自分を信じることは・・・


自分を信じている人は強い、 自分の考えをためらいもなくストレートに現します。
思ったことを言葉に発するまでに躊躇もない。

それで思ったのが・・・・

c0074000_21492659.gif

先日、秋の展示会がありまして、
出品したお人形が、嬉しいことに好評で、多くの皆さんに褒めて頂きました。

皆に良い評価を頂いて嬉しくもあり、安心もしたわけです。 それまでは、これでいいかなぁ・・・とちょっと複雑な気持ちがあったのだけど、 周りの良い評価でほっとしたわけです。 

でも後になって、
こんなことでいいのかなぁ・・・・と思いました(;一_一)
自分の作品に「これだ!」と確信があれば、もっと自信をもって堂々と出品するのだけど・・・

「う~ん、、、周りの評価が伴わないと自分の作品に自信が持てないってヘンだな~ぁ 」

だいたい100%確信があれば、周りの評価、判断など気にはならないはず
自由に表現するはず。

でも、その確信したコトが正しいものではない場合はどうなるのだろうか・・・?

間違いだったと気がついた時にまた自信を失う・・・・
では、自分に自信を持つってどうすればいいのだろうか?


と、
ここまできて やっと気づきました。
また因果律の舞台の自分になってしまっている・・・。。(焦
おおぉお・・・
また やってしまった~ぁ 
消えてゆく姿の自分に自信を持てるわけがない、偽者の迷いの自分なんだから


<今月の昌美先生の法話から>

人類一人一人はもっともっと自分に自信と確信を持って生きなければならないのである。
自らが自らを知ることによって、本来の自分自身を発揮することが出来るようになるのである。


自らが自らを知る、は 「我即神也 」を知ること。
自分自身に対する誤った思い込みは、 「自分は神ではない 肉体のみの自分だ」 という人間観。

そうだったっ ・・・
自分に自信と確信を持って生きるためには、 「我即神也」を思い出さなければならない、
まずそれを信じなければならないんだった。

自分が 我即神也 であることをどれだけ信じているか、それが意識次元の高さなんだ・・・と
思う私です。

脱線しながらも、なんとか粘って軌道修正、 我即神也と宣言する。

我即神也 祈り、印 神語・・・・などを繰り返して本来の自分を思い出す、顕す。
今、果因説であることが有り難いです。 

業想念の波は高いけど・・・、 ううぅ・・・やらなければ・・・


c0074000_2271748.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-09-30 22:07 | 真理について思ったこと

写真・長崎爆心地公園

c0074000_20524464.jpg


wppcの前に、爆心地公園の写真です。

c0074000_20424885.jpg


c0074000_20431991.jpg


c0074000_2043569.jpg


c0074000_20442991.jpg


c0074000_20445452.jpg


c0074000_20531799.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-09-29 20:55 | 真理について思ったこと

写真☆ 8/8ピースフォーラムから

まず・・・・wppc前日に開催されたピースフォーラムから6枚

c0074000_2152372.jpg


c0074000_2243469.jpg


c0074000_2251323.jpg


c0074000_2255026.jpg


c0074000_2262683.jpg


c0074000_2265039.jpg



c0074000_2213850.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-09-28 22:14 | 真理について思ったこと

wppc写真590枚・・・!!!

広島・長崎wppcの写真が届きました。
c0074000_1237658.gif


法友のいくちゃんが広島に参加した際に、カメラマンのOさんと親しくなり
長崎のwppcの写真・ビデオを合わせて送ってもらったのだそう。

で、さっそくブログに載せようと 開けてみましたら・・・・
なんと!写真枚数590枚!

「うっ! これをどうブログに載せようか・・・・見るだけでもすごい量だ~。。。。」
c0074000_12424456.gif

 

こ、、今晩からコツコツ見て、(^_^;) 良さそうな写真をここで紹介して行こうと思います。

長崎wppcを中心にピックアップしてみます。

c0074000_12374112.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-09-28 12:43 | 真理について思ったこと

凹んでいないで何度もやり直す・・・

c0074000_21432483.jpg

「あれ、、、今は、どっちの自分だ? 」


”我即神也” は自分の内側のど真ん中にいる。 安定していてぶれない。
だからストレスも感じない。

気がついた時に意識の修正。
我即神也は いつも「今」、 過去はない。
だから常に新しい舞台、常に初めの一歩の気持ちで、 
我即神也を意識の真ん中に。

失敗しても、間違っても 凹んでないで何度でもやり直す。

カメの歩み状態だけど・・・・・( ̄  ̄;)wwwww
ともかく、リハビリは継続させねば。。

最近は もっと自分を愛せるように、自信が持てるように 自分で自分を讃えたりしてます。
自己賛美!
c0074000_21353535.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-09-25 21:48 | 真理について思ったこと

新しい舞台で生きるつもり☆

秋の展示会にまた今年も参加します。・・・・なんて、会員なので毎年出品していますが(笑)
今日は搬入日でした。
会場では朝からメンバーが集まり設営に大忙しです。

多くの人が集まれば、いろんなことが起こります。 
c0074000_21412384.gifストレスを感じてしまい、
うっかり消えてゆく姿の自分に落ち込むものの、
最近では復活も早くなった気がします♪(祝ー!)
c0074000_2142341.gif
 消えてゆく姿の自分を捨てて、新しい自分を築けばいいのだ
それでいいのだ♪ 我即神也

「舞台は新しいのだ!新しい舞台で生きるつもりになるのだ」

「我即神也、 私は神だから 愛の気持ちをもって相手に接します。
私は神だから 自分のことだけでなく、展示会全体のことを考えつつ 開催期間中も
実演、受付・・・などなど お手伝いをします。」

小さなことだけど、まずは宣言し、それからコツコツと・・・☆

我即愛也、我即調和也 我即平和也 我即喜び也 我即輝き也、そんな自分になったつもりで
コツコツやっていこう・・・・と思うこの頃。



c0074000_2157146.gif
[PR]

by mppoe-light | 2010-09-23 21:57 | 真理について思ったこと

写真☆ 人形が完成・・・シタ!

やっとお人形が完成しました。 (●^o^●)v
23日の搬入に間に合った! 毎年恒例の秋の展示会に出品します。

            バレリーナのたまごたちです☆↓
c0074000_1754634.jpg

           照明が明るすぎで色が飛んでしまい、バラが白バラに。。。。

c0074000_1761815.jpg
 
c0074000_176481.jpg

 
c0074000_1717431.gif
       
先月、この日記で製作中を公開した人形です。
        なんだかんだで・・・
        こんな風になりました。
c0074000_17132499.jpg


c0074000_17272424.gif

※ここだけコメント可にしてみました。  リドル☆ 
[PR]

by mppoe-light | 2010-09-19 17:29 | 人形作りの話

新しい自分を築くつもりでリハビリ☆


浄化から顕現へ
白光の祈りにはいつも三つの働きがある。
①カルマを浄化し、消す働き。
②自己の神性顕現の働き。
③人類を真理に目覚めさせる働き、
である。個人人類同時成道であるから、白光の祈りには常に三要素が
含まれている。
しかしながら、「消えてゆく姿で世界平和の祈り」では
①の個人的な救われに軸足があった。ある時、そのカルマの浄化から
神性顕現の方に、時代が求める重心が地球的規模で移動したのであっ
た。それは2006年9月24日第一回黎明祭のことであった。

西園寺昌美先生は説かれて曰く。

(黎明祭では)彼ら(神人)は過去の歴史を浄めるのではなく、輝かしい未来の一点のみを見つめ、それを現実に引きつけたのである。
その輝かしい未来とは、対立のない、すべてが大調和した平和な世界である。(白光誌2006年12月)

あとはいよいよ、人類の未来に輝かしき神の世界を顕わしてゆく
ことのみである。地球上かつてない輝かしき未来を創造していくこと
に全力を注いでいくのである。

『もうこれ以上過去を浄める必要はない、ほとんど浄め去った。
白光の大天命とは、種々さまざまなるマイナスの現象を祓い浄めることではない。
苦悩や悲惨さを浄める必要はない。汝らは人類一人一人を究極の真理に目覚めさせ、地球人類を救済するという任に当たるのである』(宇宙神の神示)。(白光誌2007年3月)

この時代の変化に、我々の思考回路を意識して合わせる必要がある。
現われた現象については、徹底した「消えてゆく姿」を行じるものの、自分から何かを浄めると言う発想を止めることだ。
業を光に対抗、拮抗する力と見ないことだ。我々の意識をフォーカスするポイントは『自己の神性と人類の神性を見つめること』のみである。
このポイントにエネルギーを集中することによって、我即神也は顕現を始める。
『煩悩を断ぜずして涅槃に入る』と言われるように、四次元的果因説では、因果の世界は汚れることも浄化されることもない(「不垢不浄」)ので『放っておいてよい』(同上、宇宙神の神示)。
我即神也の自己イメージに意識を集中するだけでいい。光明燦然たる神なる本心を呼び続ければよい。
自分の直霊より愛、英知、歓喜、幸せ、、、、、、が無限に溢れ出て、人類に光明を放つ姿を思い描けばいい。『見つめること。想うこと』だ。それが印であり、神事であり、祈りである。
2008/03/04

注1「生命光り輝け」P.10-15

注2 三次元的因果説の凡夫は、外なる現象に対して条件反射的に反応しながら、言葉・想念・行為を現わす。
四次元果因説の「我即神也」は内なる無限なる神性を、外なる現象界の言葉・想念・行為に顕現する。

啓示録Ⅰ から
*******************************************************
c0074000_10435011.gif
徹底した「消えてゆく姿」を行じるものの、自分から何かを浄めると言う発想を止めることだ。
業を光に対抗、拮抗する力と見ないことだ。
我々の意識をフォーカスするポイントは『自己の神性と人類の神性を見つめること』のみである。

このごろやっとこの意味が理解できるようになってきた・・・。。

果因説は、目に見えない神性側から思考していくようにしないと。。。因果説の穴に落ちる(T T)
リハビリが欠かせない。


因縁因果の自分を一度ご破算にして、(消えてゆく姿として諦めて、捨ててしまって、)
新しい舞台に本来の自分自身を映し出す。
古い自分を修正するとか修復とか再構築するということはないのだ!(よく混乱してしまうけど)
本来の自分はすでに完成されたものだから。
c0074000_10553069.gif


*************************************************************

五井先生の講話集 地球の未来と人類の進化 新しい世界を築く から

これから世界は、古い世界がそのまま改造されていくのではないのです。
古い世界のしきたりの習慣の想いの世界、それをそのまま引き継いで、それが少しずつ良くなっていく・・・・という形ではないのですよね、新しい力新しい世界が築き上げられる
ですから、ここんとこが非常に難しいところでありましてね、個人個人はもとより国家人類となると・・・・(省略)非常に難しい。
そこで、
どうにもならない世界をどうにかするにはどうしたらいいか・・・・というと、 
新しい世界を改めて築き直さなければ駄目なんです。
古い世界が直っていくんじゃなくて、それが消えてゆくと同時に新しい世界がぽっかりと出来上がっていく。

********************************************************
この内容を個人に置き換えれば、 古い自分を(因縁因果の自分を)改造し直していくのではなくて、新しい自分(本来の自分である神性)を築き上げる。

・・・・ということで、、今の自分は我即神也のリハビリに取り組む。
c0074000_10482337.gif


**********************************************************
『事実は真実の敵なり』 から  (ピーさん mixi 9/8)

 自己認識においては、人類は「我即人間也」という事実を認めてしまって、「我即神也」と言う真理を忘れてしまったのである。
 現象(過去)は事実ではあるものの、因縁因果と言う限定的な状況での出来事である。何度も何年も続こうが、現象は一時的・限定的なことである。それは真理そのものではない。その中で人類は自分自身を見誤ってきたのである。

 我々は神性顕現を目指しながら、それとは逆方向の自分の姿に愕然とすることがある。
その場合、たいてい次のように考える、「自分に欠けているものは何か。至らないところは何か。自分はやはり凡夫なのか」と。このような発想は人類の歴史の中で何千年も繰り返されてきた。しかし、21世紀も同じ発想でいいのだろうか。

 「我即神也」の真理は、『リハビリを要する自己認識の問題』なのである。真理は一時的・限定的なものではない。無条件で既に成立している久遠のものである。

 全託とは「過去の記憶をすべて手放し、カルマによる生き方を放棄し、生命の根源的記憶である我即神也に基づいていきます」と言うことである。
宇宙の初めよりつづく「我即神也」には過去の汚れはない。「我即神也」には光明のみ、神性のみが刻印されている。『私』は過去によって汚されることなく、神性だけが『私』を貫き通している。『私』は自分の言葉で自分の現実を創り続ける神である。

 真に自分を知ることは真理を知ることである。それは自分を赦し愛することである。それは「我即神也」に尽きる。愛に溢れた世界を望むならば、先ず自分自身を愛することだ。


自分が自分を愛すれば愛するほど、世界平和が現実のものとなって来る。我々の旅は自己認識の旅である。しかし、観念論の旅ではない。自己認識を現実化する旅である。かねてから、人類は自己認識を現実化してきた。これからは、正しい自己認識を現実化してゆくのである。正しい自己認識によって「我即神也」を顕現してゆくのである。 

**********************************************************
全託とは「過去の記憶をすべて手放し、カルマによる生き方を放棄し、生命の根源的記憶である我即神也に基づいていきます」と言うことである。
この生き方を目指して、リハビリを継続せねば。。。と思うこの頃・・・・・

我即神也 我即愛也、我即真理也、我即光也

c0074000_10515878.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-09-11 11:01 | ピタゴラスさん啓示録から

今月の指針を読みながら・・・ひとりごと。。。

c0074000_2216542.gif

”自らに誇りと品格を持て。”
今月の日々の指針からです。

自分が自分に誇りと品格を持たないと、自分の中の神さま、神性に申し訳ないです。
私が私の神性を汚してはならない。。。
と言うことは、、、人類すべてに神性があるのだから、すべての人が尊くて、偉大。
 (消えてゆく姿の部分を見なければ)

自分が自分の神性を疑ってはいけない、汚してはいけない・・・・そう思うなら、

”自らの言動行為に責任を持て。責任の持てぬことはすべて慎め。”


これは、「~であってはいけない」 とか「~ねばならない。」 とは違う。なぜなら、
果因説だから、 我即神也が大前提にあるから。

肉体は器、そう思っていると 毎日3次元に、肉体という器に入って活動している自分。
今生で自分が本当にやらなければならないことは何なんだろう・・・と思う。
それは、
本心と繋がって 現象世界に神ワールドを広げ強めること。
「今」、我即神也。 

c0074000_22201987.gif

ん、そーいえば今って・・・
振れている振り子が意識だとすると、一番エネルギーが強いのは真ん中。それが「今」なら
振れる両側は因縁因果の世界。 分かっていても両側に振れてしまう(;一_一)

うっ!いかん、いかん、我即神也は3次元ではなかった。。

うっかり因縁因果の穴に落ちるところだった・・・ふぅ~。。。

我即神也。
私が語る言葉は神そのものの言葉であり、私が発する想念は神そのものの想念であり、
私が表す行為は神そのものの行為である。

c0074000_22194248.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-09-07 22:23 | 真理について思ったこと