カテゴリ:真理について思ったこと( 335 )

ある、ある、あるのに~っっ

自分の中にいつもある 無限なるものへの道、大成就への道。

繋がろうと思えば出来るはずなのに、繋がろうとしない私。

意識は外側の現象にばかり捉われ、すっかり過去の(神性を忘れた)自分に浸り、

感情のままに・・・

本物の自分の姿へ意識を向けることを疎かにする。



修正しなければ・・(>_<)

自分で自分を貶めるな。 自分から自分を、哀れで弱い存在に仕立ててはいけない。弱い自分を演じている場合ではないのだっ☆

私は神の子。神聖でパワフルで気高い存在。

すべてのすべてと繋がる存在。光り輝く存在。



今、私は輝いているのか。それは、私の意識が 「我即神也 大成就」を摑んでいるかどうかにかかっている。



自分に言い聞かせる

「私は、柔和で穏やかで平安で優しく、幸せで愛に充たされた神そのものでる。私は、神聖でパワフルで無限なる能力と可能性を持つ。

よって、大成就を形にする。」



我即神也 人類即神也


[PR]

by mppoe-light | 2018-09-10 20:52 | 真理について思ったこと

YOUは何しに地球に来たのか②

私の場合、厳しい状況に置かれた後、少し意識が変化し広がっている気がします。

というか、、、自分自身で、そのような人生設計をして復活を目指そうとしているのかも・・・。



自分が望んで、選んで、今ここに、地球に来ています。

ここで肉体を器にして生きています。

大きな役目を持って。私だけではなく、人類一人一人が望んで、役目を持って、今、この地球に生きています。

私達は、進化創造の担い手です。 大きなミッションを持って地球にやって来たのだと思います。 

神の世界を画くという、偉大な任務を担って!



私達は、みな宇宙神の子。 私達の命、意識は、超大いなる「私」と繋がっている。 「私」という意識を深く深く遡れば、大いなる宇宙の「私」に辿り着くはず。私たちは、大宇宙の大いなる進化創造の一端を担っている。



そう思いながら祈っていたら、なんだか自分が誇らしく思えてきました。

自分は偉大な存在なのだと思えてきました。(*^_^*)





≪人間とは肉体だけではないのである。神、すなわち宇宙に遍満せる生命が、その創造せんとする力が、個々の人格に分けられたもので、しかも横においてつながり合い、協力し合って、その与えられた力を、縦横に、自由無礙に発揮し、形ある世界に、完全なる神の姿を画き出そうとしているのである。≫

「神と人間」 から



我即神也を否定し、自己限定した世界を人類は今まで創造してきました。

その結果、現われたのが、今の混沌とした暗く重い世界。

これは本物ではありません。

神性を忘れた人間が作ってしまった幻想、偽物の世界。

人類はみな、間違った現実を本物だと思い込んでいる。勘違いしている。

真実はそうではない、真実は 人類即神也、無限なる愛、無限なる能力、無限なる・・・すべて。



私達は、こんな間違った世界を生きるためにここに来たのではないはず。



≪大衆は流れているのである。時間の動きとともに、人類業生の烈しい渦の中を右に左に流されてゆくのである。≫「神と人間」から



人類一人一人、早く目覚めてほしい。

人々にこう伝えたい。



『あなた方の見ている世界は、真実の世界ではないのです、あなた方は勘違いをしているだけ。自分や人類の真の姿を忘れ果ててしまっただけ。 

今の偽物の世界に善も悪もない、生も負もないはず。なぜならそれは、人類業生の消えてゆく姿。消えてゆく姿を見て、善悪という物差しで批判、判断しても無意味。 だから、外側ばかり見ないで、どうかもっともっと自分を見詰めてほしい。』



今、集会で世界各国の祈りをするとき、以前より心を込めて、「人類即神也」と言えるようになりました。



すべては完璧、欠けたるものなし、大成就


[PR]

by mppoe-light | 2018-08-19 10:25 | 真理について思ったこと

YOUは何しに地球に来たのか!①

YOUは何しに日本にきた? とかいう番組ありますが、、、

それを拝借して(笑  

YOUは何しに地球に来たのか! です。

何しに来ているのか、もちろん、私たちは知っています。

何故いま、私たちはここにいるのか、それは、地球上に神の完璧な世界を創造するため、大成就の世界を創るため。



これは守護神の視点・考え、守護神の働き・・・だと思います。

肉体人間観を越えたものです。


******
猛暑のまま8月になりました。


今、地上で生きる「私」を、

より良い媒体として使うために、じゃまな想いを消えてゆく姿で一気に処理してしまうという考えなのか、

あるいは、

媒体として使えるのであれば、多少厳しい状況に置いても仕方がない、

肉体を地上で維持できるのであれば、肉体の私が苦しんでも媒体として大いに使おう・・・これが今の守護神の考え方なのか、



どちらも守護神にしてみれば、肉体の状況はたいした問題ではないかも。
(肉体が維持できるならいいのだから。)

本来、私は我即神也 なのだから。もともと大成就している存在なのだから。



と、

そんなことを考えさせられた きびしーぃ7月でした。


術後は順調。何も問題もありません。 

それなのに、7月は肉体的、精神的に厳しい一か月を過ごしました。 今やっと落ち着いてほっとしているところです。

あー、しんどかったなぁ(+_+)涙。。。 おっと、無限なる健康! 



一番つらかったのは、7月の行事の翌日。

少しでも一助になれば・・、と思い、8日は自宅で時間を合わせて、祈り、印を組んでいたのに、のに~! 翌日、衝撃の(無限なる平和)体調不良!

理由のない恐怖感と、絶望感に襲われ動けなくなりました。


あの絶望感!自己否定の極地!!

急に、自分が無くなってしまえばいい!苦しい!
無になりたい。

自分を消してしまいたい。(無限なる愛!)


と言う気持ちが一気に噴き出してきました。


 

自死を選ぶ人の気持ちとはこういうものなのか、と思いました。(無限なる光!)



とにかく苦しい苦しい、思考も止まる! 
その時、ただただ思えたのは やはり

「五井先生!」

でした。



必死で必死で五井先生を呼びました。 すると、

胸の中の塞がっていた通路が開いたような感じになり、

スーッと、絶望感、苦しさが消え去りました。 

本当に消え去ってしまいました。



「ああ助かった! 良かった。」


[PR]

by mppoe-light | 2018-08-03 17:08 | 真理について思ったこと

過去を選ぶか、神聖につながる今を選ぶか


今月の法話から

五井先生は
「欲するものがあれば自分の神性に言うこと。病気が治りたい。家を建てたい。何でもいい。必ず約束する。成就する」
とおっしゃいます。
成就したければ依存しない。


目的地はここ、
今、既に大成就している、その事を信じて疑わなければ……

過去の生き方の 私 を、選ぶか、
神性に直結する今の 私を 選び続けるか。

我は何者?
我は即神なり!

[PR]

by mppoe-light | 2018-07-09 21:54 | 真理について思ったこと

目的地は大光明

無事終了。予定より早く術後7日で退院。おめでとう㊗️🎊🎉私。
あとはしばらく通院するだけです。一件落着。

それよりも退院してからの方が、キツイことがあり、精神的、肉体的に厳しい状況です。

それでも私は生きている。

厳しい状況の中にいると、自分の心境の変化を感じます。
それまで思えなかった(思いたくなかった?)人を神と思う。

自分がキツイ時には、意識は モノではなく、消えてゆく姿でもなく、
いのち を見ている。

これからまた徐々に一歩一歩進んで行くだけ。キツイけど、
目的地は決まっている。大光明、大成就。






[PR]

by mppoe-light | 2018-07-06 16:12 | 真理について思ったこと

覚悟の磨き方

「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」  著者 池田貴将

吉田松陰が残した言葉を、著者の池田貴将氏が現代の言葉で、さらには松蔭への熱い想いで訳されたものです。

c0074000_22030035.jpg



VISION 083
人である意味


人は「なんのために生きているか」で決まるのです。

心に決めた目標のない人間は、もはや「人間」とは呼びません。

もし思い出せないなら、今すぐ思い出す時間を作るべきです。


「思い出す」というのがいいですね。(*^_^*)

目標を持つ人間になりなさい・・・ではなく、

思い出す、 もともと人間は目的があって生まれている・・・と言うこと。



WISDOM135
学ぶとは思い出すこと


思いやりとかやさしさは、

持つものではなく、思い出すものです。

人を喜ばせようとするのは、善意ではなく、本能です。

「本来の人間らしさ」を取り戻すために、私は学びます。


本来の目的と、本来の人間らしさを取り戻すために

神聖復活!



FELLOW149
やさしさとはなにか


もっと他人にやさしくしたいなら、

自分のことをもっとよく知ればいいのです。

自分の中にあるものを認めれば認めるほど

他人の中にあるものを、

もっと大切に扱えるようになることでしょう。


我即神也 人類即神也



VISION 094 
大事と小事


私は何千年という未来にかかわる仕事をしています。

それに比べたら、出世とか成功なんて、

この身ひとつにかかわるだけの、ほんのささいな出来事です。

死んだって、泣く価値もありません。



SPIRIT172
自分はどこからやってきたのか


自分のこの身の、原点は一体どこにあるのか。

はるか昔までゆっくりと思いを馳せていくと、

突如、感激の心が湧き起こり、

「よし、やってやろう」という決意が生まれます。



SPIRIT169  
命の重さ

士の命は、山よりも重い。

ときには、羽根よりも軽い。

私が言いたいのは、死は問題じゃないということです。

なんのためにその命を使っているのか

ただそれだけが問題なんです。



SPIRIT 176 
辞世の句


私の身がここで滅んだとしても、

私の日本人としての魂は、ここに置いていくことにします。


[PR]

by mppoe-light | 2018-06-16 22:10 | 真理について思ったこと

小さな覚悟から………。

命は、生かさなければ…と、思います。毎日惰性で生きることは出来ます。
でも、祈りや印を組んでいると、それでは生きたことにならないと、気づきます。
この地上で活動できる乗り物〜肉体、肉体を動かすのは私。
どう動かすのかは私次第。私にとって今 重要なのは、
覚悟。
いきなり大きな覚悟はハードル高くてためらってしまうけど、
毎日小さな覚悟の積み重ねれば………。

最近、友達の薦めで 吉田松陰の本読みました。こんな事が書いてあった。

「不安と生きるか。
理想に死ぬか。」

[PR]

by mppoe-light | 2018-05-30 23:03 | 真理について思ったこと

ブログの更新

手術が5月かと思いきや、6月になりました。それも後半。

それまで間が開いてるせいか、

入院、手術の緊張感もぜんぜんなく、日々を過ごしております。

ここ数年、ブログの更新が少なくまりました。

書くことがないから? うん、それもあるけど。

それよりも、、、あまり真理について書きすぎていると、

自分を偽ってしまいそうな気がして。 

自分自身の姿を公表することもなく、言葉だけで伝えるブログは、いくらでも自分を偽ることができます。

自分自身に自覚がなくても、無意識のうちに、(この無意識がやっかい・・)先生方の言葉を、自分の言葉のように書くことで、自分が立派になった気分になります。

自分を大きく見せること、素晴らしく見せることもできます。

たぶん、自分の意識を高くしたいという願望が、無意識のうちに、そのように書かせるのかもしれません。

だから、

うっかり調子に乗らないようにしています(笑)

出来るだけ、無理な背伸びしないように。



不思議なもので、真理って、理解が進めば進むほど、自分が気付いたこと、体験したことを人に聞いてほしいとか、同調してほしいとか思わなくなります。



自分の中から出てきた答えや気付きは、100%確信があるので、人に同調を求めなくなるのかなぁ・・・と思っています。

仮に誰かにその気づきの内容を否定されても、こちらの気持ちはビクともしません。なぜなら、そのことを100%信じてるので。

他の人の意見などには振り回されません。



究極の真理、そして果因説。まだ因果律でしか真理を受けとめておられない会員さんと、我即神也の真理をシェアできないのは、ちょっと寂しいです。



神聖復活目覚めの印 が降りて、そろそろ1年。

少しずつですが、自分を信じる力が増しているような気がします。

すべては完璧、欠けたるものなし、大成就!


[PR]

by mppoe-light | 2018-05-22 23:05 | 真理について思ったこと

無条件で崇高で尊い”いのち”

私が想いを巡らし、たとえば、、過去の出来事を思い起こしている時、私は肉体にいない。
その時私がいるのは過去。私は過去に生き、否定的な感情を作りだし、否定的で限定された世界を創造している。


「今」に生きるとは、きっと「私」という意識がピッタリと肉体に納まり、

一致している状態。神性の私と統一している状態・・・

それは祈りの状態。我即神也。 いのちが素直に動こうとしている状態。

すべては完璧、欠けたるものなし、大成就 ということ。



たとえその時、自分がどんなに厳しい状況下にあろうと、どんな環境に置かれていても、

我即神也を信じ、神性を信じ、すべては完璧、大成就を信じることができれば、

私は、神に繋がる「今」を生きているということになる。

きっとその時、いのちが光り輝き、私は本来の生き方をしている

肉体を通して、究極の真理を顕現している。



私達人類には、皆、生きる意味がある。目的がある。

“いのち”そのものを見れば、すべての人類が尊く、崇高な目的を持ち存在している。誰一人欠けることななく。

肉体を通して神性復活し、顕現するという崇高な目的。

一人一人の「私」という存在は、無条件で(この世的に何かを為し遂げたとか、人類の為にこれだけ尽くしたとか・・・、そういう判断、評価とは関係なく)崇高で尊い。

一人一人の“いのち”には大いなる意味がある。

「私」がここにいる・・・と言うことは、無条件で崇高で尊い。



今月、個人的に厳しいことがありましたが、そんな中、、

こんなことを考えておりました。


[PR]

by mppoe-light | 2018-03-29 22:08 | 真理について思ったこと

今月の由佳先生の法話から

今月の由佳先生の法話から



ラダーシップとは、いかに自分を大きくし自我を満たしていくことではなく、自分を限りなく透明にしていく。そして必要な所に動き、陰となってどんな役目にも必要に応じて自分を変えていける。ラダーシップとはエゴの真逆で、自分を滅していき奉仕の精神で人のために働きつづける。

自分がなくなればなくなるほど、その中に人への愛と奉仕の精神が溢れてくる。

自我ではなく本来の自分――神性が満足し、一層輝いて行くあり方

****************************


自分を限りなく透明にしていく。 
自我を空しくしていくことで、自動的に真我と繋がり、必然的にいのちそのまま光り輝き、無限なる愛が溢れてくる。

「私」という個は、そのまま全体を内包している。

そこに、自他と言う区別はなく、光そのもの一元の世界。

“奉仕”という言葉を聞くと、なんだか道徳的な固さ?を感じてしまうけど、

自分自身が、全体を内側に包み込んでいるのだから 「私」=全体

だから、必要な所に働き、陰となってどんな役目にも応じて自分を変えて行ける。

そう思いました。

”自分を限りなく透明にしていく”・・・素敵な言葉だな と思いました。


[PR]

by mppoe-light | 2018-03-13 21:19 | 真理について思ったこと