私の意志

『私』は過去からの延長線上にはいない。だから過去はなく、『私』は何にも汚れず傷つかず
 『私』は常に新しく。無限なる新鮮。
そしてその『私』とは、いつも完全、完璧、欠けたるものなし、大成就 している。
それが絶対変わることにない真実。
  
そして『私』は、その真実からいつでも無限のものを取り出し、顕すことが出来る。

重要なのは意識がどこを向いているのか。何を意志しているのかである。

誰かが、私の神性を顕してくれるのではないし、神さまが私の神性を顕して下さるのではなく、  
私の意志がそうする。
『私』は私の世界の唯一の決定者である。
『私』は私の世界の唯一の創造主である。
『私』は今、ここに、宇宙神の光を降ろします。
『私』は宇宙神の御心を私の世界に顕わします。
『私』は神の姿を私の世界に顕わします。
『私』はすべての神性を私の世界に顕わします。
それは私だけのためではありません。
人類が真理に目覚めるためであります。

****************************

自由意志

 『すべては個人の自由意志という絶対なる法則に委ねられている。
  この自由意志というものには、すごい権限がある。真に人間を動かしているものの正体は、自由意志である。
  結果に導くのは、他の人でもなければ、神でもない。あくまでも自らの自由意志によるものである。そして、この自由意志は、とてつもない力を秘めている。』(2004-04)

因縁因果の法則が相対的法則ならば、自由意志の法則は絶対なる法則である。
①因縁因果を認めない唯物的思考。
②因縁因果に制約された宗教的思考。
③因縁因果を超えた果因説を生きる思考。
①~③のすべては人間の自由意志で選択できる。

 従来の考え方では、この自由意志が尊重されていなかった。宗教的には人間の運命は過去の想念行為で決定しているとされた。また、現代文明では、過去の経験、幼児期の体験、物質的環境、遺伝子、歴史、経済環境等々が人間の人生を決定づけると考えられてきた。
しかし、人類にとって重要なのは、過去ではない。むしろ、過去は無い。物質環境でもない。
重要なのは意識がどこを向いているのか。何を意志しているのかである。

 過去が何であれ、物質環境が何であれ、因縁因果の姿が何であれ、目の前の事物に如何に反応するのかは、全く当人の自由意志の領域なのである。
人間だから誰しも怒るでしょ。誰しもすねるでしょ、、、というのは言い訳にしか過ぎない。絶対なる自由の放棄にすぎない。
この自由の領域で、「如何なる姿も消えてゆく姿である。すべては必ず良くなる」と思えるならば、その人は既に神域に達している。瞬時に、心底そう思えなくても、その方向に自分の意識を方向付けてゆくことが重要である。
 ステップとして、因縁因果の法則が必要なのは、責任問題である。現われた姿に対して「過去の自己の因縁の消えてゆく姿である」と観ることは、自己の人生の責任は全て自己の自由意志にあることを認めることである。一瞬、自己の責任を認める。その次の瞬間には、自分は創造主の立場に立っている。

「それでは、ここに宇宙神の光を降ろそう。私を通して神性を顕現しよう。自分の本当の姿である。神の姿を顕してゆこう」
そのように決意し、宣言すれば必ず宣言した通りに成就するのである。
 この『とてつもない力を秘めた自由意志』とは神としての自由と尊厳のことである。
今まで、人類はその自由意志を放棄し、自らの意志力を限定してきたのである。
それと同時に、意志の力・意識の力に気づかず、誤用して、悪想念・悪感情を再生産してきたのである。この悪想念・悪感情の再生産の仕組みが因縁因果の法則なのである。

 この因縁因果の法則は人類一人一人の無知を前提にしている。つまり、真理が示され、神性が復活する時には。この法則は機能しなくなる相対的なものである。
いよいよ、人類の神性復活の始まり。因縁因果の世界は消え去り、神の姿、神の世界、平和な世界が復活する。


<ピタゴラスさん 白光ノート>



c0074000_1773917.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2015-01-28 17:08 | ピタゴラスさん啓示録から

神だから神の立場で宣言☆


神に成るために必要なことは何もない。ただ一つ、自分が自分を神であると認めるだけでいい。
生まれ持った立場を認めればいい。
自分の神性顕現を妨げているのはただ一つ。自分の意識だけである。意識的に拒否しているだけである。

 カルマは不可抗力な力ではない。カルマは自分が認めている力である。
果因説に生きるとき、カルマはない。自分のことを汚れていると想うならば、カルマが働く。
自分のことを神聖と想うならば、カルマは働かない。

 至福がブロックされているのは、自分が自分を見損なっているからだ。人間世界の固定観念にしがみついているからだ。

人は被造物ではなく、直霊分霊だからこそ、同じ立場で自分の天地を再創造するのです。自分の世界を再創造するのです。その言霊こそ「すべては完璧 欠けたるものなし 大成就」です。

<ピタゴラスさんの 「神としての立場」 から>
****************************

 『敵を認めたり、悪や不幸を認めた立場に自分たちを置くな』
 『本心と業想念を区別せよ』
 『真実の人間世界とは、神仏そのままの世界であって、業想念の波動の循環とは関係のない世界なのである』(注)

 「フセイン!浄まれ!」という祈りと「イスラエル人即神也 パレスチナ人即神也」という祈りは全く次元が異なる。
25年前の祈りと今日の祈りは違って当然である。祈る人のレベルが全く違うのだから当然そうなる。
つまり、見えている世界をがっちり掴んで、変容しますようにという祈りは昔の祈り。
見えている世界は消えてゆく姿と観じ、未だ眼に見えない完全な世界を想像し、この世に顕現するよう祈るのが今日の果因説の祈りなのである。

 このポイントは意外にややこしい。仏教も同じように誤解されている。因果応報を仏教の特徴とする人は多い。
しかし
、『釈尊は、唯心の所現等の小乗的教えの後に、人間はそのまま仏である、という法華経を説いていて、今まで説いてきた教えは真実の教えではなかった、と云っているのであります』。
つまり「人即久遠実成の仏」という因果応報を超えた究極の真理が中心教義なのだが、因果応報の二次的法則が中心教義のように解釈されているのである。
白光の教えの理解にも同様の混乱がある。因果応報を認めない唯物思想→因縁因果論→因縁因果を超えた久遠実成の仏論という三層構造を理解せず、因縁因果論と果因説の真理が混在してしまうことは少なからずある。


 真理と幻想には繋がりがない。光と闇には繋がりはない。本心と業想念にも繋がりはない。唯一の接点は、『私』という意識そのものしかない。しかし、『私』という意識はカルマに染まったように錯覚することはあっても、カルマに汚染されることはない。『私』の神性は傷つくことなく、その神徳が減少することもない。『私』という意識は、本来常に神の座にあって、宇宙神に愛され祝福されている。
 
注 『 』は五井昌久著 「白光への道」からの引用       

<ピタゴラスさんの「神の立場で祈る 」から>

********************************

『私』は私の世界の唯一の決定者である。
『私』は私の世界の唯一の創造主である。
『私』は今、ここに、宇宙神の光を降ろします。
『私』は宇宙神の御心を私の世界に顕わします。
『私』は神の姿を私の世界に顕わします。
『私』はすべての神性を私の世界に顕わします。
それは私だけのためではありません。
人類が真理に目覚めるためであります。

『私』は今、ここに、言霊によって宇宙神の光を降ろします。
『すべては必ずよくなる 絶対大丈夫 大成就』
『すべては完璧 欠けたるものなし 大成就』
『神性復活 大成就』
『神性顕現 大成就』

『私』は今、ここに、無限なる愛を顕わします。
『私』は今、ここに、無限なる叡智を顕わします。
『私』は今、ここに、無限なる健康を顕わします。
『私』は今、ここに、無限なる繁栄を顕わします。
『私』は今、ここに、無限なる幸福を顕わします。
 人類の幸福のため、世界の平和のため神性顕現は必ず成就します。

<ピタゴラスさんの「神性復活」から>


2015年 神聖復活が始まりました。
毎日繰り返している神語に、時々物足りなさを感じることがありました。
なので、自分なりに、
 
私は神だから、今、無限なる愛である、無限なる健康である・・・私は今神だから、すべては完璧、欠けたるものなし、大成就 ありがとうございます。私は幸せです。
と繰り返していました。 
そしたら、なんと、
今回のピーさんの「神性復活」の中にも“神語”が・・・ ♪
早速付け加えて宣言したいと思います。 (●^o^●) らっき~♪


c0074000_2222275.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2015-01-14 22:25 | ピタゴラスさん啓示録から

せっかくなので姪の指針(●^o^●)

毎回、私と姪の2枚の指針を申込み、2枚とも私の方に送ってもらっています。
今年のお正月は帰省しないというので、届いた指針を、都内に住んでいる姪に郵送しました。

お正月を迎え、開封したらしく、今年の指針の内容をメールで伝えてくれました。

以下、姪のメールから。  ↓

 
今年も本当に心に刺さる指針でございました!
いつもその時思っている事とか、気にかけている事を
的確に言っていただけるので本当にありがたく思っております・・・・

なんか今年は私、すごくパワーが漲ってる感じがする(^o^)

いつも感謝の気持ちを忘れずに暮らしていくね!


c0074000_14231416.jpg


姪は、こちらがびっくりするほど前向きでポジティブな人、
もともと不安や恐れの想念が少ない人。 

「取り越し苦労する気持ちが分からない・・・」   と言ってたこともあります。
「まだ起こっていないことを、なぜみんなが心配するのか分からない
起こった時に頑張ればいいのに・・・」
 だそうです。(@_@;)

あっぱれ、と言うか 羨ましいというか・・・・・ 
私とは親子ほどの年齢差があるのに、姪には見習うところが色々あります。

高校生の時、同級生たちが  「素敵な人と結婚して幸せになりたい」 というのを聞いて、姪は

「結婚が自分を幸せにしてくれるわけではないのに、 自分の幸せは自分の問題なのに、
なんでみんなはそう思うんだろう・・・」
 と不思議がっていたことがありました。

あと何年待ったら、 世界平和の祈りを始めてくれるかなー。 待ってるんだけど(笑)

私も添付して姪に送りました。(●^o^●)

c0074000_1423339.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2015-01-03 14:31 | どってことない話☆

新年おめでとうございます。

2015年 あけましておめでとうございます。
早速ですが、今年の新年の指針

“あなたの心は 
  実に自由になった“

でした。

とても簡潔な指針で、開けた時に
「ん?」(+_+)。。。。
・・・・・指針を見つめながら、しばらく固まってしまいました(笑)

消えてゆく姿の過去の私を放せるようになったから、このような指針が?
それとも、真理に素直になった から?
それとも、2015年の神聖宣言に入ったから・・・?

理由はさておき・・・( なんて、どんな理由も考える必要ないのかな。)


指針は守護神さまからのメッセージ

私はもともと 自由なのだ。無限なる自由で、何かに捉われることのない「私」
その「私」が厳然と在る。 
だからいつでも私は自分を赦し、過去を放して自分を愛することが出来るはず。
いつでも人を赦し、過去を放して人を愛することが出来るはず。
やれば出来る・・・ と言うこと。

私は自由なのだから。 「自由になった」と守護神さまが指針を通して言って下さったのだから、
そのことを自分に言い聞かせ、抱える過去を放し、心は前へ前へ、光の方へ向けること。

いつも私に向かって究極の真理が注がれていることを忘れないように。
真理は、いつも「すべては完璧、欠けたるものなし、大成就」 であるということ。
私はいつも与えらえているのだから、 それを受け取らなければ・・・。

「ありがとうございます。私は幸せです。」 (^-^)


今年の指針を見て、今こんな風に感じています。


c0074000_22442232.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2015-01-01 22:46 | 真理について思ったこと