければ、相手=私 となります。 
私=私達。そこには、救う者と救われる者という二元対立は存在しません。

・・・自分の真理の取り組み方に安心しました。
*****************************

共振共鳴する神意識の言葉


『人類即神也の宣言、唱名は、人類の神性を称えるひびきである。』(2001-03日々の指針)
『人類即神也の印を組む者より真理は流れ出て、全世界を潤い尽くす。』
『いかなる心の状態で我即神也と発し、印を組んでも、その発生は、本来の崇高なる神の心より発する言霊そのものである。』(2001-01日々の指針)


 祈り、印、言霊は本心と共鳴共振するである。これはスイッチにも譬えられる。スイッチを押す手が汚れていようが、洗っていようが、スイッチを押せば電灯は輝く。
それと同様、祈るとき、印を組むとき、言霊を唱えるとき、いずれの場合もそのときの心境は問われない。徳のあるなし、業生の多寡、いずれも問われない。
直近の言動の善悪、生涯の言動の善悪すら問われない。人は皆本質において神そのものなのだから、祈り、印を組み、言霊を唱えるとき本心と共振共鳴するようになっているのである。
また、本心と共振共鳴する以外の方法で、己を鍛えなおしたところで上手くいかない。瓦はいくら磨いたところで、ダイアモンドにはならないのである。

 
祈り、印、言霊とはこのように絶対力を持つのである。この絶対力への確信があるからこそ、『人類を真理に目覚めるよう促す』という気迫が湧いてくる。
しかし、それは「人類を浄める」というエネルギーではない。

『富める者と貧しき者、救う者と救われる者、こういう上下関係がある間は、そこには真の平和は訪れない』(00-06 P71)。二元対立は本物ではない。

『物理的なこの世的な救済を超えて、一人一人の中に神を見る。それが我々の人類救済なのです』(00-06 P70)。

真の祈り、印、言霊は何も浄めようとしない。自他の本心をひたすら拝むものである。称えるものである。ひたすら本心を称えるとき、本心を邪魔するエネルギーは変容されるのである。

<白光ノート から>



[PR]

by mppoe-light | 2017-11-01 23:00 | ピタゴラスさん啓示録から