好き♪富士聖地♪LOVE

今年は富士に7回通います。 今月で3回目が終わりました。
そう、
講師養成コースです。

これまで まったく、ぜんぜん、ちっとも講師になろうなど思ったことはありませんでした。
再三、現講師の方からすすめられていましたが、 申し訳なかったけれど、いつもお断りしていました。 
ところが!  その気持ちは突然やってくるっ!
昨年、5月のSOPPから帰って、しばらくすると、
「富士に行きたいっ! また行きたい!」
と強く思うようになりました。

富士に7回通うことで自分をきちんと見つめ直したい。
そして何か得られるものがあるかも・・・ そう期待し、今年養成コースを受講することにしました。(●^o^●)

毎回行くのが楽しみです。 講座そのものが楽しいという訳ではないけど、
とにかく私は富士に行くのが好きみたいです。私だけじゃなく、みなさんそうだと思います。 

毎回、到着すると、お天気が良ければ、野外会場やピラミッドに行っては、印を組みます。
本館道場でも定時のお祈りや印が行われていますが、 外に出たいなぁ・・・と思って、野外会場やピラミッドまで上がります。

一回目から友達ができました。
九州の方で、地震の際は 私も気になってお電話して様子をうかがいました。 
まだ揺れが収まらず落ち着かれていない状況でしたが、生活に大切な水、電気は大丈夫とのこと。さすが祈りのメンバーです。(*^_^*)
しかし家庭のこと、そして交通機関のマヒで2回目は仕方なくお休み(>_<) されました。
そして養成コース3回目、 
3日前にメールがあり、今回から出席できるとのお知らせを下さいました。 
よかった よかった♪
養成コース当日は、富士聖地を往復するバスの中で、二人で、ずーーーーーーーーーーーっと おしゃべりしてました。(笑)

毎回 わくわくしながら富士に通っているのですが、これも12月で終了です。
来年は通えないのは寂しいなぁ。。。。 
ということで、
来年からは、SOPPだけじゃなく、その他の行事にも積極的に参加して行こうと思っています。

好き♪富士聖地♪LOVE


c0074000_16481385.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2016-06-25 16:52 | どってことない話☆

相手の奥を観る

因果律の思考ってやっかいなものだなぁ・・・と思いました。
どうしても二元対立の視方になってしまうからです。
正しいと間違い 正か負か 上か下か 善か悪か・・・☆

消えてゆく姿で世界平和の祈り とは、“消えてゆく姿”という方法で、二元対立の因縁世界を抜け出して、果因説の神様の世界に心を投入する・・・と思っています。
そこは光一元の世界

因果律の思考では、物事の表面だけを見て判断しがちになります。相手の振る舞い、発言、行動を二元対立で判断し、評価する。すると それがまた因となり縁を作り、同じ場をぐるぐる回転しているだけになってしまいます。

果因説で世界を観ることとは、消えてゆく姿が大前提のような気がします。 つまり 本物とは我即神也 人類即神也 それ以外は消えてゆく姿 ということ。
それは、
眼に入る様相ではなく、その奥を見る。 相手の奥に内在する神性を認めること。

たとえ相手が、神とは程遠い消えてゆく姿を現わしていたとしても、真実は相手も神。

たとえ 相手(法友)が、世界平和を祈り、印を組んでいながら、それ以外で神とは思えない姿を現わしていても、祈り、印を組むその行為があるのだから、それは素晴らしいことではないか、
それを認めるべきではないか。 それ以外は消えてゆく姿なのだから、大した問題ではないのではないか。 
相手は、祈りや印で命を生かしているのだから。

今月の五井先生の 詩 「小さな魂 大きな魂」  から

小さな魂も大きな魂も
今はもう全く一つになって
世界平和の祈りの白光波動を
世界中にひゞかせているのである

人間にとって大切なのは、生命を生かしているのかどうか。
そう思うと、相手の(法友の)批判、非難、評価したくなる姿など、大したことではないのだな・・・と思うようになってきました。
五井先生、昌美先生が見ておられるのは、人が生命を生かしているかどうか。
どんなに未熟な人で至らない人でも、祈り、印を組む姿は素晴らしいことなんだ・・・と思うようになりました。






c0074000_0593096.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2016-06-24 01:01 | 真理について思ったこと