「私」というい生命(いのち)

c0074000_13222786.jpg
c0074000_13230527.jpg




この図をみて、なるほど・・・と思いました。



私達はもともと宇宙神から放たれた光、放たれたいのち。

命=意識「私」は、常に宇宙神と繋がっている。

一度も、片時も切り離されたことはない。

それなのに、

私たちの心、想いは、自分の本来の姿を忘れ、

「人間は神に非ず」。。。という錯覚・誤解 から現在の幻覚の世界を築いてしまいました。

その世界は、二元対立の有限な世界。因縁因果の世界。

私達は自分たちが本来は神の子であり、そして宇宙神とは常に繋がっている存在であり、

本来は、すべて完璧、大成就の能力を内に納めた存在であることを

すっかり忘れ果て、有限の世界で他から横取りしながら生きてきた。。。



長い間、神性を思い出さないまま、因果の世界をぐるぐる転生していた。


いつも過去に支配されていた。



過去は、自分が神性を忘れていたため創り上げてしまった産物。

本来の我即神也には関わりのないもの。 


だから、それを五井先生は「消えてゆく姿」といわれた。昌美先生はさらにストレートに 「過去はない」といわれた。



想いのクセは手強いです。人間は本来 神の分霊 と教えて頂いても、

リアルな現実のできごとに心は揺さぶられ、不安、不幸、悲しみ、憎しみの詰まった因果の世界をそのまま生きてしまいます。

けれど、

世界平和の祈りは、神様の御心と一つになること。因果を超えて、

自分の本体と、宇宙神と一気につながること。

だから、消えてゆく姿で世界平和の祈りを続けることで、曇った心や想いは光によって徐々に洗われ、より真理へと心が向き易くなる。 

また、因縁因果をこえた存在である守護の神霊へ意識を向けることで、自動的に想いは因果の横の世界から、本来の宇宙神と繋がる縦へと向かいやすくなっている。



そして、我即神也の登場。


本来、私たちはすべてに充たされ、抱擁され、祝福された神の子。

完璧で、欠けたるもののない存在。

その真実が知らされ、 ついに神性復活まで辿りつきました。



因果の(過去⇒現在と時間が横に流れる)世界を脱し、神性復活したことで縦につながることが出来るようになった。

縦とは宇宙神とのつながり。自分の本体も同じ。
命は無限であり、現象界で肉体という乗り物を脱ぎ捨てることがあっても、それで本来の命が終わるわけではない。

無限なる生命



また神性復活によって、

私たちは自由意志、選択・決定、自己責任で自由に使うことができる。。

無限なる可能性 無限なる能力



五井先生の時代から昌美先生の時代へ。 

消えてゆく姿で世界平和の祈りから、

五井先生が本当に伝えたかった真理、究極の真理、我即神也・人類即神也へ。


さらに、昌美先生によって大きく広がる神性復活・顕現



「神と人間」に載っていた この二つの図を見ていて、

地球、人類を蘇らせるための、神々の導き、計画の大きさに圧倒され、

私達は宇宙規模の壮大なうねりの中にいるのだ..............
そう感じました。

無限なる感謝





[PR]

by mppoe-light | 2017-08-24 13:41 | 真理について思ったこと

私の価値

私の価値

それは、「私が私である」 ということ。

「私」があるから、世界を創造し、世界を体験し、

そして感情を体験することが出来る。

きっと“私は在る”と言う認識は、時間空間を越えて、永遠で、無限。



神性の私と肉体人間観の私は、 「私」という意識でつながった、一つの「私」

だから、我即神也を認めた時は、私は神聖な存在。

我即神也を忘れ、神性を放り出して、因縁因果の現象に価値を認めている時、

私はただの凡夫、愛の少ない消えてゆく姿の私。



因縁性を生きる私も、神性の私も、同じ「私」という意識だから、同時に両方を生きることは不可能。 

「私」はつねに、選択して 私と言う存在を選んで生きています。 

神性の私か、非神性の私・・・のどちらかを。



神性の私を選んだとき、私は本体と統一し、本体からすべては完璧、欠けたるものなし、大成就 が肉体側へ流れ込んでくる と思っています。



だから、一旦現実から離れ、自分を見極める時間は大切です。

現実世界から心を切り離した時、その場には、名前もない「私」という意識がただあります。 

それは何処から来たのか、私とはいったい何なのか。



そのことを、五井先生、昌美先生は、神の分霊、宇宙神の子 と教えて下さいました。

だから、もともと私は祝福された存在。宇宙に愛された存在。

私だけではなく、宇宙のすべての存在は祝福され、無限の愛で愛されている。



私の価値は、私が私であること。私が在る ということ。

それだけ。他に何も条件はいらない。

それだけだけど、価値は無限大。私も、あなたも、人類も。すべての「私」が無限大。



私は本来何者なのか、何のためにここにいるのか。何のために存在しているのか。 

私は本来、神の分霊であり、地上に神の世界、地上天国(完全平和)を顕すために今ここにいる。



未だ目覚めない人類の為に祈り、印を組みます。


[PR]

by mppoe-light | 2017-08-17 15:48 | 真理について思ったこと

今 現われるはず

究極の真理を体得したのなら、神性は、いま現われるはず。

いつか、そのうち、時期が来れば自分も神性を現わすことができる・・・という曖昧な希望ではなく、 

信じれば、

いまこの瞬間にも現われているはず。それを阻止しているのは、私が抱えている固定観念、肉体人間観念。

神性は、自分の意識の在り方で顕れるもの。

意識を神性に復活させるために、毎日祈り・印・宣言を続けています。

どれも、“いのち”がのり出している姿。

“いのち”がのり出しているのだから、みな個人人類同時成道



祈り、印、宣言など、神行を実践することそのままが神性顕現の姿でもあるのですが、

神の分霊として、「すべては完璧、欠けたるものなし、大成就」の姿を、肉体を持ちながら顕現していくことが、これからの役目だと思っています。


まだハードルは高いですが………。。
(無限なる成功!)


でも究極の真理を体得すれば、今この瞬間から現わすことが出来る。

今この瞬間、どこまで神性を自分のものとしているか

100%体得していれば、たちどころに私は神そのもの、五井先生と同じように存在しているはず。



「神性復活目覚めの印」が切り札の印になるのだと感じています。

私達や人類の意識を磨き高め上げてくれるものだと思います。

私達がより深く目覚め、より高い意識になれば、生きる姿に、完璧な大成就の姿が顕れてくるはず。 その姿が人類の意識を揺さぶり、次から次へと目覚めが進むのだ・・・と思っています。

だから自分の意識を疎かにしないこと。。 

日々繰り返される現象の低い流れの中にいると、放っておけば簡単に意識は落ちます。だから惰性でずるずる生きていてはいけない。


毎日、自分をチェックして、究極の真理から離れないようにしないといけません。

毎日、きちんと自分と向き合う時間を持たなければなりません。



私は7月の行事には参加していないので、「神性復活目覚めの印」の伝授はこれからです。

伝授が待ち遠しいです。

新しい印の強い働きが、私の意識を復活させ、さらに神性を信じる気持ちを強くして、高くしてくれるはずだと期待しています。

だから・・・・、



誰か(3人)早く 伝授して~っっ (^_^.)

宜しくお願いしまする~ <m(__)m>
ぺこり。。。


と言う今の気持ち

半年後かな。。。伝授は。


[PR]

by mppoe-light | 2017-08-05 17:20 | 真理について思ったこと