現象に価値を見出さないこと

c0074000_19364918.gif


人類が迷っているのではない。人間が迷っているのでもない。迷っている想いが、今、現われて迷い、そして消えてゆくところである。

人類が争っているのではない。 人間が争っているのでもない。 過去からの争いの想いが争っているだけである。争っている想いが、今、現われて消えてゆくところである。

即ち、人類の迷っている想いも、信じられない想いも、疑う想いも、自己を赦せない想いも・・・・・・それらのネガティブな想い、そしてポジティブな想いさえもすべて消えてゆく姿なのである。
 本心は否定も肯定もそれすらない。 神性に光り輝く大光明そのものなのである。

 人類一人一人は、宇宙神より分かれたみ霊であり、宇宙神そのものの生命が己が中に存在しているという真実を決して忘れてはならない。 我々は常に宇宙神の属性を持ち、宇宙神の大生命と常に共振共鳴しつづけている宇宙神の器そのものである。
 我々の生命には初めも終わりもない。不死不滅である。 死と呼ばれるものは、唯物質そのものである肉体が死滅するに過ぎないし、魂が輪廻転生をしているに過ぎないのである。

白光誌 9月号から


「本来の自分は現象の中に生きてはいない」

本来の私は、 想いが現れ消えてゆく現象世界には生きていない。


現象に価値を見出さないなら、それは「消えてゆく姿」を行ったことになる。現象に価値を求める限り、現象は在るように見える。
現象に価値を求め、心を絡ませるのか。それとも、価値を認めず、心を離すのか。選択は二つに一つしかない。確実に「消えてゆく姿」を選択することである。しかし、重要なことは、真理は「消えてゆく姿」だけでは終わらないことだ。

現象世界の満足を本心は求めていない。本心が求めているのはすべてが成就した神の国である。
現象世界の損得、満足・不満から心が離れても、実のところ何の損失も生じない。現象世界に心が絡むことが大きな損失なのである。そして、そこに不満が生じるのである。
「消えてゆく姿」とは自我が執着してやまない現象世界から心を離すことである。

現象世界から離れた心は「神の国」に入り込む。「神の国」は既に成就した世界である。
その世界は、美しく浄らかで、平和そのものである。その世界ではすべてが充たされ、すべてが調和し、すべてが生命の輝きを放っている。そのような世界がすべての人に与えられている。



現象に価値を求める限り、現象は在るように見える。
現象に価値を求め、心を絡ませるのか。それとも、価値を認めず、心を離すのか。
選択は二つに一つしかない。
確実に「消えてゆく姿」を選択することである


現われて消えてゆこうしている想い(現象)に価値を求めるか、それとも価値を認めず心を離すのか。
 選択は二つに一つ。 消えてゆく姿を選択するのみ。 うううぅ~、リハビリせねば。。。

そして、

自分の内、自分の本質、自分そのものとは肉体ではない。想念の蓄積でもない。
自分そのものは、意識であり、生命であり、神性である。神性のすべてである。神性のみである。自分そのものとは、天なる自分である。自分そのものとは完全完璧、大調和、欠けたるものない本心である。この真理を追認するとき、『不完全さは消え失せるのである』。不完全さを直し、正し、追い払おうとするとき、不完全さは繰り返すのである。

根本は「我即神也 人類即神也 すべては完璧 欠けたるものなし」である。
意識は「我即神也 人類即神也 すべては完璧 欠けたるものなし」に留まりつづける。そして、神人はそのように言霊を発しつづけるならば、そのように大成就する。



c0074000_19372094.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-08-26 19:39 | 真理について思ったこと

勇気を出して信じて生きる

c0074000_11352.gif

シロアムの池

イエスが歩いていると、生まれつきの盲人と出会った。 弟子達はイエスに尋ねて言った。
「この人が生まれつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですか。本人ですか、それともその両親ですか?」
イエスは答えられた。
「どちらでもない。ただ神のみわざが彼に現われるためである」
「私は世の光である」
イエスはそう言った。
イエスは唾を吐き土とまぜ、盲人の目に塗って言われた。
「シロアムの池に行って、洗いなさい」
彼は目を洗うと見えるようになった。(ヨハネ9章)


この物語は、カルマの法則を説く仏教とイエス・キリストの教えの相違点を語っているのだろうか。そうではない。
仏教においても因縁因果説は究極のものではない。因縁因果説に留まっている限り、真理は見えてこない。光は見えてこない。
目を開けて、真理を視よ。そう真理は言っているのである。




多くの人が因縁因果説に留まっている。 過去に捉われている。
起こっている問題の原因を過去に探して、何かに(誰かに)責任を負わせて自分自身を正当化したり、
あるいは自己処罰で罪悪感に捉われたり・・・・

多くの人が、目に見える現象の中で自分が生かされている と、信じてしまい、、
閉ざされた世界で
閉ざされた思考で、閉ざされた意識で、みんな身動きが取れなくなっている。

現象世界が私を生かしているのではなく、 生かしてくれるのは神さま。


仏教でも、大乗経典になると、十二因縁等は全く否定されてしまうのである。イエスは、ユダヤ教の枠組みで教えを説いていた。
したがって、常識では因縁因果は知られていないから、先ず因縁因果を教える。
その後、因縁因果を越える大乗の教えを説くという仏教のようなプロセスはとらなかった。

現象から始まり、その原因を過去の行為の間違いにあるとする。過去の間違いを罪と見なす。罪を宗教の教えに沿って、償って勘弁してもらうことに腐心する。このような宗教をイエスも大乗仏教も否定しているのである。

根本は「我即神也 人類即神也 すべては完璧 欠けたるものなし」である。
これが我、人類、万象の真の姿である。宇宙神の創造による世界、天国である。本心は我即神也として光り輝いている。
だから、何か現象に不完全性があっても、そこに意識を留めない。意識は「我即神也 人類即神也 すべては完璧 欠けたるものなし」に留まりつづける。そして、神人はそのように言霊を発しつづけるならば、そのように大成就する。

人は宇宙神の創造の世界を変えることができないから、罪は起こりようがない。間違いの分析、悔恨には意味がない。目を閉じて光を見失ったのならば、目を開いて光を見ればすむこと。
不調和・不幸が過去の言動、態度、習慣の結果のように見えるかもしれない。そのように自我は責め立てるかも知れない。
しかし、イエスのようにそんなことには眼もくれなくてよい。知るべきこと、意識を集中すべきこと、それは真理である。「我即神也 人類即神也 すべては完璧 欠けたるものなし」の真理である。
目を開けて真理をよく見るのである。「神のみわざが現われる」とは真理の顕現・大成就である。
原因の探求ではなく、大成就を求めるのである。それをなすのは神人の言霊である。
大成就!

mixi ピタゴラスさん



肉体は物質で有限で不自由、 意識は無限大で自由自在。
意識が究極の真理と繋がったとき、 その時もう生きるために肉体を維持しようと何も思い煩うことはないはず。すべては完璧に整い、欠けたるものない世界が自分の前に顕れるから。 
だから、もっと勇気を出して信じる 何か現象に不完全性があっても、そこに意識を留めない。意識は「我即神也 人類即神也 すべては完璧 欠けたるものなし」に留まりつづける。
私は完璧、欠けたるものなし を信じる。
大成就。

c0074000_1143279.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-08-22 11:06 | ピタゴラスさん啓示録から

言霊を繰り返しながら

c0074000_21312568.gif


内にある神界の「私」からの響き 「すべては完璧 欠けたるものなし」を、
肉体を使って現象世界に響かせて、
肉体を構成している一つ一つの細胞に響くように、 そして、
細胞を構成している小さな分子、原子、粒子まで響きが伝わるように。
さらに、空間や物質を構成している目に見えない粒子に届くように。


「本来の自分は現象の中に生きてはいない」
現象の時間の流れの中には 本来の私たちは生きていない
そして、
『私は今、宇宙神が創り給う秩序の中にいます』

このことが100%自分のものとなった時、
私は神界の「私」と完全に一つになるのだなぁ・・・・

神語を唱えていると、それが自分の言葉になってゆく気がして
自信を持って言えるようになってくる。
同じように 「すべては完璧 欠けたるものなし 大成就」もそうなってくる。

でも、
唱えながら時々、 「心底、信じきっているかな。」 と思う。 
本当に完璧に信じきって、心底自分の言葉となっているのなら、
もう怖れや不安は一切生じないはず。


神さまの世界は瞬間の連続だけど、
ここは現象世界、 ゆっくり流れる現象の動きが、時間という猶予を与えてくれているみたい。 
だから言霊が自分のものになるよう、何度も繰り返す。

「やがて地上に降り来る、輝かしい地球平和の大変革の際し・・・・
真理の祈りと真の言霊を捧げ続けるのである。」


自分のためでもあり、地球平和のためでもある、言霊を唱えることが出来るのが
嬉しい。


c0074000_2136449.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-08-21 21:38 | 真理について思ったこと

二人でメリージェーン・・・☆

c0074000_19372956.gif


同窓会がありました。 
私はスタッフとして受付&会計をしました。
参加者名簿にチェックをつけながら会費を頂きます。
卒業後○○数年にもなると、名前も顔も忘れてしまってるので、来た人には名簿を見てもらい名前を指してもらいました。
すると 私が密かに想い寄せておりましたTくんの名を指す男の人が・・・

わぉ~っ Tくんが、、、、、来たー!
で、お顔を拝見しますと・・・・・

え、、、、 ・・・・・?
モデルさんになってもいいくらい男前と私は思っていたTくんが
・・・・・・。。。


 
c0074000_19381225.gif
  

その後、会場内で、
友達と二人でT君を見つけてお話したら、、、
物静かなところ、 ちっともガツガツしていないところ、
昔のままのTくんでした。 
年は取っても、内側は同じなんだなー (*^_^*) ♪

c0074000_19384829.gif

二次会、三次会と、スタッフだったので参加しました。
3次会になると、全員が高校生気分に戻り、はじけて大盛り上がり。
(わ、、私の知らない世界。。。 すごい。すごすぎる~。)

迫力に圧倒されました。 一人の友人が「大丈夫?」と心配をしてくれたほど(^_^;)
 
三次会はカラオケ屋さんでした。 ちょうど隣に座ったTくんに、
「高校の時、好きだった」と、打ち明けたら、お酒が進んでいたTくん、 
私の両手を取って、熱~く握手っ!!!

おおぉ~♪♪

そして、

その時流れてきたのが、あの

あの名曲 メリージェーン~



突然、「踊ろう」とTくんに言われ、
そのまま引っ張られ、二人で踊ることに♪ 

きゃ~♪♪♪  おぃおぃ・・・(^_^;)

二人でメリージェーン
おかげさまで素敵な時間を過ごせました。 

Tくん、ありがとーん。(*^_^*)v

その後、私はみんなより先に帰りました。 

3次会までの長時間で疲れたけど、楽しく過ごせた同窓会でした♪(*^_^*) 


ちなみに、、、、Tくんは ・・・・

もうお孫ちゃんがいるんだそうです 早い~っ 
もうおじいちゃんです。

 
c0074000_1939202.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-08-16 19:50 | どってことない話☆

だからリハビリを続ける☆


『私は今、宇宙神が創り給う秩序の中にいます』

宇宙神の秩序とは「すべては完璧 欠けたるものなし」である。
その秩序の内では「我即神也 人類即神也」である。
その秩序は人間の言葉・想念・行為、いかなる物質的な力によっても歪むことはない。
しかと、眼を開ければ宇宙神の秩序しかないことは明白である。
眼を閉じて幻想を見るならば、物質世界しか見えない。知覚(五感)の世界しか見えない。
時系列の世界(時間の世界)しか見えない。過去しか見えない。
幻想の中で、人類は自分の神性を忘れ、肉体の履歴を自分だと思い込んだ。

 知覚の眼を閉じて、魂の心眼を開くのだ。
そして、『自分の内なる神界』『内なる神の国(天国、浄土)』について、知りたいのですと守護の神霊に尋ねよう。
その答えは、自分について、そして世界についての真理そのものである。その神界の様相、つまり真理そのものを地に降ろすことが自分の唯一の天命であることを忘れないでおこう。
その天命以外に私がなすべきことはない。
この自分の天命を完うするがイメージングと言霊である。

ピタゴラスさん




『私は今、宇宙神が創り給う秩序の中にいます』

唱えてみたら、良かった☆
昌美先生の「本来の自分は現象の中に生きてはいない」と合わせて使っています。

自分を元の位置に戻す手助けになってくれる。(^-^)

c0074000_21271148.gif

 

真理は果因説を学ぶだけでは終わりませんでした。
果因説を理解したら、
また次の段階の探求が始まるようです。
神意識へのリハビリは続きます。
有り難いことに・・・
真理を追求して行けば行くほど、追求することそのものが面白くなってくる。
もちろん、
現象の世界に振り回されてしまった時は、「自分ってやっかいだなぁ(――;)」・・・と思うこともあるけど、 
真理は進めば進んだ分だけ、世界が大きく広く観えるようになってくる。
だから、
だんだん気持ちは楽になり、豊かになり、喜びや幸せを感じる。
自分が好きになる。自分を信頼し始める。

だから、
気持ちが疲れた時には尚更に究極の真理を求めます。 そうしなければ・・・と思う。
元の自分に戻ってすっきりしたい、軽くなりたいので。

だから、
神意識へのリハビリは欠かせない。 


『常に自らが完全な状態、そして欠けたるもの一切なしという状況を強くイメージしつづけることによって、その通りの現実が創られてゆく。』(2011-01 日々の指針)

 『魂を絞るほどに意識を集中し、一つ一つの神示の言の葉に心を込め、魂を入れ込み、「それを必ず実現せしめる!」という固い信念を持って、自分の脳裏にはっきりと焼きつくように光明の世界を描き出し発する言葉こそ真の言霊である。
 それこそがすべての不可能を可能とし、絶対的に神の世界を今生に顕現せしめる言霊の威力である。』(2011-10 P.10)


「すべては完璧 欠けたるものなし 大成就」
この言霊は課題として唱えるものじゃない。
1回1回、気を入れて、魂を込めて、信念を持って唱える。
忘れないようにしよう。

mixi コミュニティ白光の言葉 から

「すべては完璧 欠けたるものなし 大成就」

この言霊が好きです。 良かったー、嬉しいな。


c0074000_2124798.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-08-10 21:32 | 真理について思ったこと

「本来の自分は現象の中に生きてはいない」・・・・・

一時的に不安、恐怖、動揺したにせよ、自らの心がそれらのマイナスの状態に一切把われることなく、我即神也そのものに意識を向けるならば、やがてそれらのマイナスの状況は完全に消え去るのである。
なぜなら本来の自分は現象の中に生きてはいないため、マイナスの現象を引きつけることなく、究極の真理、すべては完璧で欠けたるものなしの、神そのもの、光り輝く世界が必ず顕現されてくるのである。

白光誌 8月号から


習慣の想いは、自分自身を時系列の中で判断する。
つまり、過去を根拠に評価する。現象の中でしか自分自身を見ていないのである。「鶏が先か、卵が先か」とはよく言われることだ。
自分自身について重要なことは、「意識が先か、現象が先か」である。
習慣の想いは、必ず現象を基に意識を働かせるのである。
神の視点は、必ず意識を基に現象を創るのである。

ピタゴラスさん


本来の自分は現象の中に生きてはいない

神意識=私は、現象の中にいるのではない

過去からの時間の流れ、時系列の中に、本来の私は見つけられない
私は・・・
途切れることのない永遠の意識「私」
それは
時間は過去から未来へと横に流れていくもの・・・と考えるなら、
「私」は 縦に降りていて (奥から?、上からといってもいいのかな) 瞬間、瞬間 肉体に届いていて、
それは、常に完璧で 欠けたるものなし 
だから
私は完璧、すべては完璧、  なのです☆

c0074000_17244653.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-08-07 17:44 | 真理について思ったこと

「今」を選ぶ☆

c0074000_19273671.gif

心は、過去、現在、未来 と自由に飛ぶことができる。
過去に飛んでは悔やんだり、未来に飛んでは不安をかきたてたりする。

今 私はパソコンに向かって日記を書いているけれど、
心が昨日のことに捉われれば、私は昨日に戻り、
昨日を生きていることになる。。。。

私は「今」を選ぶ、神性の私を選ぶ。我即神也を選ぶ。 選ばねば~っっ

私が過去、未来に執着した時、私は神性を捨てたことになる。
すると、本来は無いはずの自我、無いはずの不完全な世界が展開し始める。

常に神意識を選べば、すべては完璧の世界に住むことができるのに、
いつの間にか不完全な自我の私を選ぶ。。。。」。

もったいない!



すべては日常の習慣。

否定的な習慣を身に付けたままダラダラと怠惰に生きているうちは、決して人生は変わらない。
自らが自らに打ち克ってゆくことこそ、即ち他の力に依存せず自らが自らを真理の道に導いてゆくことこそ、我即神也へとつながっているのである。

要するに自分の意識がマイナスの現象に強く引きこまれ、そのマイナスの世界に住しているのか、それとも究極の真理そのものの世界に住しているのかによって、自らの意識の通りの状況が引き出され、現象に現われてくるのである。

すべては自分の意識の持ち方、かかわり方にかかっているのである。
どんな状況、状態においても自らの心が常に究極の真理そのものの状況、状態即ちすべては完璧、欠けたるものなし、大成就に向けられているならば、宇宙神の法則通りに完璧な世界そのものが顕現されてくるのである。

白光誌 8月号から


本来の私は 「今」に在る いつもいつも「今」に在る。
我即神也 は「今」に在る。

現象世界にいながらも意識は「今」に、神意識に。 
神意識は印を組み、言霊を唱える。
それは具現化する。 大成就 

c0074000_1922321.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-08-06 19:30 | 真理について思ったこと