新年の指針から


祈り、印を組む際には、なるべく


“今、神性の「私」と繋がっている、統一している


と、思うように心掛けています。

出来れば、「今」に集中するように心掛けます。



ずいぶん前のことですが、

夕食をすませ、食器を洗って台所を片付けようと立ち上がった瞬間、

「私はこんなちっぽけな存在ではない」 という言葉が心に飛び込んできたことがありました。 
なんで突然に、それも食器を洗わなくちゃ。。と立ち上がった瞬間なのか・・・分かりませんが。。(^_^;)



ちっぽけな存在 とは、身長162㎝の肉体の私のこと。
現象界の出来事に一喜一憂するような、肉体世界がすべてだと思う私のことです。

でも、本来の私は決してそんなものではない。



私は本来 神の分御霊。

宇宙神につながる存在。

すべては完璧、欠けたるものなし、大成就 した、大きな大きな存在。



私は、柔和で穏やかで平安で優しく、幸せで愛に充たされている。

私は、皆から愛され慕われ尊敬されている。

私の言動は、人々に幸せと平安と喜びをもたらしている。

私は常に美しく、輝かしく愛に満ちた神そのものである。

来る日も来る日も 神である私には幸せのみ、喜びのみ、平安のみ

輝ける生命そのもののみが顕れる。

c0074000_14031367.jpg

指針の中の

肉体界にいると同時に、神界、霊界で働いている・・・

この言葉が、私の神性復活・顕現を 支え、導いてくれるような気がします。

我即神也・人類即神也


[PR]

by mppoe-light | 2018-01-06 14:12 | 真理について思ったこと