ひとりごと☆


「世間と歩調を合わせるのをやめれば、いままで聞こえなかった太鼓の音が聞こえてくるだろう。」 

その叩き手は高次元の「私」


目指せっっ 引き返せないほどの境地☆  と言いたいけど、、
う~ん、、、私はまだ甘いなぁ、 
これから、、どんなふうにやって行こうか・・・。




c0074000_2341479.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-30 23:04 | どってことない話☆

原因となるものは、自然についてくる

c0074000_9422442.gif


<今月の法話から>

まず自分を認めることです。

すべての結果は自分自身の中にある。

心の中に幸せが呼び覚まされていれば、その心の持つエネルギーによって、
幸せになる原因となるすべてのものが、物質も、人間関係も、自然についてくるのです。


すべての結果は自分の中に。 
自分の中の何を選択し、認めてゆくか。。。
自分の内に在るものを体験する。

始まりは 「意識」 から。
自分の意識が変われば、体験も変わる。



「空」と「光」

 空観とは、水槽に泳ぐ金魚を見るが如きではない。それは、夜空に輝く花火を見るが如きでもない。金魚は瞬々動き回り、位置を変える。花火も瞬々の輝きである。それを空と言うのではない。

 時空は入れ物ではない。物質は入れ物の中にある素材ではない。
我々は、観察する意識であり、金魚を動かしている。我々は花火を散らす中心にあり、花火の観察者である。
我々を離れて、独立した時空はなく、素材もない。我々の意識が、時空を維持し、物質現象を維持している。我々は瞬々、現象世界の創造者であり、日々創造者である。
意識は現象となり、現象は意識に組み込まれる。しかし、いつも根源にあるのは意識である。意識が自分の領域を拡大して現象世界を創ったのである。意識は現象化する。上にあるものは、下にある。


 意識の主体は『我』であり、それは『神』である。『我』はすべてを赦す権限がある。従って、過去はない(色即是空)。
『我』はすべてを創造する権限がある。従って、自由自在である。供給そのものである(空即是色)。


 多くの人にとって、一番難しいのは、「消えてゆく姿」を認めるところである。自分が創造者であることの責任を認めるところである。花火が、自分を中心に散っていることを認めるところである。
何かの出来事について、
「いくらなんでも、自分はそんなに悪いことをしていないぞ。波動の荒い世の中だから、心配でたまらない。自分を守るには、怒って、攻撃しておくのが一番だ。当然の行為だ」と言い訳したくなるのが凡夫の常なのである。
だからこそ、五井先生は「消えてゆく姿で世界平和の祈り」の基本を25年間も説かれていたのである。


 「消えてゆく姿」も「空」も「過去のエネルギーの受け止め」で終わることはない。過去の責任を認めれば認めるほど、創造者としての立場が益々、明瞭強固になってくるのである。
「消えてゆく姿」を認めることは、実のところ「我即神也」を認めることだったのである。
「消えてゆく姿」を認めるとは、「自分は神でない」という認識の誤りを認めることであった。
それは、同時に「我即神也」を認めることであった。
この自分の神性を認める行為が、世界平和の祈りに包含されていたのである。

<白光ノート 「空」と「光」>から


量子論に基づいた内容で、ちょっとカタイけど・・・
c0074000_9321534.gif面白~い!ヽ(^。^)ノ


                                「お・・・重っ。。。。」
c0074000_9384636.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-29 09:43 | ピタゴラスさん啓示録から

法話から・・・意識こそ

<今月の法話から>

意識とは、このように自分が思う通り、自由自在に働くのであります。
意識には限界がないのです。ですから意識を、常にすべてが調和することのみ、プラスのみ、ポジティブのみに働かせることが大切なのです。


今の自分の想いは、無限なる調和を前提に想起されたのか、それとも不調和が起こるかも・・・と想定して・・・か。

「私は本来は神である、無限なるものすべてを内在している」 と、
繰り返し自分自身に言い聞かせていかなければ、古い意識の回路にすぐ流れてしまうぅぅ。。。。(T_T)
c0074000_23133020.gifんも~ぉっっ!!!

意識が変われば、想いが変わり、言葉、行為も変わる・・・ 自分を取り巻く環境も・・・
しっかり言霊や神語を積み重ねていかないと・・・・。。 


あなたが過去に犯した過ちは、あながたこれから創造する未来に比べたら、比較にならないほど価値がありません。

「今の自分は過去に支配されている」と思うのか、それとも「今、自分は新しい未来を創造している」と思うのか。

本来の幸福に焦点を合わせた自分が、自分自身に宣言するのです。


私は本来、神。 我即神也  絶対大丈夫 大成就、 何度も何度も宣言するコト。

自らの意識こそ、エネルギーそのものだからです。
そしてこのエネルギーこそが、世界を創り出す原点です。


c0074000_2374914.gif



『究極の真理を知る者は、この世に存在するものすべてが、すでに自分の内に常に存在しているという事実を知っているのである。無限なる富も、健康も、成功も、能力もすべて自らの内に厳然として存在するのであるという事実に気づいているのである。』
2002-12

『自らが自らの存在の深みへと入ってゆきます。そこに宇宙神と全く一つに結ばれている自分を発見します。自由で大らかで歓喜にあふれている自己を再発見します。
それこそ本来の自己です。我即神也そのものの自分が厳然とそこに存在しているのです。』1997-03


自分が自分の内部に発見すべき『我即神也』
既に成就している神なる自分
そこに意識を向ける生き方
果因説に生きる
先ず初めに自分を神として讃えることから始めよう
自分を神として尊敬することから始めよう

mixi コミュ白光の言葉 から


私の中にすべてが在る、宇宙が在る。 私だけではなく、人類すべてにも。 
生きとし生けるもの、道端の石ころの中にも・・・。 
何ものも、宇宙から切り離されて存在することはできないのだから。

宇宙は神秘、創造は偉大だ・・・・。

c0074000_2391018.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-27 23:22 | 真理について思ったこと

世界平和と我即神也について


世界平和のために、もっと“我即神也”を意識してほしいと思う。
「絶対大丈夫、大成就」 も“我即神也”の真理があればこそ、だから。


「宇宙は自由意志、自由選択」、人間は何でも創造できる 自分の意識を使って。

非神の意識は因果律の世界を創り維持している。
そこは二元性の世界、分離、相対の世界。 
だから、
意識を因果律の世界に置いたまま平和を望んでも、現れるのは不完全な脆い平和、
きっとカルマの波で、あっという間に崩れ去ると思う。
因果律の世界は消えてゆく姿だから。

神の世界は対立のない世界。完全な世界。大成就の世界。
神意識こそが完全な平和を世界に映し出す。
絶対平和、完全平和。
 


  人間には無限の善なる可能性とともに
  怒り、憎しみ、嫉妬、欲望、残虐、闘争といった
  マイナスの可能性も秘められている
  が、これらの二元性は、
  自らの神性を信ずることにより
  即消え失せる

c0074000_22404436.jpg


人間は幾度かの悲しみ、苦しみ、絶望、
喜び、感謝の体験を重ねつつ
遂には、自らの真実に迫りくる
自らの本来の姿が見えてくる
神聖にして光り輝く本体が自分に向かって飛び込んでくる
そして合体す
遂には我は我を見る
無限なる叡智、直感、能力に秀でている我を知る
そして我即神也そのものの我を感じる

我即神也が自らのものとなった時
人類一人一人の内に神を見る
人類即神也

人間の未来も地球の存続もすべて
我々人間の一人一人の手の中にゆだねられている
人類一人一人が究極の真理、我即神也・人類即神也に目覚めた時
新しい霊文明が訪れる
我即神也 人類即神也


インフィニット・ワーズ 絶対なる真理 我即神也 人類即神也 から


だから 我即神也 。
自らの神性を信じることが、自らを平和にし、世界を平和にする

c0074000_22415128.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-23 22:47 | 真理について思ったこと

平和の祈り&インフィニット・ワーズから

今年のsoppの白光の平和の祈りは良かったな・・・ 簡潔で☆
c0074000_17465184.jpg

人類は本来みな神性にして
真理そのもの
無限なる生命そのもの
光り輝いているもの

神の創造した大自然
そして生きとし生けるものと
全く一つに融けあい
結ばれているもの

神の世界においては
本来 世界は平和であります
私たちはそれをこの現実の世界に
顕してまいります

世界人類が平和でありますように
世界人類が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように




<真理を探求する者は>

真理を探求する者は
熱狂的な、偏狭的な
信仰心にかたよるべきではない

真理を探求する者は
発作的に一時的な奇跡を追い求めるべきではない

真理を探求する者は
いかなる状況にあろうとも
すべて一切の批判、非難、評価を下すべきではない

真理を探求する者は
自分の内よりすべて一切の
否定的言葉、想念、行為を表現してはならない

真理を探求する者は
着実な光明思想のみの積み重ねにより
自らの運命を遥か遠く、死に至るまで
輝かしきことのみで埋め尽くすべきである

真理を探求する者は
常に真の自己と、錯覚に基づく自我を
明確に区別できなくてはならない

真理を探求する者は
究極的に我即神也、人類即神也に至る


インフィニット・ワーズの詩 「宇宙と呼応するひびき」 から



もっと深く広がりのある「私」でいたいなあ・・・  もっと、ずーっと、ずーっと・・・。

我即神也 

c0074000_17504312.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-22 17:53 | 真理について思ったこと

これからが天命、本当の働き・・・☆

自分が成就していることを忘れないこと。
自分が創造者であることを忘れないこと。
本来、自由自在に創造することができる、それを忘れないこと。

自分が自在に創造することが出来るなら、もうその時は、過去には意味がない。
成就している神「私」が、世界を積極的に創造していくのだから、過去からのどんな運命にも振り回されるはずがない。影響されない。 なぜなら、
大成就している創造者は、完全、完璧なもののみを創造するから、
もうそこには因果律は存在しない。 
そこは本来因果(果因律)の神性の世界。

私は、神性を思い出し、神世界を顕すために此処に居る。
全うすべき天命とはこのことなのか・・・・と思いました。
きっと
決意を持って地上に降りてきたんだろうな、、、、でもずっと長い間、忘れてしまっていたのかぁ~。。。

そういえば・・・・
c0074000_2325015.gif


数年前、昌美先生が講演のため全国を回っておられましたが、 
その時、受付で直にご挨拶した時、 昌美先生が 「握手しましょうー!」と近づかれ握手をして下さいました。
 
「えーっ 嬉しい!」 と、口から勝手に言葉が飛び出すほど嬉しかったはずなのに、、、

私の前に昌美先生が立たれた瞬間、
一気に涙が どばーっ溢れて ほぼ号泣状態。。。。自分でも驚いた(笑)。
今思い出すと恥ずかしい~(― ―;)

まだ自分が何も働いていないような気がして。 昌美先生に申し訳なくて、すみませんという気持ちでいっぱいになっていました。 昌美先生と目を合わせることが出来なかった。。。。ううぅ・・・(T_T)


今 やっと天命の意味が分かってきたところ。 
ここまで来たけど、これからが本当の本番、本当の働き なんだ。きっと。  しみじみ。。。

私は成就している 私は創造する 我即愛也 我即叡智也 我即成功也

c0074000_22584312.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-17 23:03 | 真理について思ったこと

パフェとプリン☆

100均で見つけたエッグスタンドで 粘土でパフェを作ってみました。

c0074000_21522991.jpg



パイナップル、イチゴ、さくらんぼ、ビスケットにアイスに・・・いろいろ作って どんどん乗せていったら、
いっぱいになって満員御礼?状態。  
せっかく作ったメロンやビスケットが余ってしまいました。

そいじゃ、次は・・・・

c0074000_21563978.jpg


残っていた粘土も使い、プリンを作りました。 無理やり?お皿に詰め込んだ感じ・・・(笑)

クリーム用の粘土もあるのだけど、絞り袋で絞るのが面倒だったので、(^_^;) 
そのまま白粘土でクリームを。。。 ちょっとお餅っぽいクリームだ・・・。 ニスでも塗ろうか。

ふむふむ・・・・・これ教材になりそうだ。  やったー♪

c0074000_221353.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-13 22:05 | 人形作りの話

 ”ない” から ”ある”へ リハビリ☆

c0074000_22423246.gif

今まで、無限なるものすべて&大成就 とは、
どこか特別な世界、神様の世界から(贈り物のように?)降りてくる
・・・・そんな気がしてたけれど、、、
でも、本当は、自分の中にもともとある、自分の中にいつもある・・・ 
と思うようになりました。
 
長い間、「無限なる○○ 」をどう捉えていいのか分からなかったのだけど、
自分の中にあるんだ・・・と思ったら、なんだか気持ちが落ち着いた。(笑)

 いま、やっとここまで来たような気がする~。。。ほっ・・・(^_^;)
c0074000_22431540.gif


・・・・・ 意識の活動(「想い」って言えばいいのかな) が体験するものを創りだす。
だから、
無限なる神性を顕すためには、それがあることを認める、信じる。 
“ない”、という想いを “在る” に変える。 
意識をいつも“在る”ことを前提にした状態にする。   (うー、ここからまたリハビリだ~っ。)


自分の中にすべてが存在し、それを表に顕すのは、、、自分の意識。 すべては意識次第。

神意識を選び、無限なるものを認めれば、私は果因律の世界に居る。
その時 
その場には因果律のカルマは存在しない。過去はない。 意識が上昇してるから。

“ない” という間違った選択を  
無限なるものすべては「私」の内に “ある” という正しい方に戻さねば・・・・。
意識を本来の状態に復帰させる。 またこれからだ~。。。
 

私は神であり、無限なるものすべては内在している  だから、

我即愛也 我即成功也 我即健康也 我即叡智也 我即大成就也・・・
すべては必ずよくなる、絶対大丈夫、大成就

c0074000_22451681.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-10 22:49 | 真理について思ったこと

卒業するために☆言霊・神語


c0074000_19394784.jpg
・・・・・・・・
生活の豊かさを引き出すほどの無限なる可能性に意識を集中しているため、過去の常識や固定観念に捉われている自分から卒業し、やがて自分に信じられないほどの無限なるすべてが調ってくることを知るのだ。

本来、貧困も困窮もないのである、そのための苦しみも悲しみも挫折も病もなくなってゆくのである、という究極の真理に自らが自らを導いていったのである。
そして昔の潜在意識に刻まれていた感情想念が、“ある”と思っている意識が、今では貧困も苦悩も全く認めていない、そのような自分が存在していることに驚くのである。


自分を信じる意識があれば どんな不条理の中でも成就は達成する

かつておとぎ話に描かれた「打ち出の小槌」は、この世の中にはあり得ないのである。
何事も、いかなる苦悩や困難、状況といえども一つ一つ逃げず、騒がず、不安や恐怖せず、真剣に受け入れ、処理しつづけてゆけば、必ず成るように成る。
即ち真理の法則に従って無限なる成就が達成されてゆくのである。



「人間は、“自らの運命は自らが創造し、築き上げてゆくものである” という真理を知ったとき、初めて自らの運命の支配者となるのである。人生の本道に行き着くのである。
 そのためにも、自ら内在せる無限なる能力の宝庫を永遠に眠らせたまま、放置しておいてはならないのである。」
昌美先生の法話から


自分を信じる 我即神也を信じる 自分の中の無限の宝庫を信じる
意識を光明に改革していく
その成就を信じて、人事をつくす・・・・ことで、
 
真理の法則に従って無限なる成就が達成されていく

やっぱり意識改革だ。  過去の常識や固定観念から卒業せねば。。。。

卒業するための言霊、神語。  だから繰り返す。 うん、 納得!
c0074000_19364824.gif

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-08 19:41 | 真理について思ったこと

創造する側の 意識で・・・2)

c0074000_13503258.jpg


私は光から来た者、私は神そのもの。
私は何処であろうと、いつであろうと、肉体を持ったまま神の姿を顕すばかり。 
私には過去はなく、カルマもない。私は光だけですべてを描ききる。私が描く世界が五井先生の説かれた平和の世界。


私は光から来た者、光を形に顕し、光に帰るもの。
カルマが創った場であろうと、私は何でも創造できる。自由に創造できる。 
私は世の光、人の心の神性を照らす光である。
光が形となると、愛、真理、叡智、健康、・・・・・



今までは、肉体にいる私が神界の神「私」に向けて意識を上げて繋がろうとしていたのだけど、
ふと・・・・神界の神「私」が地上に向けて意識を降ろし肉体に納まっている・・・・とイメージしてみた。

私は光から来たもの。光を形に顕し、光に帰るもの。

「私」という意識が今ここに降りて、肉体に納まり生きていて、  
「私」は肉体を通して創造活動を行う。 
形の世界という制限はあるけど、
「私」は自由に肉体を使って、 言葉、想念、行為を通して創造している。
「私」は常に創造している。
 
創造する側の意識で自分の身の回り、社会、世界を観てみると、ちょっと面白い♪
 不思議な感じ。
目にするものは私の創造したもの。私の意識の結果。 
その気になれば、自分の思った通りに行動し、表現することができるはずなのだけど、 
現実世界の常識やそれに伴う不安や怖れがブレーキをかけている。 
世間の常識や自己限定というのは重いものなのだなぁ・・・と感じました。 と同時にその時・・・・、

創造する者には責任があるんだ・・・と思いました。 (今頃気づくのも遅いんだけど・・・(笑)

我即神也を認める者の、・・・責任って言えばいいのか。。。(ちょっと重くなるな~。。。)
今まで、 自分自身が創造している・・・という認識が足りなかったようです。
だから言葉、想念、行為に責任感が足りなかった。 わお~っ まずいかも。。。。(;一_一) 

宇宙は自由意思、自由選択、
宇宙は無限で、すべてを私たちに提供してくれ、私たちは自由自在に生きることができる (はず)。
ただ、創造は自己責任を伴う のだ。。。

昨日は、法友の責任感のことを書いたばかりだけど・・・、 
私自身も足りないみたいだなぁ。
もっと自分を信じて、誇りを持たねば・・・・
神の分御霊として誇りを持って、これからは想念にも気を付けないとー。少しずつでも。。。。

我即神也 すべては必ずよくなる 絶対大丈夫、大成就 
c0074000_13505167.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-06 13:54 | 真理について思ったこと