真理を修めること☆

c0074000_2231655.gif

・目の前の問題=覚醒を確認する

・目の前の問題をどのように取り扱えるか
自分の覚醒のプロセスがどのように進んでいるかが
自分で解るようになる

・あらゆるものは経験を積むことによって、ひとつひとつ学ぶという構造になっている

・奉仕とは、愛を自分の内に達成すること

・人格を陶冶する 自分にオープンになる 自分の力を信頼する


<松尾みどりさんのお話から>

もう15年くらい前のみどりさんのお話です。 ノートに残しておいたものです。

たとえば、原発には原発の役割があったように、 人生の中で体験するさまざまな出来事、
苦悩の原因となる出来事、それらには役割、役目があるんだ・・・と思いました。
どのような出来事、状況も、善や悪はなく、
病気も、貧困も、それぞれ役目がある・・・。 いろんなことを気づかせてくれてありがとう。
 (やっとそんな風に思えるようになってきたぞ。嬉しいな。)

それらは消えてゆく姿であって、神さまの目から見れば 「ない」(色即是空で)、 のだけれど、
肉体人間観を持った私たちにとっては、究極の真理を身に修めるための大きな体験。


奉仕とは、愛を自分の内に達成すること
人格を陶冶する

気に入っている言葉。  今月の昌美先生の法話にも同じようなことが書かれていました。


神命達成の道は、人格磨きから始まる


人のために役立つ以前に、人のために貢献する以前に、徹底して自分自身を変えてゆく作業から始めてゆかねばならないのである。

自分はもう決して否定的な言葉を語らない、と強く自分を戒め、コントロールできる強い意志を創り上げてゆくことが必要なのである。
そして自分が語る言葉は常に人を愛し、人を励まし、人を歓喜させ、人の存在そのものを高め上げ、敬い、人の幸せを願うことのみ。その言動を通して無限なる光、エネルギー、パワーを注いでいくのである。

 このように、自らの意識を自分にのみ向けずに他の幸せや喜び、他への感謝に向けることにより、自我を乗り越え、欲望をコントロールしやすくなる。
そうすることによって、自らが知らないうちに目覚め、無私なる自分に変容されてゆくのである。 
そしてついに自らに内在せる神聖意識に気づき、目覚めてゆくのである。




○究極の真理を身に修めること。 それが無意識の習慣となるためには、意識的な努力、持続的な努力こそが求められる。
○常日頃の習慣化された絶対なる光明思想こそが人生の幸運の鍵となる

○人間は、規則や法則に従うのではなく、自らの無限なる直観力に従うのである。

今月の法話&指針から


c0074000_22115537.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-01-31 22:19 | 真理について思ったこと

信じること 顕すこと



五井先生は、「天命を信じて、人事を尽くす」 と言われました。

すべては完璧 欠けたるものなし 大成就” を信じて、人事を尽くす。
大成就の姿を顕現するために、人事を尽くす、そのための肉体。

天から贈り物が届くように、ただ成就を待ちわびているだけでは駄目なのかも・・・。
私の言行が成就を顕す基になる

私は何を信じて“表現”をしているか・・・

成就を達成するためには、自分の中の成就を信じる
神性を顕すためには、 自分の中の神性を信じる
信じれば信じるほど、私の言行は神人として相応しいものになり、
それと同時に成就が顕れる

と、そんなことを思いました。


我即神也 我即創造者也 

c0074000_23321117.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-01-27 23:33 | 真理について思ったこと

未来を創造する自由がある

 c0074000_21455854.gif自我の私、肉体人間観の小さな私。
限定された現象世界で生きていて、その世界がすべてだと思い込んでいる。 
その小さな世界で上手く生き抜こうと、時に必死になる。 
誤解、錯覚の想いのクセは手強いものだ・・・と思う。 

でも・・・もう
凹んでいる場合ではないのだっ!

ならば、こっちは奥の手を出してやるっ

消えてゆく姿から自分を切り離し、我即神也を自覚する・・・・ というプロセスは飛び越えて、
ざっくりと、・・・・いきなりっ

c0074000_21334510.gif創造者「私」を、選択する


「私」は光から来た者、「私」は神そのもの。 
「私」は何処であろうと、何時であろうと、肉体を持ったまま、神の姿を顕すばかり。 「私」には過去はなく、カルマもない。
「私」は光だけですべてを描ききる、「私」が描く世界が五井先生の説かれた平和の世界。
「私」は神、創造主。 
どんな場であろうと、私が消えてゆく姿と宣言した瞬間、小さい私は消え去り、「私」が蘇る。 
「私」の言葉は言霊。言霊はすべてを創造する威力。


迷った時、捉われた時、
私には、未来を創造する自由がある ということを思い出すようにしよう。

すべては完璧 欠けたるものなし 大成就  この言霊があることが心強い。 もーこれしかないのだ・・・

「“語る自分”を意識する」

自分が言葉を発する以前に、「私は今、我即神也だ。 我即神也の自分自身が、これから言葉を放つのだ。」と意識するのです。
深呼吸して、何か一言話す前に、必ずそれ(「我即神也の私が、人類即神也の相手に語る」と意識すること)を入れるのです。言葉によって人類の人生が創造されていくわけですから。
言葉、想いが人生を創るのです。
今まで無意識に語っていた言葉が、無意識の人生を創ってきたのです。


我即神也が語るという、その“我”というものを意識して下さい。すると、無意識の言葉が出てこなくなります。 いい言葉しか出てこなくなるのです。
神様は悪い言葉を語るでしょうか? 否定的な言葉を語るでしょうか? 病気の苦しみや悲しみや不平不満を語るでしょうか? 
神様はおっしゃらない。神様が語る言葉はすべて、輝きの言葉、愛の言葉、赦しの言葉、光の言葉です。


「過去の自分か? 神の自分か?」

これから皆様方はリーダーのリーダーのリーダーとして、いよいよ本格的な神そのものに入っていきます。 我即神也の私が語るのです。
過去の私、執念深い私、嫉妬深い私、競争意識の激しい私、負けず嫌いな私、エゴイスティックな私が語るのではない。

愛深い私、すべてを赦せる私、光り輝く私が語るのです。 その私が語った言葉こそが未来を創ります。
そしてチャクラを通して、ヴェールに透かし出されるように自分の未来を見ることが出来るようになるのです。

昌美先生著書 「果因説」から


c0074000_2144376.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-01-19 21:51 | 真理について思ったこと

求め、願う前に、すべては在る ということ。


〇先ず認めること
自分の内にすべてが在る。
なぜなら 内なる神が自分の中にあるから。 我即神也

〇祈り、世界人類が平和でありますように   
究極の真理につながる祈り。願い事でも要求でもない、真の祈り。
真の祈りは、
自分は不完全の存在である という誤解、錯覚の状態から、
完璧、欠けたるものない、神そのものの存在 という意識へ上昇するもの。

〇神様の御心と繋がる「世界平和の祈り」、そして
神そのものを自覚する我即神也 
究極の真理の世界は、
欠けたるものなく、すべてが調い充たされた世界。

〇なにかを求めて外側に向かって、願い、祈ることは、
「今の自分は、欠乏して欠けた状態である・・」 と、無意識に認めている状態。
知らないうちに、自分は不完全だ と認めている。
認めたものは顕れる。 
そして不完全な状態の自分を体験する。 

〇私の中にすべてが在るのだから、 
「完璧、欠けたるものなし 大成就」 であると認め、宣言する。  
完璧を認めれば、完璧な姿が現実世界に展開される。 
人類がそのことを認め始めると、
自然法爾に人は調和し、世界は平和になる。

 〇自分の神性を信じ続けていけば、 必要なものは法則の通り自分の手元にやってくる。
「私」の中では、すべては成就しているから。 

〇果因説はすごい。  不足の状態を満たすために思考するのではなく、
完璧で充たされた「私」を前提にして、その姿を顕そうとするもの。
そのために最も大切なのが、、、意識改革。
本来の「私」を蘇らせること。

すべては完璧、欠けたるものなし、大成就

〇究極の真理を学ぶことが出来て感謝
  
が、
学んだだけで終わらないようにせねば~・・・。(^_^;) 無限なる可能性☆

c0074000_22404157.jpg
 
[PR]

by mppoe-light | 2013-01-07 22:51 | 真理について思ったこと

新年 そして指針。。。

新年 おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
c0074000_1143790.gif


で、新しい年を迎え、さっそく指針を開封しました。


己れの発した言葉に最後まで責任をもて。 責任が持てぬと思ったら その言葉を吐くな




( ̄  ̄;)    しーん・・・。。。。

き、きついではないか・・・・・

守護神さまから、お叱りのような指針・・・
“己れ”とか“吐くな” とか、、もっとソフトに言ってほしいかった・・・ (^_^;)
ま、私には、ズバリ言った方が気持ちが引き締まっていいのだと思う。
とにかく、肝に銘じておかねば です。

否定的な言葉は言わないように気を付けてはいるのだけど、(失敗もしますが。。。)
ここまで言われたら、もっと意識的に生きなきゃいけない、 と思いました。

大晦日の日記で、 我即創造者 と書いたばかりです。
究極の真理を創造するために、重要な言霊。
 
そうだった、意識はエネルギー、言霊は威力! わぉっ!

自分の発する言葉には力があることを忘れないようにせねば。。。
つまり 「責任を持って創造すること」 こういう事。

う~ん、消えてゆく姿に捉われないよう気をつけねば、、、うっかり否定的なことを言ってしまいます。

まだ祝賀祭での今年の課題も出てないのに・・・・
 新年早々、守護神さまから大きな課題を頂いたような気がする~。。。。 
課題っしり。。。。    無限なる可能性!

我即神也 私の発する言葉は神そのものの言葉である 
我即創造者☆なのだから

ちなみに、、、
今年の姪の指針は
あなたのすべての細胞は、あなたの天命の完うのために
働いている

でした。(*^_^*)

c0074000_1155184.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-01-02 11:11 | 真理について思ったこと