神の創造☆

7/16の日記にこのようなことを書きまして・・・


≪ 我即神也 を宣言しながら、“完璧で、大成就している”気持ちがどこまであるのかな・・・・と気になるようになりました。 
成就を顕すのであれば、その時の気持ち (すでに成就している時の)、にならなければいけない・・・・と、思うようになりました。

成就の時の気持ちになるためには、想像が必要。 
成就した時の自分をイメージして、その感覚を思い描いていった方がいいのではないか、 と。≫


で、今回はその続きのような内容なのですが、、、

c0074000_17173343.gif


今までは、成就することの意味とか、大切さなどを、真剣に理解しようとしていなかったのですが、・・・・(^_^;) ここんとこ、富士聖地で“成就”の神事が繰り返されていることから、
“成就”について真面目に考えるようになりました。(というか、きちんと向き合ってみました。) 


成就の体験を重ねれば、さらに我即神也への確信が持てるはず・・
よって、神性顕現の道が開ける・・
では、
我即神也として 成就を体験していくには どうすれば・・・?


祈りながらこんな風に思いました。

成就を想像して、成就したつもりになってみる。 その時、私はどのような気持ちになるか。 
創造するためにはその気持ちが必要なのでは・・・。
なぜなら、
今までは 因縁因果に慣れたままの、自己限定を前提にした思考、発想、感情ばかりで生きていた。
 だから、法則の通り、有限で限定の人生を生きてきた。
私の意識が創造の源、創造のはじまり 
だから、まず初めに、、 
過去ばかりを前提にして自己限定していた想いを止めて、
成就した時の想い、感謝、感動を、肉体側の私が思い描いてみるのはどうだろう・・・。
その心を感じることが必要なのではないかな・・・
と思いました。 

つまり想像し、創造するってこと☆
 
c0074000_17184514.gif

我即神也 は果因説  もう思考は、因果説から果因説へ切り替える時代。

因縁因果は、有限と限定に基づいた世界。もともと神さまの世界にはないもの。
“私は神ではない”という自己否定、自己限定の世界。
 
でも我即神也 は、因縁因果を超えている。神意識は因縁因果とは一切関係ない。 

我即神也を完全に信じきった時、一体となったとき、 そこには過去もカルマもなく、
あるのは すべては完璧、欠けたるものなし、大成就。 

想像し、創造する・・・ 神の創造は果因説  なのだっ☆



想像し、創造する

『二十一世紀、人類一人一人は、自らが想像し、創造した世界を生きてゆくのです』
(2012-06; 2008-09)
『自らの人生は自らが想像し、創造するものである』(2008-09)

 想像する姿は眼に見えない姿である。眼には見えないけれども、宇宙神はその理念をしかと定められている。宇宙神の定めだから、変更できない姿である。
眼には見えていないのだが、自分自身の本性そのものの姿である。
如何なる過去もその想像を妨げることはない。
如何なる過去もその想像に入り込むことはない。宇宙神の理念、自分の本性を一言でいえば、神である。
『我即神也』を想像するのである。
 想像した姿を、言葉によって宣言すれば、必ず成就する。
その成就させる力、言霊の創造力は自己の内在する創造力に他ならない。
神なる『私』(すべての人)は創造力であり、創造者である。
『私』が語ったことはすべて現実化している。語ったことで現実化しなかったものはない。現実化したもので、語られなかったものもない。
すべては自分の責任でしかない。

 想像は五感を超えた世界への入り口である。
人間の意識は五感の世界から自由である。誰であろうと、他人の想像の自由に介入することはできない。何を想像するのか、全く自由である。
同時に、全く自己責任である。
『どんな困難のなかにあっても』、『我即神也』を想像することは可能なのである。
その可能性の中に、因縁因果を超える鍵がある。
言い方を変えると、想像のなかに、果因説につながる鍵がある。

 『我即神也』を想像するということは、『すでに成就できた状態を想像し、創造してゆくのである』(2008-09)。
『すでに我は成就したという時の、歓喜、感謝、無限なる幸せを想像し、そこに意識をこめることによって』(2008-09)、内在する創造力、DNAにスイッチが入るのである。

mixi ピタゴラスさんから



すべては完璧 欠けたるものなし、大成就!


c0074000_17203773.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-07-31 17:22 | ピタゴラスさん啓示録から

我即神也にとっては・・・

c0074000_1792796.gif

我即神也 にとっては、結果はいつも実っている。それは無限なる能力、無限なる可能性・・・として。 
すべては完璧、欠けたるものなし、大成就。
私たちはそれを顕すためにここにいる。
そのために、消えてゆく姿で自分(人類)を赦し、意識を我即神也まで高め、自分(人類)を愛する。



神の愛はすべての人に遍く行き渡っているのだが、当人はそれに気づかないから、気づかない分、神の愛以外のものを体験することになっている。
人には内なる無限なる能力が備わっているのだが、当人はそれを過小評価するから、評価した通りに、無力感を味わうことになっている。



想ったこと、認めたものは顕れる。

結果とは自分の思考、想い、の顕れ。 つまり・・・自分が何を信じて生きていたかが形に現われたもの。
大事なのは、自分、(人類)が何者であるかを意識して、自覚して 生きているのか。
凡夫か、我即神也か。

自分を取り巻く “消えてゆく姿” にながされず、 
自分の本心、我即神也 をきちんと意識的に見つめているかどうか。
神さまへと心を向けているかどうか。
神さまの中に入っているかどうか。

人生の中で起こるさまざまな出来事。それを、どんな気持ち、どんな想いを持って体験するか。
つまり、それは、いつもどのような意識で生きているか・・・

  
現象は(創造は)、必ず意識が先行し、結果(形)はその後に現われるもの。
私たちは創造者です。


神は空高くに聳え、凡夫は平地にたむろする。凡夫は無限の努力を積み重ねながら、高き岳に挑む必要があるのだろうか?因果説では然りである。だが、果因説では否である。 



果因説の思考は果が先にあり、それはいつも完璧、大成就。
 
我即神也は 完璧、欠けたるものなし、大成就であり、
我即神也 にとって、結果はいつも実っている。
それは無限なる成功、無限なる可能性 無限なる命・・・として。

私たちの役目はそれを形の世界に顕し、恒久平和を顕現させること。


と・・・・・、
こんなことを思いました・・・☆



※青い文字は、ピーさんの、「太陽の譬え」 から
いつも引用させてもらって・・・ m(_ _)m ぺこっ☆

c0074000_17111760.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-07-27 17:18 | 真理について思ったこと

「気持ちが薄くとも、その宣言をしつづける」

c0074000_19454924.png

『すでに我は成就したという時の歓喜、感謝、無限なる幸せを想像し、そこに意識をこめること』(2008-09)

当時、昌美先生のこの言葉を読んでも、

「う~ん・・・・。。ぜんぜん感じられないものを想像するなんて・・・」
と、真剣に取り組む気もないままでした。 

まだまだ「成就」の深い意味も分からなかった私です。 
「なんで印の最後は「成就」なんだろう。
どうして神事では「成就」の言葉が必要なのだろう・・・・」と、
果因説のことが理解できていない状態だったので。(>_<)

が、今っ、
我即神也 を宣言しながら、“完璧で、大成就している”気持ちがどこまであるのかな・・・・と気になるようになりました。 
成就を顕すのであれば、その時の気持ち (すでに成就している時の)、にならなければいけない・・・・と、思うようになりました。
成就の時の気持ちになるためには、想像が必要。 
成就した時の自分をイメージして、その感覚を思い描いていった方がいいのではないか、 と。


神性はすべての人に厳然と存在するのだが、当人はそれを意識しないから、他を意識する分、他を体験することになっている。
本心はすべての人に厳然と輝いているのだが、当人はそれを否定するから、否定する分、苦しみを体験することになっている。
神の愛はすべての人に遍く行き渡っているのだが、当人はそれに気づかないから、気づかない分、神の愛以外のものを体験することになっている。
人には内なる無限なる能力が備わっているのだが、当人はそれを過小評価するから、評価した通りに、無力感を味わうことになっている。

神は空高くに聳え、凡夫は平地にたむろする。凡夫は無限の努力を積み重ねながら、高き岳に挑む必要があるのだろうか?因果説では然りである。だが、果因説では否である。
『人間の神性はいかなることがあろうとも、決して失われることはない。』(2008-10)

神性は既に成就しているのである。神の姿は既に完成されているのである。宇宙神は我々一人一人を完璧な存在として定められたのである。我々は神として、そして凡夫として、空高くと平地に同時に存在していると言ってもいい。だから、「現状は凡夫の世界にいるぞ。高く険しい岳を昇るぞ」と身構えることはない。

既に空高くにいる自分の姿を想像すればいいのである。
『すでに我は成就したという時の歓喜、感謝、無限なる幸せを想像し、そこに意識をこめること』(2008-09)
が内在の創造力を発揮させるのである。

悪想念を払って、愛深くなるのではない。「すでに我は無限なる愛を成就した。成就できた。すばらしい。ありがたい。喜ぶべきだ。幸せだ」と気持ちを込めればいい。
気持ちが薄くとも、その宣言をしつづければいい。

体を丈夫に鍛えて、健康になるのではない。
「すでに我は無限なる健康を成就した。成就できた。すばらしい。ありがたい。喜ぶべきだ。幸せだ」。

働きづめで裕福になるのではない。
「すでに我は無限なる豊かさを成就した。成就できた。すばらしい。ありがたい。喜ぶべきだ。幸せだ」。

戦争、民族問題、環境問題を解決して平和になるのではない。
「すでに世界人類は無限なる平和を成就した。成就できた。すばらしい。ありがたい。喜ぶべきだ。幸せだ」。

※ピタゴラスさん「太陽の譬え」  から




「すでに我は無限なる愛を成就した。成就できた。すばらしい。ありがたい。喜ぶべきだ。幸せだ」と気持ちを込めればいい。
気持ちが薄くとも、その宣言をしつづければいい。


そうだった、私は言霊の(神語の)力でここまで来たのでした。
言霊は威力。だから、気持ちだって厚くなるのではないか 

ピタゴラスさんちの神さまの響き(メッセージ)に感謝!

c0074000_19502563.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-07-16 19:53 | ピタゴラスさん啓示録から

今、ゴーヤーは・・・

6月はじめは・・・・ まだこんなに小さかったゴーヤーですが・・・ ↓ (6月のゴーヤー)

c0074000_18571339.jpg


今では・・・

c0074000_18583987.jpg


じゃじゃ~ん 
c0074000_1856077.jpg


成長しました♪ (^-^)

そして、

ちゃんと実っている・・・
c0074000_1903186.jpg


c0074000_1904439.jpg


ずいぶん前に、夏野菜を育てたことがあり、 病気や害虫の被害で困った経験があります。
結局、農薬に頼ってしまうしかないのです・・・・(p_-)ぅぅ・・・

無農薬野菜にするためには、技術と経験が必要なんだなぁ・・・と、野菜つくりの難しさを知りました。

その点、ゴーヤーは病気にも害虫にも強く、とても育てやすいです。
 あ、、、
収穫のためではなく、グリーンカーテンのために育ててるんだから、 
野菜つくりとは話が違う・・・か。(笑)(^_^;)





[PR]

by mppoe-light | 2013-07-14 19:19 | どってことない話☆

今、私が好き☆

c0074000_19292958.gif


自分のこころの在り方が、外側の世界、体験する現実を創造しているのだから
自分を大切にしないといけないし、愛してあげなければ・・・と思いました。
私の住む世界は、私から始まっているのだから。

まず、私を(こころを)豊かに充たし、慈しんであげたい・・・・ ☆

と、お祈りしながら感じました。

やっぱり、自分を赦し、愛し、称えることは大切なことだと思います。パワーの源かも。
そうっ ☆☆ 自分を信じると、パワーが湧いてくる。
もっと自分を愛してあげないと! 私に申し訳ないではないか。。。

自分を愛することは、人類を愛することへ、そして世界を愛することへ。
自分を慈しめば、人類を慈しむ人になり、世界を慈しむ人になる。
こんな風に創造は広がるのだと思っています。

私が私を愛して、抱きしめて、慈しんで、  すると内側から、喜びが湧いてくる。(*^_^*)

今、私は私が好きです♪

c0074000_19275353.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-07-11 19:34 | 真理について思ったこと

祈り心って・・・

c0074000_1194539.gif


今頃になって、
祈り心って こういうことかな・・・て思いました。
いつも神さまと繋がっている状態。 現象世界の中で生きながら、“消えてゆく姿”をちゃんと解って生きていて、 こころはいつも神さまの方に置いている。

こういうことなのかなぁ、、、、祈り心って。

どんな時も 祈り心で、究極の真理を基に行動できたらいいなぁ、・・・。
そのために、意識して繰り返し自分を赦し愛する。
 そして、本来の「私」を取り戻していかないと。
c0074000_11105341.gif


もともとは地上天国を創るために来たのだから、当初は、まだ意識は我即神也そのままだったはず。 
そのころの私は、どんな気持ちで人として生まれて来ていたのか。

今、完璧である「私」は、この世界をどんな風に見ているのだろうか。
欠けたるものない「私」は、 今、どんな“想い”を発して、どんな風に行動するのだろうか。
大成就した「私」は、いつもどんな心境なのか。

そんなことを 想像しています。

c0074000_11115835.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-07-10 11:15 | 真理について思ったこと

神の振る舞いを積み重ねる☆

私は宇宙神の子、 尊い者。
すべてを与えられ、すべてに充たされている私、
宇宙神と同じように、気高く、美しく、偉大である。

神様はいつもここに在る。 「今」にある。
「今」、私は即神也
「今」、私は、完璧、欠けたるものなし 大成就
今、認める、今、信じる。 信じた分だけ、神様の生き方を体験する。

私は 我即神也 なのだから、消えてゆく姿と本心の違いを知っているのだから、
消えてゆく姿に振り回されないで、意識して本心を確認する。

我即神也、本心は、 今この時も、祈り続けている。
そして本心は、いつも
肉体を器にして、働こうとしている。 それをじゃましないように。。。


生活の中でも、もっと祈って行かなければ、 と思います。
すれ違う人に向かって、「人類即神也」 と光を投げかけて行きたい・・・と思います。
(あ、、、でも忙しくなると、忘れて怠ってしまいます、、、反省。。。。)

c0074000_2163337.gif



「自分が誰なのか、何のためにここにいるのか、なぜ存在しているのか・・・」
そう思う時、 やっぱり 「神の子」と意識して生きることが、本来の生き方である・・・と思います。
自分が存在する理由が、そこにある気がしています。

本来の私は、すべてに愛され、すべてが充たされているのだから、 
その私がするべきことは、すべてを愛し、すべてを充たしてあげること。

それを素直に行動に顕すには、私はまだ、自分を信じる力が弱い。
弱いため、
現実のリアリティを前に、及び腰になってしまいます。

意識して信じているつもりでも、 信じ切っていないから、 
現実への反応の仕方が因果律のまま・・・。。。すべては完璧、欠けたるものなしのはずなのに。。。


信じる力がまだ弱い!

もっともっと信じなければ。

 
ありがたいことに、私には、祈りと印、言霊の宣言・・・があります。

祈れる私は、神そのもの 印を組む私も神そのもの

祈り、印、言霊は、神の振る舞いの顕れ
これからも これら “神の顕れ=結果” を積み重ねていきます。

c0074000_219221.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-07-08 21:15 | 真理について思ったこと