消えてゆく姿を・・・☆

消えてゆく姿を 
過去を消して神になる       として行う・・・か、
そもそも究極の真理の前に過去はない  として行うのか
c0074000_223349100.gif


過去は(業想念は) 「私」が消すんじゃない、 消すのは守護の神霊のお仕事
「消えたんだ」 と思えなければ、守護霊さまに その荷物を預けてしまって、
それ以上想いの荷物を掴まないで、 いったん荷物のことを忘れるつもりで光の中に(祈りの中に)入ればいいのに。。。
と、消えてゆく姿と格闘している人を見ると そう思います。

大きな荷物の時は、そりゃぁ光の中、祈りの中に入るのには時間もかかるけど、
今は印や呼吸法もある・・・・ 

人間は本来神の分御霊 なのだと知ったら、それ以外は消えてゆく姿なのだから、
消え去っていくものへ意識を向けたってしょうがない。
分御霊の方へ どんどん意識を向けなくては。

人間は本来分御霊 と知った時から、もう果因説が始まっているんだと思う。
あとは、 因果律から果因律への思考回路の転換。
これが一番やっかいなのか。。。。
いずれにしたって、消えてゆく姿の教えはとても大切なもの。
入り易く判り易い教えだけど、深い。 これがなければ果因説もやっていけない。
意識の切り替えもできない。
c0074000_22351170.jpg


宣言と印。

継続が大切だなーと思う。 怠けると、ささいなことで心が重くなってくる。
宣言や印を組んだ後の、スコーンと突き抜けたような軽さが好きです。
だから毎日続けて行けるのだと思います。
宣言が、少しずつ自分の言葉のように語れるようになってきました。 ちょっと嬉しい♪

自分が自分に向かって発する。 自分以外の誰かに言うわけではない。
誰かに納得してもらうために言うのでもない。
だから、どんな自分であろうとも、それは気にせず堂々と 

「我即神也」 「私は本来神である、神そのものである。 本来完璧そのものである。
まったく完璧に大調和された神そのものである。」
と宣言。

果因説を信じて、言霊を信じて。

講師、導師、たまに研究員の方の いろんな講話を聴いてきたけど、
みなそれぞれタイプが違う方々。だから真理の説明もそれぞれ違う。
今は、どんな講話を聴いても、読んでも 以前のようにグラグラ揺れることがなくなりました。
自分に合ったやり方を掴んだから。 自分の選んだ真理への取り組み方を信じます。
あとは、昌美先生の毎月の法話に沿って、意識を上昇していけるよう果因説、言霊を信じてやっていく・・・のみ。

自立、目指してまっす!

c0074000_22362369.gif

[PR]

by mppoe-light | 2011-10-28 22:40 | 真理について思ったこと

嬉し恥ずかし・・・ロリータ☆☆☆

サンタクロース、干支のお人形の次は・・・
 
ついに、 

ロリータ・・・☆

今人気の(もしかして少数派だろうか?) ロリータファッションです。
その中でも ゴスロリ(ゴシックロリータ)系 気に入っています。 検索してみたら、
どれもみんな可愛いくて、写真をみてるだけで ワクワク♪



c0074000_1952951.jpg
今、この衣装を真似たドレスを着たお人形を作っています。
お気に入りのドレスで人形を作るのって、 楽しい (●^o^●)
子供の時に楽しんでいた 着せ替え人形遊びに近いものがあります。











c0074000_19104550.jpg


こっちは 甘系ロリータ 。 淡いピンクが可愛いです。 椅子に座らせて帽子を被せようかな・・・。

c0074000_1911867.jpg

                   ↑ 黒じゃなくて パステルカラー調にしてもいいかも。


c0074000_19181556.jpg

ロリータにしては 落ち着いたデザインです。(^-^)  
もう10年若かったら着れたかもしれないけど?

もう無理~・・・ 

私には( ̄▽ ̄;)既にありえないデザイン、 胴回りの肉が・・・・肉がじゃまっ!

お人形に着せて 楽しみます!
 
[PR]

by mppoe-light | 2011-10-25 19:39 | 人形作りの話

「過去はなく、カルマもない」 

c0074000_2158646.gif

 <完全・完璧・大調和 から>

 赦しとは、現象に関わらず、真理を知ろうとすることである。
赦さないとは、現象を宇宙神の真理に優先させることである。
現象は過去の意識の結果である。
過去の意識とは、自分が信じたこと、自分が貼り付けたレッテル(定義、評価、価値判断)である。
それらは、神から離れて、物質的な自分が思考したことである。

 あなたは過去の意識から、過去の現象から赦されている。
神の視点からすれば、あなたに過去はなく、罪穢れなし。
神の視点である果因説があるところ、カルマの原因ー結果はない。
赦しとは、神の視点、果因説を受け入れることである。

c0074000_21461635.gif


神の視点 果因律からすれば、「過去はない」  
神の場からすれば 過去はなく、カルマもない
我即神也の『私』 とカルマ側の「私」は両立、共存しない。
我即神也の『私』には、過去はなく、カルマもない。
『私』は光だけですべてを描ききる、
『私』が描く世界が五井先生の説かれた平和の世界、 
完全・完璧・大調和の世界

と言いつつも・・・・
「過去はない」 って言っても 「でもやっぱり過去がある」 って思える。
だって、相変わらず消えてゆく姿は現れている、今までと変わらない気がする ・・・・
祈っていても、印を組んでいても 
神意識とは同時に存在しないはずの 過去・カルマ はまだあり、重なってる気がする


もう一度 五井先生の講話を思い出してみる

神様を知って、自分が神の分け命だと知ったその日からはね、業はないんです、本当は。
それを信じなきゃいけません。


もう一度 今年の神示を思い出してみる

本来、我即神也の私は、あらゆる世界情勢に対して、あるいは自らの人生に生ずるあらゆる出来事に対して、すべてを心して受け止められる存在。
そればかりか、何かが起きたときに「すべては大成就」と意識することにより、
宇宙神の聖にして神秘なる力によってその真理は天に刻印され、あらゆることを光に変容できる存在。


神の視点である果因説があるところ、カルマの原因ー結果はない。

昌美先生が話された 「過去はない」とは、 神の視点、果因説からみた私たちのこと。
果因説が出たことで、私たちは 自分を過去から解放することができる

自らに対する不信感をも徹底的に光明へと変容しつづけ、究極の真理「我即神也」「人類即神也」を絶対なるものに極めることが重要である。(今月の法話)

c0074000_2147356.gif

 「私の意志ではなく、神の御心のままになさしめ給え」とは、「自分の判断ではなく、神の視点を受け入れます」ということである。それは「自分を赦します」ということである。それはカルマの法則が成就することではない。「神の御心が隅々まで成就します。大成就!」ということである。神の御心は完全・完璧・大調和・至福である。

 神の御心によれば、あなたは完全・完璧・大調和の神である。あなたは至福に包まれた神である。現象が不完全であったとしても、絶対大丈夫。自己改造の必要すらない。未だ、自分の完全・完璧・大調和性を認めていないだけだ。未だそれを宣言していないだけだ。それは認めて、宣言すれば足りることである。あなたの神性は宇宙神の神性のすべてである。あなたの神性に量的な限りはない。

 宇宙神の御心によれば、
『神人がこれから受け取ることは、すべて善きことのみ、幸せのみ、成功のみ、繁栄のみ、、、、、、である。仮に病に侵されようとも、自らの内にある無限なる治癒力により、癒されてゆくのである。一人一人の神人が当然に受け取るものである』。
『  』白光2008-03 



究極の真理を深め、絶対なるものへと極めて
今年の神示 「何かが起きたときに「すべては大成就」と意識すること」 により、
「私」は あらゆることを光に変容できる存在に。

そうなったとき、私には「過去はない」 と実感できるのかも。


 
『私』は『光に包まれ、光の世界で生きつづける』。
『私』は光を浴び、光を放ちつづける。
『私』は光に導かれ、人類を光で導きつづける。

 『私』は『善なるもの、真理そのもの、愛そのもの、
光そのもの、赦しそのもの、感謝そのもの』。

 『私』は完全・完璧・大調和の神そのもの。
 『私』は至福の神そのもの。
 『私』は真理の神そのものである。


 自分を愛するとは、『私』のすべてを知ることである。
 自分を愛するとは、『私』のすべてを宣言することである。
 
mixiピタゴラスさん
c0074000_21482789.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-10-21 21:58 | ピタゴラスさん啓示録から

ガウディから人形まで☆どーってことない独り言。。。

c0074000_21152832.gif

                「いらっしゃいませ☆ 今日も、ありがとうぅございます♪」 


お人形を作りながら
人間のボディには直線はないみたい・・・ と思うようになりました。

真っ直ぐに見えるところ、(足とか腕など)  骨を見れば、なるほど真っ直ぐに見えます。 
大腿骨も棒状で直線的だけど・・・
でも骨にお肉 (筋肉や脂肪)が乗っかった人形の腕や足を作っていると
真っ直ぐな腕より 少し曲げて作った腕の方が自然な感じがします。
どんなに真っ直ぐに伸びた足を作るときも、 少し曲げた方が面白い。

きっと 人間って、真っ直ぐビシッとした姿勢はほとんどしていないんだ。
それに 
曲がったり歪んだりしている手足は 動きを感じるし強さを感じる。

で、、、
創作人形の多くは 粘土でボディをつくります。 作り方は もっぱら、アルミ線や銅線で芯を作りそこに粘土で肉付けしていくのですが、 そのせいなのか・・・
だいたいお人形の姿勢が良いのです。 
創作人形の世界では、本来 お人形は自立(自分でまっすぐ立っていること)が常識のようで、 それは人形全体のバランスが良いという証拠。
もし
お人形のポーズを自分が表現したいイメージで ボディ、手足を
(それこそ ガウディみたいに?) 曲げたり傾けたりしたら・・・・
やっぱり自立は無理かなぁ・・・・
そう思うと・・・・お人形の世界も 「ちょっと不自由だなー」 (p_-)・・・と思ってしまう。。。 
そのせいか
この頃ネットでは 造形アートを観て楽しんでいます。
c0074000_2121375.gif

他に・・・・最近   
木彫りに挑戦してみようかな・・・☆と密かに企てておりまして。(前からやってみたいと思ってて)ヽ(^。^)ノ   
以前、フィギュアの作り方を教えてほしいという男の子がいたのですが、 その彼が自宅内に木彫りの工房を建築中とのこと。 彼のお父さんは宮大工さんで(かっこいいぃ~♪) 彼もかなりの腕前なんだそうです。
 なんだかワクワクする~♪  
ただ
お人形作りも粘土を替えて2種類になったうえに、さらに木彫りに手を出したら・・・・
部屋がますます片付かなくなりそう ・・・・だっ ☆ (~_~;)。。。。足の踏み場が ない!

円周率から お人形まで あれこれ思う・・・秋の夜長 ☆ (●^^●)

c0074000_21174235.jpg
 
[PR]

by mppoe-light | 2011-10-20 21:25 | 人形作りの話

10兆桁からガウディまで ☆

c0074000_21233267.gif

先日、新聞に 円周率計算10兆桁達成 ギネス更新の記事が載ってました。
達成したのは 一般の会社員。 (そういえば・・・一度TVで見たことがある。)
自宅の部屋で パソコンを数台つないで計算するそうです。
今回は、1年かけて10兆桁計算をし、自己の持つ記録5兆桁を更新
パソコンの熱で部屋は40度近くになるほどで・・・月の電気代は3万円だったとか。
わおぉ~
その会社員の方が言われるには・・・、 
計算されて出てきた数字の並びには、規則性が登場したりして、その数字の並びにロマンを感じておられるようでした。
で、円周率で思い出したのが、

 工業製品の製造過程で たとえば 車のタイヤやホイールを製造する際には 円周率の桁数は決められていて(4桁?6桁?だったかな) それに則って製造されているそうです。 規格。
10兆桁計算しても割り切れない円周率の 3,141592 を使って製造する・・・

ということは タイヤは 完璧な円の状態ではないのかな?
えっ、それでは 人間は、完全な円を作れないの???
でも、 コンパスで丸を描けば円ができるよ。 うーん、(ーー;)
ま、 
タイヤはちゃんと回転してくれて、 車は走るのだから それでいいよね。(笑)
c0074000_21242141.gif

で、 円周率から次に思い出したのが・・・
そもそも地球上(自然界)に直線って存在しないのでは?・・・・ ということ。
c0074000_21333894.gif

これは以前から建築家ガウディの建築物を観てて思っていたことで、
ガウディの造形には直線がなく どれもこれも曲がったり傾いたりしています。
柱もみな曲がってるのに、ちゃんと建物を支えています。
徹底的に計算され、検証された上の建築だったようです。 ガウディすごーい!
で、 
ガウディの考えを知ってから、 
直線は人間が作ったもので、そもそも地球上には曲線しか存在していない・・・と思ってて。
それに、
地球には、目には見えないけど回転のエネルギー(コリオリ?とかなんとかの力)が働いていて、 (ハリケーンが渦を巻くのは そのせいで・・・。)  その渦巻きの回転エネルギーがあるのだから、だから、きっと自然界には直線はない・・・のだ。 
と、
そんなことを なんとなーく考えてしまって・・・。 直線、曲線の何がそんなに大事なの?って思われそうですが、これが 
次にお人形つくりの話に発展して。。。
つづく☆
 
c0074000_21293843.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-10-18 21:34 | どってことない話☆

ちょっと早いけど・・・マスコット☆

ネットで見つけたサンタの写真  可愛いー!!!! 

c0074000_19184258.jpg


木製のボディにフェルトで赤いサンタの衣装がつけてあるみたいです。
これを粘土で作ってみました。  少し早いけど、教材用です。(*^_^*)

c0074000_19242823.jpg



c0074000_19254316.jpg

ボディ部分が乾かないまま、急いで頭をのっけたら、重さで後ろに傾いている。。。(笑)


サンタといっしょにこっちも作りました。  

c0074000_19312043.jpg

先日、うちに寄った姉に見せたら

「可愛いーね! こんなのがいい!、 私の好み♪」        (やったー♪  ヽ(^。^)ノ)

「で・・・



これ、何?」




 え・・・・? ( ̄  ̄;)  

ま、いいか、(^_^;) 可愛いならそれが一番だ! 

来年の干支。 和布で作ったマスコット ↓ をそのまま真似て粘土で作ったマスコット でした☆↑

c0074000_19581883.jpg


今年もあと 2か月と半分。 早いなー。
 
[PR]

by mppoe-light | 2011-10-17 20:09 | 人形作りの話

「真に生きるならば・・・」 のつづき☆

c0074000_20571238.gif

いずれも、現象を整えることによって幸福になろうとしている。しかも、その意識には、「幸福になれないとどうしよう」という恐怖心が付きまとっているのである。すべて因果律の思考方法である。

さっきまで 我即神也 に意識を向けていたはずなのに、 現象に反応して出てきた想念は、恐れ、不安、罪悪感を元にして発生した想念。
あっという間に「我即神也」は吹っ飛んで、ほぼ条件反射(^_^;)のように湧き出す否定的な感情、 
無意識というか、自動的に反応してしまっている。。。(;一_一) うぅ・・・。
c0074000_20435247.gifどんだけ 恐れや罪悪感が根深いんだか、、、(T T) 
が、しかし!
底なしのように思える業想念も、果因律には敵わないのだっ・・・! ふっふっふっ・・・

どんなに深い罪悪感も、 「我即神也」を がっちり つかんでしまえば、
もうその場にはカルマはないのだっ
果因律の前には、カルマの多さ、深さは もう関係ないのだっ
あとは、どこまで「我即神也」を自分のものにするか・・・・っ 

目の前の現象が何であれ、『消えてゆく姿』を行じるから、『私』は現象に影響されない。『消え去ることのない姿』『そのままの姿』それが『我即神也』である。それは至福である。

輪廻転生によって築かれた否定的想念の習慣性を、自らが覆してゆかなければ、今生におけるすべてを終了し、完結させることは出来ないのである。
究極の真理「我即神也」 「人類即神也」を絶対なるものに極めることが重要である。
<今月の昌美先生の法話から>

祈れる私は 光そのもの 真理そのもの 神の器そのものなり
故に、いかなる時も宇宙神の光に包まれている
私○○を侵すものは一切何もない


よって 結論、
c0074000_20433061.gifこれからも こつこつ 言霊(神語)、印を繰り返すのみ。

おしっ まとまった 決まった☆
c0074000_20475868.gif

[PR]

by mppoe-light | 2011-10-14 20:58 | ピタゴラスさん啓示録から

「真に生きるならば・・・」

c0074000_22272893.gif

自分を赦すとは、自分から神性以外の定義を手放すこと。
自分を愛するとは、自分の神性のすべてを知ること。
真理を知るとは、自分の神性のすべてを知ること。

 真理を知るとは、因縁因果を知ることではない。因縁因果という夢の世界から目覚めることである。果因説に目覚めることである。宇宙神に抱擁された、宇宙神の愛し子(めぐしご)として、自分を見ることである。

 宇宙神の創造は完全・完璧・大調和である。『私』はその只中にいる。永遠に至るまで、『私』はそこにいる。『私』は他の世界に行くことはなく、行く必要もない。
『私』のいるところ、すべては完全・完璧・大調和である。

『いかなる状態にあろうとも、即その奥に完全なる肉体、完全なる状況、完全なる環境を自らが感じ取ってゆくことである』 (2000-4 P.50

 実感、実際、現実は意識の結果である。つまり、目の前の姿は消えてゆく姿。
そして、
『神の姿・我即神也』は必ず、『後から光明燦然と顕現されてくるのである』(2000-4 P.50)。

現象があって、それに反応することが生きることではない。真に生きるならば、意識が先行する。意識活動は、観念論では絶対に終わらない。殊に言霊があるならば、現実世界は必ずよくなるのである。
「現実・実績がなければ、大それたことを宣言してはならない」と囁くのは自我である。現実・実績がないにもかかわらず、
『自分は本来完全なのだ。完璧なのだ。何一つ欠けたるものはないのだ。すべては完璧に整えられているのだ』(2000-4 P.50)
と真理の宣言をすることを習慣としてゆけばいいのである。

 『私』について真理を宣言できるならば、即『私達人類』についての宣言もできるのである。『私』が神ならば、即『人類即神也』なのである。 

 00があれば幸せになれる。××がなければ幸せになれる。00を所有すれば幸せになれる。
このように、一般に人は現象があって、それに反応する幸福を求めている。自ら設定した良い条件を満たすことによって、幸福になろうとしている。また、自ら設定した、悪い条件から開放されることによって、幸福になろうとしている。いずれも、現象を整えることによって幸福になろうとしている。
しかも、その意識には、「幸福になれないとどうしよう」という恐怖心が付きまとっているのである。
すべて因果律の思考方法である。

 ここに登場するのが果因説。思考回路が全く逆。太初(はじめ)に無限なる幸福ありき。
『私』は無限なる幸福そのもの。
『私』は幸福そのものとして宇宙神と共にある。『私』の心には、無限なる幸福が溢れている。
『私』の存在そのものが幸福であり、至福感に包まれたのが『私』の存在である。
目の前の現象が何であれ、『消えてゆく姿』を行じるから、『私』は現象に影響されない。『消え去ることのない姿』『そのままの姿』それが『我即神也』である。それは至福である。
 ピタゴラスさんの 至福 から

          
c0074000_2231196.gif


現象があって、それに反応することが生きることではない。真に生きるならば、意識が先行する。意識活動は、観念論では絶対に終わらない。殊に言霊があるならば、現実世界は必ずよくなるのである。
この部分が好きで、何度も読んでるところ。

本当に“生きる”ためには(自分の生命を活かすためには) どうすればいいのかなーと思ってるので、
真に生きるならば、意識が先行する
この言葉が、とくに気に入っているのだけど 気になってもいる部分。
 
日常を暮らすためには、発生する物事にちゃんと対応して、きちんと処理していかなければなりません。それは常に 自分の外側と関わることばかり。 ま、当然のことなんだけど。(ーー;)
外側の関わりは、
仕事であったり、ご近所のお付き合いであったり、友人との交流、家族との関わり・・・などなど、自分の外側。

現象があって、それに反応することが生きることではない。
この 反応する(無意識に反応してしまうのだけど(^_^;)) の意味は、解ることは解るのだけど・・・・、
では具体的に どうやればいいのかー、。。。 意識を先にするってことは、 つまりは・・・

五井先生が教えて下さった、祈り心で生きる ということと同じなのか。
いつでも何処でも  消えてゆく姿で世界平和の祈り、 消えてゆく姿で「我即神也」
いつもいつも 自分が光の子であることを忘れないように、

『いかなる状態にあろうとも、即その奥に完全なる肉体、完全なる状況、完全なる環境を自らが感じ取ってゆくことである』 (2000-4 P.50

無意識に生きることが どれだけ危なっかしいことか。
意識的に生きることは、いかなる状態であろうとも、自分が「我即神也」 であることを思い出すこと。 
 んー、、、
やっぱりこれって 「我即神也」の理解を深め、自分のものにしていく以外にないのだ☆。

で、
つづく☆
c0074000_22322253.gif

[PR]

by mppoe-light | 2011-10-13 22:41 | ピタゴラスさん啓示録から

百万遍の繰り返し

c0074000_21545665.jpg

昨日と同じ 昌美先生の法話、まったく同じ部分。

魂を絞るほどに意識を集中し、
一つ一つの神示の言の葉心を込め、魂を入れ込み、
「それを必ず実現せしめる!」 という固い信念を持って、
自分の脳裏にはっきりと焼きつくように光明の世界を描き出し発する言葉こそ
真の言霊である。
それこそがすべての不可能を可能とし、絶対的に神の世界を今生に顕現せしめる言霊の威力である。



「自分の脳裏にはっきりと焼きつくように光明の世界を描き出し発する言葉」

宣言をしている時に、言葉一つ一つに意識を込めて集中してやろうと思うと、
具体的なイメージがあればいいな と思います。 でも、 
絶対の光明の世界、神の世界、など・・・・体験したことない。  

手がかりは
、無限なる愛 無限なる光 無限なる輝き いのち 能力 ・・・・光明の言葉
私は光り輝き、人類に、いと高き神の無限なる愛を放ちつづける

すべては必ずよくなる
絶対大丈夫 大成就    

まずは繰り返すこと かな・・・と思ってたら、


そのためには、まず何回、何十回、何百回、何千回、何万回と真理の言霊を発しつづけることによって、いつの間にか自分自身が自らの神性に気づき、目覚め、強く信ずることが出来るようになるのである。 
法然上人が言われた、百万遍のナムアミダブツと同じである。

あ、
今月号にちゃんと書いてありました。。(ーー;)

百万遍のナムアミダブツと同じである
イメージを求めるなら、百万遍繰り返してから。

c0074000_21505583.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-10-05 21:57 | どってことない話☆

・・・・今月の法話を読んで☆

c0074000_2212112.gif


c0074000_2224261.gif

魂を絞るほどに意識を集中し、
一つ一つの神示の言の葉に心を込め、魂を入れ込み、
「それを必ず実現せしめる!」 という固い信念を持って、
自分の脳裏にはっきりと焼きつくように光明の世界を描き出し発する言葉こそ
真の言霊である。
それこそがすべての不可能を可能とし、
絶対的に神の世界を今生に顕現せしめる言霊の威力である。


輪廻転生によって築かれた否定的想念の習慣性を、自らが覆してゆかなければ、
今生におけるすべてを終了し、完結させることは出来ないのである。<今月の法話から>


自分の脳裏にはっきりと焼きつくように光明の世界を描き出し発する言葉
集中力と強力な信念が絶対に必要なのだ・・・・と思いました。
今のとこ まだ甘い私です。 

(へらへら ぶたのイラストを貼り付けてる場合ではない・・・。。。。汗) 

それでも
今月号が届いてから、毎晩、同じ部分を繰り返し読んでいます。
気が済むまで読み続けます。
c0074000_2232027.gif


mixiぴたごらすさん から

習慣の想いが否定しなければ、無限なる神性はそのまま在る。
 『私』は神そのものである。『私』がいるところ、神性が溢れかえり、神性で輝きわたっている。
すべては完全・完璧・大調和なり。『私』は至福に包まれ、喜びだけが湧き起こってくる。
『私』は在りて、在るものである。神性も在りて、在るものである。
神の『私』も、『私の神性』も『神の平和な世界』もそのまま、眼前に在るものだ。
神性以外のものの居所は一切無い。



『私』がいるところ、神性が溢れかえり、神性で輝きわたっている。
喜びだけが湧き起こってくる。


読んでいると、神性の圧倒的なパワーを感じます、さっそくまた言霊として使わせて頂きます☆

7月の行事の言霊を含め、宣言文や神語を宣言したり、
呼吸法の印を組んでいると 時々、自分の神性に圧倒されそうな気分になります。

自分は神で、完全完璧で 大調和で無限なるものすべて・・・と 思うと、
抱えてる制約が邪魔で、自分自身から飛び出したら自由かな・・・と思ってると
体が吹っ飛びそうな感覚に。(笑) 
または、 宣言していて、自分が神であることに びっくりしてしまい
(毎日そう宣言してるのに・・・(^_^;)
硬直して一点を見つめてたり・・・ あるいは ちょっと震えたり・・・?(笑)

そんな気持ちの原因は 心の中に不安や恐れがあるからみたい・・・だなぁと思い、、、

だから、

自らが自らの神、即ち「我即神也」に対する信をもっともっと強力にし、信を固め、
(今月の法話から)

やっぱりこれしかないんだ・・・・・と思う私です☆
c0074000_226936.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-10-04 22:12 | 真理について思ったこと