「大成就」の言葉が・・・

 
「宗教問答」 から 

神様の世界をこの地上に現わす邪魔をしているのは、自己をはじめ人類の業想念、神性否定の想いであるのですから、この業想念を神様の世界に投げ入れて、この業想念に把われなくなってしまえば、把われなくなった人や場所だけ地上天国が出来るのです。

真実自分を愛することを真剣に考える人は、自分の生命を無駄にすることはとても出来ません。自分の生命を出来る限り生かし切りたい、という気持ちにどうしてもなってくるのです。
つまり自分を出し切ることに積極的になってくるのです。
これは活気となり陽気となり、魅力ともなってくるのです。

神の世界に想念が入っていない以上は、苦界ともいうべき三界の輪廻転生は止まないですから、いちはやく神の世界に飛びこんで、輪廻の世界を逃れ、自由自在心をもって、光明世界に住することが一番だと思います。神界や霊界の上位は貧老病苦のない世界であり、明るい無限の進歩だけがある世界なのであるからです。

私が何故消えてゆく姿の教えを説いているかと申しますと、人間の真実の姿、神と一つにつながっている神の子の姿を、この世に現わすために説いているのでありまして、
(省略・・) 
ただ実在するものは、神のみ光であり、神のみ心であり、神の理念のみである、という真理があるからであります。


こうやって五井先生のご著書を読んでいると、
消えてゆく姿で世界平和の祈りから我即神也、人類即神也へと指導が進んでいった理由がよく理解できます。そして五井先生昌美先生の指導がとてもとても素晴らしく有り難いものだと感じます。

迷いとは真の自分を忘れてしまったこと。 真の自分とは我即神也。
これを思い出させるために五井先生や神々様は、少しずつ少しずつ私たちの内に眠る神性を呼び起こし、目覚めさせて下さいました。

神性復活、すべては完璧、欠けたるものなし、大成就
今、この言葉を繰り返していると、大成就が自分の胸の中に染み込み広がっていく気がしています。
私は進化すると思います。


[PR]

by mppoe-light | 2017-01-20 22:33 | 真理について思ったこと

自分自身を疎かにしないこと


「宗教問答」 から

宗教とは、人間の真実の姿を知らせる教えであります。人間の真実の姿とは、
神と等しいものであり、完全円満なものなのであって、不和や、恐怖のあるものではないのである。不和や恐怖のような想念行為は、すべて人間の真性を知らぬとこりから起こってくるものであって、人間の真性を知るに従って消え去ってゆくものである、

神はすべての智慧なのでありますから、一人の人間でもけっして無駄に創ることはありません。ですから、何人も天命(神の使命)をもってこの世に生まれてきているのです。

素直とは素(もと)に直(なお)くある、ということで、素(元)即ち、神に直くあれ、
正しくあれ、神に真っ直ぐにつながれ、ということであります。

運命を変える為には、その人が、現在までの物の考え方、行い方などの習性を改めなければなりません。これはその人一人ではとても出来難いことなので、その為の指導者は是非必要です。

以前から気になっていたことがあります。 祈っているのに良くならない とか、
ただたくさん祈っていることや印を組んでいることだけで終わってしまう方がおられます。

ただ祈るから良くなるのではなく、 祈ることで自分の神性(真性)を知り、つながりることで、自分の内面が変わるから自分の運命も人生も好転していくのだと私は思っています。 つまり現在までの物の考え方、行い方などの習性を改め ることで運命は好転するのだと思います。

また、私たちは 究極の真理を学び、我即神也と自分の神性をつかむのですから、因縁因果を超えて、本体から来る大成就を達成することが出来るはずです。

祈る時も、印を組むときも、意識が大切だと思います。
自分自身が何者であり、何のためにここにいるのか。

外側に向かって世界平和の活動をすることは重要です。でも
そこで驕ってはいけない。自分自身を疎かにしないこと。どのような場合でも自分自身と向き合うことを忘れないこと。 
平和の活動をしていることは、自分を愛し、認める支えにはなりますが、だからと言って他の人も同じ神の子。何も差はありません。 差があるとすれば、
私たちは無条件で神の子、宇宙神とつながる光の子である ということに気づいたかどうかの違いです。

積極的に人類の為に貢献し、平和の為に活動するということは、先に究極の真理につながった者の役目、当然の使命なのだと思います。


[PR]

by mppoe-light | 2017-01-15 22:48 | 真理について思ったこと

2017 新年の指針


新年の指針を頂きました。
今年の指針は・・・
長いなぁ・・ 4行もあるっ!!

c0074000_22352772.jpg


「 ―あなたの望みは叶えられる」
私の望みとは何だろうか・・・と考えてしまいました。
そして、
今現在、私が祈り、印を組むのは何故なのだろうか・・と考えることになりました。

入会して21年 その間、祈りや印の素晴らしさを体験してきました。
21年の間に小さな気づきを繰り返し、私の内側は大きく変化していると思います。
「私」という人間は同じであるのに、五井先生の祈りに繋がる前と今では、だいぶ違う「私」になっています。 私は自分の体験で内面を変革させました。

身近に頼れる先生がいないことも良かったのだと思います。
依存しては内面の自己改革は時間がかかる・・と思います。
答えは自分の中から絞り出して行かなければ。。。厳しいけれど、これは今でも私が自分自身に言い聞かせていることでもあります。 苦しくても、痛くても、食事が摂れなくなっても、部屋の中を這って移動する状態であっても、
私にあったのは祈りと「五井先生!」と呼ぶことだけでした。 
と、・・・・・・過去のことはさておき・・・(^^;)

毎日、祈り、宣言をし、印を組み続けています。それは何故か。
私の内側が真理を求めているからだと思います。
今、私の望みは、 さらに真理を掘り下げること。究極の真理を体得していくこと。
そして、私の周りの人たちが真理に目覚めること。

勇気を出して挑戦し、成就を体験する。
その体験が神性復活から顕現へと私を導いてくれるのだ と指針を読んで思いました。

すべては完璧 欠けたるものなし 大成就

[PR]

by mppoe-light | 2017-01-05 22:39 | 真理について思ったこと