カテゴリ:真理について思ったこと( 327 )

原因は自分の中

最近はちょっと惰性でお祈りや印を組んでいたためか、
今日ある事に気づき、反省をしました。 

自分が ”消えてゆく姿”(自分のカルマの想念って言えばいいかなぁ) に、はまっているのに、
それに気づいていなかった・・・・てことです。
(T T) うかつでした。 

日々の生活には”お試し”がいっぱい準備されていて、それはイコール成長につながるんだけど、
無意識に、惰性で祈っていては、そのお試しに気づかず 結果、不合格に。
うー落第したくない~!です(笑) 無限なる進歩!

Mさんという人がいます。 
私の印象では、気位が高くて、いつも尖がってる?感じです。
はじめは優しそうに話かけてくれるのですが、
いつの間にか、気が付くと上から目線・・・・。 
でも、それはそれでいいのです。
私はあまりお会いする機会もないから。

 だた・・・
私の友人が、そのMさんと親しくしていて、 それで気になるのです。

友人Kさんは私から見ると、Mさんと親しいというより そのMさんに振り回されている感じがするのです。
だから ちょっと心配で気になってしまい、その気持ちが高じて、Mさんのことを
しだいに不愉快に思ってしまったのです。 

それほど親しくも無いのに 気が付いたらMさんのことが嫌いになっていました。 
Mさんの言動を否定的に観ていました。 無限なる愛!☆

それは余計な感情だと思います。 でも そのことにさえも気が付かない
まま嫌いになっていました。


う、書き始めると また今回も長くなる・・・・
続きは後日☆
[PR]

by mppoe-light | 2009-05-29 22:00 | 真理について思ったこと

主役は人類ひとりひとり

5月17日、富士聖地SOPP。

ステージの上では、司会のリードでプログラムが進行し、
各国のお祈りでは、参加者全員で一つ一つの国の平和、進化をお祈りをする・・・

会場には
カリスマ的な代表者がステージ上に居るわけでもなく、
ステージに向かって参加者の声援が飛ぶわけでもない、
ただただ祈る、 
そしてフィナーレにステージ中央には
宇宙の(銀河の)フラッグが・・・
拍手・拍手、拍手・・・・

SOPPに参加して思ったのは、
私たちの世界の代表は、私たち人類一人一人だということでした。

特別な人が存在するわけではない、 カリスマ的なスターのような
特別な人など意味が無いし、存在する必要など全くない。

そもそも主役は人類なんだ、
私たちの世界の主役は私たち。

こんな気持ちに喜び、嬉しさを感じながら
富士聖地を後にしました。


神さまの世界って 素晴らしい! 

世界人類が平和でありますように!
 
[PR]

by mppoe-light | 2009-05-24 22:00 | 真理について思ったこと

姪のはじめてのSOPP☆

今年5月の富士のSOPPは一人で出発しました。

祈りの友人達は、みな7月に参加するというので
私だけなら、今回のSOPPはパスかな・・・と思ってましたら、
急に、姪から 「5月に一緒に富士に行かない?」 と誘われました。

姪は、まだお祈りも知りませんし、五井先生も昌美先生のことも
まったく知りません。 SOPPのDVDを観て、
私から富士聖地の話を少し聞いているくらいです。

そんな姪は、ネットで白光を調べて
春休みに ふら~と一人で富士聖地に行ってみたそうです。
びっくり!


で、
「初めての富士聖地、どうだった~?」と聞くと

野外会場に入る前の ピースパスで涙がこみ上げてきて、
会場では泣いてしまったそうです。
また本館の白光の歴史、沿革などの紹介パネルを見た時にも、
同じように涙がこみ上げてきたとか・・・。

これにはちょっと驚き。あまり泣くタイプの人ではないので。。。

もーこうなったら、富士聖地を紹介した私が姪の誘いを断ることは出来ません。
私も富士聖地に行かねば~~!!!!です。

そんな訳で、
私は一人で富士へ向かい、姪は都内から富士へ、
当日、富士聖地で合流することになりました。


いや~ 突然だったけど行事に参加する気になってくれて
おばちゃんは、とても嬉しかったよ~~~(感涙) うるうる・・・

でもね・・、「富士は雨が降ると寒いよ~っ、ちゃんと準備してよね」、と
説明してたのに、本気にしてなかったんだろーか。。。
薄着してくるなんて・・・・。(T T)
[PR]

by mppoe-light | 2009-05-18 22:56 | 真理について思ったこと

5月号のお話を読んで

今月号の由佳先生&真妃先生の法話は良かった♪

由佳先生のお話は・・・

”なぜ本当の自分を知らなくてはいけないのか”

”個を極めるとミッションが進化する”

本当の自分を知ることによって、そこからすべてとつながる自分に出会うのだと思います。
自分を極めることによって、我即神也を実践することによって、
個の自分が手放されてしまうのです。

手放されるというよりも、個から無限に広がる大きな宇宙のひびきへとつながっていくのです。
自分の中の神を通して、自分がすべてとつながり、すべてと
かかわり合い、すべてと影響しあっている。 ・・・・・

***********************************************

私は、
どうしたら人とのつながりを心から理解することが出来るのかなーと
思ってましたが、 やはり自分の中の神を通して  ですよね。
我即神也からすべてが始まる・・・・そんな気がしました。

真妃先生は・・・

神意識と直結した道は、自分を含め人類をもプラスへと導く道なのです。
意識・エネルギー・肉体を人類のために使うことは、神様とまっすぐつながる
瞬間をつくることと同じなのです。自らの根本意識を神意識とつながらせることで、
悩みや迷いのない、すべてが喜びと至福に溢れた人生へと修正されることになるのです。

************************************************************

世界の平和を祈り人類の目覚めを祈ることが、自分の中の神と一体になっていること・・・
ありがたいし、幸せなことだなぁ・・・と思います。

17日の富士聖地のSOPPに参加します。 富士聖地の高次元の光の場に
身を置いて、自分自身をゆっくり内観してみようと思います。

我即神也 成就 人類即神也
[PR]

by mppoe-light | 2009-05-13 23:15 | 真理について思ったこと

講話会で・・・

田中先生の講和会で、お話の最後に質問の時間がありました。
その中で みなさんがやっぱり気にしているのは 2012年のこと。
最近になって 昌美先生も2012年という年を言われるようになったので
なおさらです。 それについて
田中先生のお答えは、
五井先生もそうだったけど、
昌美先生がそれを話題にされるということは、もうその問題は
終わっているから・・・ということだそうです。
どうやら世間で話題になっている12年の問題は、解決しているか
解決しつつある ようです。 だからこそ昌美先生がそのことを
発言されるようです。 そうですよね、昌美先生は大光明思想家です。
否定的な未来は絶対話題にされません。

なるほど、そうだった・・・ と思いました。
[PR]

by mppoe-light | 2009-04-26 21:04 | 真理について思ったこと

そう、これでいいのだ!

「人類即神也 を顕すためのプロセスとして、いかなる批判、非難、評価も下さず」、 

自分は神の分御霊であり、守護の神霊が常に導いてくれているのなら、
相手もまったく同じ。 相手も神の分御霊であり、守護の神霊が導いている。
その点では私達は全く同じ。 そもそも神の子という点で、みんな同じ。
みんながそれぞれ多様なプロセスで多様な体験をして進化するのだから、
そのプロセスだけを見て、「なんかちがう」と言っていても、しょうがない。

自分自身の考えを信じて受け入れると 
相手と意見が違っても混乱しなくなり、反論もしなくなってきた気がします。

今の自分をしっかり信じようと思います。 
でも一年後には今の考えは変わるかもしれません。そしたら、その時は次の新しい考えを信じます。その後も変わったら、また次の考えを信じます。

「適当だなー」 なんて言われるでしょうか?
気にしないもーん(笑)  人さまには迷惑はかけてないもん。

私は自分の人生を、人に納得させるために生きてる訳ではないのだから。
私は、私を進化させたいから生きるのです。(&世界平和のためにも)

人と意見が違って、動揺したり憤慨したら、それは自分の中の光が足りないってこと。
心がけるのは、もっと光の座に自分の意識を置くこと。 それだけ。

難しいことは分からないけど、
「我即神也、本心さんありがとう」 が、今一番いいです。
自分が中から光って内面が満たされた状態なら、なんでも赦せるし
愛せるような気がします。

そう、これでいいのだ!上手く説明は出来ないけど・・・、
果因説っていい♪

なんだか、のんきな日記になりましたが、、、
これでおわります☆☆☆
[PR]

by mppoe-light | 2009-04-19 22:05 | 真理について思ったこと

みんなちがって、みんないい ♪

自分の持つ考えに100%確信があったら、人がそれについて反論しても
ムキになることはなく、堂々と、悠々としていられるはずです。(と思ってます。)

自分の考えに確信があれば、人にどう判断されても、少しも揺るがず
不動でいられるはず。 自分が納得しているから それでいいのだ☆ です(笑)
自分に確信がないから 相手に共感を求め、それによって
安心しているのかもしれません。

ならば
自分の考えが間違っていたら(未熟だったら)どうでしょうか。

最近思うのは、 間違っていても構わないのだ ということ。(真理を求めるプロセスであれば)
今の自分が抱く考えが今の自分の真実。 仮にそれが未熟で幼い考えで間違っていても、
私の本心は私の人生に新しい課題を用意し、私に気づきと学びを与えるチャンスを創り
修正するはずです。

すべては我即神也へ向かうプロセス。 ですから、人と自分の考えが違っていても構わない。

そもそも 無限がそのまま活動しても無限のままでは創造ができません。
無限が個々に分かれることで創造活動が始まりました。 
(と言った内容が、「神と人間」に書いてあった はずなんだけど・・・☆)

だから私達は違っていて当たり前なのかも知れません。 同じものが同じように活動しても
新しい発想、発展は望めないものです。 
五井先生は仰ってました、個性は進化してもずっと存続すると。

「みんなちがって、みんないい」    (金子みすずの詩)

つづく☆
[PR]

by mppoe-light | 2009-04-17 23:13 | 真理について思ったこと

違っていても、いいのだ☆

自分の、物事に対する見方、考え方受け取り方が、他人と違うことに
長い間こだわっていました。疑問を感じていました。 
人と自分との違いにばかり注視する想いのクセ、っと言えばいいかもしれないけど。。。

例えば・・・
最近読んだ ハワイのポノポノですが、読んだ感想が
本を貸してくれたKさんと、また異なるのです。(笑)  
お祈りの法友なので
真理について話す機会も多いのですが、以前からあまり同調してません。(笑)
話している途中で「考えが違うな~」と感じること、しばしばです。
お互いがゆずるので、口論のようにはならないけど。
でも
心の中はすっきりしない部分が残ります。(なんでだろー???)

Kさんに限らず、自分の考えが周囲に共感してもらえないって
寂しいものですから、子供の頃、若い頃は自分の意見を理解してもらいために、
ムキになって話し始め、それでも受け入れられないと、
最後にはとうとう怒り出すこともありました。(無限なる癒し~☆)

そもそも”怒り”って弱さの裏返しです。 ありのままの現実を受け入れることが出来ない
精神的な弱さ。逃げることと同じです。

それは、自分の考えが否定され受け入れてもらえないのが
寂しくて、まだまだ独りでは不安だ~、という心の声なのかも。

つづく☆ 
[PR]

by mppoe-light | 2009-04-16 22:45 | 真理について思ったこと

活性化する☆

松尾みどりさんのお話で、

人生の前半は自分自身を知るために、自分とぶつかる人を配置し、
後半は、自分にとって必要な部分を備えている人を配置する、
そんな人生設計をして私達の多くは誕生している・・・・

というような事を聞いたことがあります。

前半には ぶつかる人、好きになれない人を配置し、それを通して
自分を知るのだそうです。 それは身近では、親であったり、兄弟姉妹であったり だそうです。

よくぶつかる人って、自分と似てるんですよね。自分にとっては鏡のような存在です。

後半は、自分とはタイプが違って上手く理解が出来ないけど、嫌いになれない、
なんだか分からないけど気になるタイプの人・・・ちょっと不思議な人・・・
それは 生まれた子供であったり、新しく知り合った友人だったり。

そういった人は、自分がこれから取れいれた方が良い要素を持った人なのだそうです。
自分にとっては学ぶための人。

男性は30代中ごろ、女性はアラフォーが人生の前半、後半の境目になるそうです。

私はとーっくにアラフォーを越えてますが、( ̄▽ ̄;) ~☆
思い起こせば いろいろ思い当たります。

例えば 友達のいくちゃん。
祈りの会の法友です。 お祈りで繋がらなければ、たぶん友達にはならないタイプの人です。
性格も嗜好も対極に分かれる感じです。 
(今では、仲良しこよし♪♪♪です。)

でも、私とは全然違う、いくちゃんの生き方を見ていると、
自分の周りには無い、こんな生き方もあるのだな~と気づくのです。
自分の知らない世界を垣間見る・・・と言えばいいでしょうか。
良い刺激を受けます。
刺激を受けると 内側が活性化します。
これこそが みどりさんのいう学ぶための人なのかも知れません。

これから新しい自分の姿が発見できるかも、? 嬉しー♪♪♪
[PR]

by mppoe-light | 2009-04-10 21:32 | 真理について思ったこと

「あるがままに・・・」を読んで その後☆

それで宗教団体に入っておられる方に「いずれ宗教は無くなるのですよ」と
言っているのですが、皆さん「そうですね」と言いながらもおやめにならないのです。
その方達は、わかっているのだけれど一人になるのが恐いのです

うーん、するどいかも~!

幸子さんのこの言葉を読んで、 
あらためて自分の心を問いただしてみることが出来ました。

祈りや印、呼吸法。 
これらは会員以外の方でも行なえます。当然です。白光の目的は個人、人類とも
真理に導き神性を顕現させることだから。

私は、将来 多くの人々が真理に目覚める時代になったら
白光も役目を終え、解散するのだと思っています。

数年前、 
富士で五井先生の写真が取り外されることに
なりましたが、、その時私は嬉しかったです。
肉体の五井先生ではなく、
五井先生の教えて下さった真理が重要なはず、なのだから。

そもそも
私達は神の存在を信じることや、もっと進んで、
本来は自分が”我即神也”であるということが、なかなか信じきれないから、
だからまず
五井先生を信じる。そして守護の神霊を信じる。
五井先生がそう仰るのだから間違いない、絶対そうなのだ!、
と、思うことで意識は五井先生を通して
常に神さまの方へ向いていることになります。
まだ未熟ながらも、五井先生を一所懸命に
想う事で神様と一体になってることになります。

私は、五井先生や守護の神霊は、真理を体得するための
導師、道標・・・だと思っています。
高い高い道標、高い高い目的地の五井先生。
今まで私も五井先生も皆さまを甘やかせていた部分があった。
それで「願望成就」などという中途半端な教えも入れてしまった。
本道は神そのものの完全円満な姿を現わすことのみ。

昌美先生の今月の富士でのお話の一部です。


我即神也、
 自分の運命は自分で創る、自分には欠けたるものはない!

これからはもっと進んで自立することが大切なのだと思います。

もう 幸子さんが言われる「一人になるのか恐いから」? というような段階ではありませんでした。
本道は、我即神也 人類即神也。神そのものの完全円満な姿を現わすことのみ。

気持ちを引き締めねば~。

世界人類が平和でありますように
[PR]

by mppoe-light | 2009-03-23 22:36 | 真理について思ったこと