「神と人間」から


各分霊が直霊より分けられたる光(心)により想像力を駆使して幽界を創り、肉体界を創造して、・・・・・・この三つの体はいずれも光の波動でできているのであるが、肉体はその光の波が非常に粗く、流れる速度も遅く、その波は重い。 

分霊は、精妙な光であり、本来自由自在に動きうる波動をもっているのであるが、肉体界に出入りするうちに、いつとはなく肉体の鈍い動きに同化され、しだいにその精妙さが失われてきた。・・・・・ここにおいて人間は、肉体界の生活を主とした自己限定をするようになっていったのである。

分霊の創造の始めにおいておこされた想い(光の波動)は神より来る本来因果(真善)であったが、肉体界に自己限定を始めた頃より生じた想いが業因となって、人類の悲劇が始られたのである。

山海草木も動物も創造されたるものであって、自己意識、我(知性)を持たぬが、人間は創造者たる分霊そのものが、肉体にあって、たゆまざる自己創造をつづけていることである。

<五井先生 「神と人間」から>



私たちは、自己意識、我をもった 神。 
いわゆる”自我”は、自分自身が神であることを忘れたことから生じた自己像。本来はないもの。 本来なかったもの。 
人間は本来神の分御霊であって、業生ではない

因縁因果を超える法
過去の誤りなぞ、ほじくり返さずに、ただただ、光明のほうに、心を向けていることが、
自分を救い、人を救う、一番大切なことなのである。

自分を愛し、人を愛し、
自分を赦し、人を赦す、
これが業(カルマ)を超える最大の道。
<五井先生 神と人間 から>


我即神也 人類即神也 これがカルマを超える最大の道。
c0074000_19353825.gif
 現象界の因縁因果以上に強力な絶対的因果がある。宇宙神が原因であり、我々人類が結果である。
この本来因果を宣言したのが「我即神也、人類即神也」である。
結果としての我々は宇宙神と同じ神性を生まれながらに備えている。
この神性を顕現することが我々の天命である。

「我即神也」を宣言し神性顕現と言う天命の道を見出した神に、因縁因果はなく、輪廻転生もない。
この神性から事を起こすのが果因説である。
 現われてくる「消えてゆく姿」があろうとも、神人はそれ以上に顕わすべき自らの神性に意識を集中させてゆくのである。

<ピタゴラスさん 選択の問題 から>


***********************************************************************

現われてくる「消えてゆく姿」があろうとも、神人はそれ以上に顕わすべき自らの神性に意識を集中させてゆくのである。

同じことを、最近思っていました。  私たちがやるべきことは、 自らの神性に意識を集中させること。

宇宙の真理は
それが善であれ悪であれ それが誰であれ何であれ
過去の記録は一切問題にしない    <1月号 インフィニットワーズから>
                 


我即神也にとって、過去は問題ではない。 

自分の中の神性を信じる、そうなのだと信じる。 そのためにも祈る、宣言する、印を組む。
たとえ信じる気持ちが浅くても、 祈る時、宣言するとき、印を組む時の私は神。  なぜなら祈りも印も、神の活動そのものだから。
そのことに誇りと自信を持っていきたい・・・と思います。

我即神也  人類即神也



c0074000_2154690.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-12-30 20:13

神性を顕すのは、神「私」

5月号の法話 「意識して神行を行ない、無意識に内なる神性を表す」 このタイトルがずっと気になっていました。
 私なりに真理についていろいろ思ったことを書いてみます。
c0074000_22162938.gif
生命そのものは、ただそこに存在するだけで偉大な働きをしている。 自らの思考こそが邪魔なのだ。

ああだ、こうだと理屈をこねる時間は勿体ない。
その分、祈り、祈り、祈りこめ。

<5月号指針から>


人はその言葉に感心するのではない、その行ないに感動するのだ

<五井先生の言葉から>



自我をすべて消してから、神になるのではない。 真実は、人間は本来神の分御霊。

人間は神の子。 我即神也。  
生命の存在がそれを証明している。

真理の探究は、自分が神であることを前提にして、そこから始める。 

私の中にある光、 いつも常に在る 光「私」。
肉体を器にして現象世界を生きる私がやることは、 
意識して神行を行なうこと。
 ”私は大いなる光から来ている存在。 我即神也であり、無限なるものすべてを持った存在。
 すべては完璧、欠けたるものなく、 そして、語ること想うこと、現すことは、すべて人類のことのみ、
 人類が真理に目覚めることのみ。 ”

それを認め、信じる続ける、 そして、あとは真理におまかせ。法則の通り神性が現れる。
無意識に内なる神性を顕す
そうなるために、 意識して神行を行う。意識して自分の真の姿を信じ、認める。繰り返し繰り返し。 
その時に、
自分の神性を信じさせないように、じゃまをする想いは すべて消えてゆく姿。 消えてゆく姿には一切関知せず。

神性を顕すのは 神「私」。 肉体側の私は、それを信じて、意識を我即神也に向けること。上昇させること。

私は本来神である。神そのものである。無限なる愛、光、叡智、生命に充たされているのである。
一つの欠けたるものなく、余分なものもなく、まったく完璧に大調和された、神そのものである。


c0074000_22221187.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-12-26 19:44 | 真理について思ったこと

脳の機能・・・☆

 

5月号の法話から☆

「脳の大切な機能は『目的の自己選択』ということである。
目的がないと脳が活性化しない。
「出来たとイメージすればそれが出来るように脳が働く。できないと思えば出来なくなるように脳が働く。
「脳にとってはイメージが先で現実は後である」
*******************************************

それらはイメージというだけでなく、自らの強い目的意識です。
それが脳にインプット(入力)され、限りなく脳はその実現に向けて働き、ついに達成できるのです。
本当に祈って、我即神也、宇宙神の光そのもの、無限なる愛、無限なる叡智、無限なる成功、無限なる成就・・・・というものが常に鳴っていれば、それが脳にインプットされます。 これが科学でいう目的です。
***************************************




「脳にとってはイメージが先で現実は後である」
これは、本当にそうだな・・・と思いました。 自分が何かをしようとするとき、
たとえば、
人形を作る時には、まず完成した姿をイメージして、それに向かって作業を開始します。 料理だってそう。 仕事にしても同じだと思います。

つまり、、、脳→肉体・現実 の関係は、もともとが果因律 なのかな。

ならば、脳に何をイメージさせ、何を目的とさせるか・・・と言えば、それは自己意識・・・・。 脳の働きをコントロールするのは 意識「私」。

意識が何をとらえ、何を認め信じているか・・・が、どんな想念を発するか左右する。
私は何であるか、生きることとは本来どういうことなのか。 
私は 本来 神、我即神也、 すべては完璧、欠けたるものなし、大成就
この自己意識の認識、確認が、神性の創造をスタートさせるのだな・・・・と思いました。

c0074000_22573822.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-12-20 14:28 | 真理について思ったこと

『意識して神行を行い、無意識に内なる神性を表す』

昌美先生の来年の講演会日程をチェックしようと 白光誌5月号を取り出しました。
表紙の法話タイトルが目に入り、 気になってまた読み直してみました。 


『意識して神行を行い、無意識に内なる神性を表す』 

私たちは、宇宙神に何一つ劣るものはありません。同じ無限なるエネルギー、無限なる能力、無限なる叡智を持って生まれてきているのです。それを使いこなすのです。使いこなすためには、意識的に神行を行うことです。

五井先生は「祈ることはスイッチをいれること」とおっしゃいました。 

スイッチの場所を教えてもらい、探す。そしてスイッチを見つけて点ける。ここまでが自力です。後は他力です。パーッと光が出たら、自分で電気スイッチを探さなくても、自然に部屋は明るいままです。 

意識を我即神也に向ければ、あとは法則の通りに真理の光が溢れ出る。 自分の中の無限なるものを使いこなすためには、意識して神行を行うこと。自我の私を消えてゆく姿にして、本来の「私」を確認すれば、真理の光が流れ出す。 自分の中の無限なるものを使いこなす。 

自我の小さな私を 消えてゆく姿として手放して、本来の「私」(我即神也)を自覚する。 この繰り返し。 

我即神也、宇宙神の光そのもの、無限なる愛、無限なる叡智、無限なる成功、・・・・ というものが常に自分の中で鳴りつづけるように、 繰り返し繰り返し、自分の神性を認める。

c0074000_23084262.jpg

 


[PR]

by mppoe-light | 2013-12-17 23:12 | どってことない話☆

「神」という真実の有難さ。

自分が「神」 であることの有りがたさ。
私は本来神だから、 すべての人を愛している。
私は神だから、すべてを赦している。

私は神だから、美しく、清らかで、気高い。
私は神だから、完璧で欠けたるものなし、大成就
人類も同様。 
これが大前提。 

たとえ、たったさっきまで、誰かを批判してしまったとしても、
それを消えてゆく姿として祈り、 意識を神意識へ上昇させた時、

私=神は、すべての人を赦し、愛している

これこそが真実。 それが真実の「私」。 真実の「私」を信じる。
真実の「人類」を信じる。 

これを信じれば信じるほど、

批判、非難の想いから解放される、 責めることから解放される。
自分自身が自己限定から解放され、心が平和で豊かになる。

ちょっと勇気を出して、言ってみようかな、 自分自身に語ってみようか・・・と思う。
そうすれば、それが顕せるようになるのでは・・・。 

「私は神だから、すべての人を愛しています。 私は神だから、すべてを赦しています。」


我即神也  人類即神也

(あら、、、??? 文字が大きくならない・・・・ (T_T) 

c0074000_21583670.jpg



[PR]

by mppoe-light | 2013-12-08 22:08 | どってことない話☆

”私”の位置

、自分は(「私」)は、何処にいるのだろうか。  この瞬間、この場にいるのか、
それとも 過去に戻されてしまってるのか、 
または、未来に逃げてしまっているのか。。
今の「私」を忘れ、消えてゆく姿に流され続けていると、 本来の「私」を見つけ出し、元の位置に戻すことに手間取ってしまう。 

世界は意識で創造されるのだから。

意識。 
「私」という意識の奥に入れば入るほど、世界、地球と繋がる と思う。
自分を掘り下げれば、すべては調和し、欠けたるものなし 
本来は、真理のためにどこか特別な場所に向かう必要はないのだと思う。
世界を創造する大元は「私」の中にあるのだから。
自分の奥に大真理がある。 「私」という意識があることが、それが証明してくれる。
だから、
私達一人一人は偉大な存在です。 私達は、創造者だから。
今、どんなに真理に遠い姿を表現していても、 その人の意識の奥には大真理が存在している。
だから、 私たちは気高く、威厳ある、偉大な存在。

消えてゆく姿に反応したまま流されて、自分の本来の位置を見失わないこと。 

我即神也 人類即神也

c0074000_22391788.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-12-02 22:46 | どってことない話☆