因果応報は軌道修正によるもの・・・

c0074000_1921853.jpg


カルマの相対性
 自己意識が肉体世界の自我に縛り付けられている限り、カルマの法則が成立する。
しかし、自己意識が肉体世界を離れ、「我即神也」を認めた瞬間、カルマの法則は成り立たなくなる。
カルマの法則は絶対法則ではなく、相対的法則なのである。カルマの法則と言えども、神の創造力を誤用したものである。創造力の誤用には、軌道修正が働く。それが因果応報のように見えるわけである。ところが、「我即神也」を認めると、軌道修正は不要となる。つまり、『因果律を手放すことは可能なのである』(注1)。
 
カルマを超えられるか否かは、自分の過去を赦すか否かにかかっている。過去を赦せることができれば、「制裁を受けても仕方がない」という思考を変えることができる。この潜在意識の「仕方がない」という思考こそがカルマを引き付けているのである。
『神は人類に対して、自らの過去を赦すよう説いている』(注1)のだから、積極的に過去の『自らを赦し』、『今』ある自己の神性を賞賛することである。果因説の生き方に徹することである。

 その真髄は「私は本来、神そのものである。光そのものである。真理そのものである。永遠の生命そのものである(我即神也、我即光也、我即真理也、我即永遠の生命也)」(注1)となる。この四次元の真理が三次元の因縁因果の相対的法則を超える絶対真理なのである。
 
現実の世界は、次から次へと様々なトラブルが舞い込んでくるように見えるかもしれない。それを次から次へと光明の出来事が舞い込んでくる世界へと変えてゆくわけである。それにはそれ相応の思考訓練は必要である。しかし、それはこの世的な物質対物質、力対力、エネルギー対エネルギーという相手のある戦いではない。カルマ対光明の戦いでもない。自分との戦いでもない。自己意識内の訓練である。
 
西欧文明の思考は、弁証法であり、常に戦うことを要求する。しかし、果因説の思考は戦いや想念のバトルを止めることである。すでに完成した自己をイメージするところからすべてが始まる。現象界が不完全な自分であってもかまわない。ただし、不完全な自分を鍛えなおすわけではない。「今、私はすでに完全な神そのものである」と思って感謝し、喜べばいい。一風変わった修行のように見えるだろう。ご安心あれ。果因説の背後には宇宙子科学があるのだから。
 
喜びが涌いてこなければ、自分を尊敬するんだ。
『最初に自分を尊敬するところから始めよう。
まだ何もしていない自分を、
まだ実績のない自分を、
神として尊敬するんだ。』
(ニーチェの言葉のパロディ)
 
外なる何ものかを崇拝することは真理ではない。先ず、自分の内なる神性を崇拝する。『私』は自分の言葉で現実を創る神だ。この『私』を中心に人生を創り直す。神人たちは大変な天命を授かったものだ。果因説と言う前人未到の領域を前進する天命だ。
注1  2010-1 P.14-16  
 ピタゴラスさん
           
******************************************************************************
c0074000_19132373.jpg

カルマは神の創造力を間違って使用したもの。
軌道修正することで、バランスをとっている状態。

我即神也を認めれば、カルマの法則は意味がなくなる、軌道修正はもう必要ない
(リハビリは必要だけど)
なぜなら、そこは(我即神也)は本来因果が働く場、神性から来る光が創造してゆく場、
絶対真理の場になるから

と、言うことで・・・、

そうと分かったら、あとは自己意識内の訓練、リハビリあるのみです。


果因説の思考は戦いや想念のバトルを止めることである。すでに完成した自己をイメージするところからすべてが始まる。

心の中で葛藤が始まったら、まず我即神也に戻る。
壁にぶち当たったら、まず我即神也から始める

忘れないようにせねば。。。


が、、、
よくどこかに行ってしまうんですよね、飛んで行ってしまう・・・・我即神也の意識、
c0074000_19233083.gif(T T) 

訓練あるのみ!

我即神也、我即愛也、我即真理也、我即光也
c0074000_19193632.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-08-30 19:29 | ピタゴラスさん啓示録から

写真☆サンライズ

お盆に3日間 まったりと遊びに来ていた姪と、ありがたーい日の出を見ました。
その時の写真です。携帯だけど・・・(姪はしっかりデジカメを準備しておりましたが・・・)

前日、日の出を見に行く約束をして就寝。
二人して朝5時に起きて車に乗り、海岸へ。
(ま、歩いても10~15分くらいなんだけど・・・つい車で・・・(;一 一)

日の出時間は、5時38分

c0074000_21104748.jpg

        あたりはまだ少し薄暗いかんじ・・・

海岸には、私たちの他にも 5~6人の人がいました。中にはカメラを準備してる人も。
釣り人も数名。 目立たないように印を組んだりして・・・・☆

c0074000_2112413.jpg

        「あ、出てきた! 空がオレンジに!」

         
c0074000_21151576.jpg

           「おおぉ~っ」
c0074000_21153389.jpg


c0074000_21155028.jpg


ここから先は、もう眩しくて観ていられませんでした。

TVでもよく観る光景だけど、やっぱり美しいです。 言葉はいらない。
何も言えず、二人で黙って観ていました。

世界人類が平和でありますように
[PR]

by mppoe-light | 2010-08-28 21:28 | どってことない話☆

カルマと神性顕現

「因果律と果因律の生き方の違い」 です。早速、法友たちにメールで送りました。

c0074000_19153896.gif
カルマと神性顕現

 カルマは、因果律においては全く絶対的な法則である。因果律では、神ですらこのカルマの法則を超えることはできない。神は一つ一つのカルマを浄化するか、カルマを作った本人がその報いを受け取って行かなければならない。
しかし、この因果律には一つの前提がある。それはカルマを受ける主体は変わらないと言う前提である。その前提では、カルマを受ける主体は、カルマが浄化されない限り、いつまでも凡夫なのである。
 
果因説では、その前提が異なる。前提となるのは「我即神也、人類即神也」なのである。『即』というのは、無条件、いきなり、既に、初めから、元々、本来という意味であった。『即』とは四次元的別世界、パラレルワールドに即入すると言う意味である。『我即00也』は自己意識の領域であるから、自己の自由と責任において自己のみが決定する領域である。

 自己意識が「我即神也」を宣言する瞬間、そこにいる『私』は神なのである。『私』はすべてを赦すことができ、すべてを創造することができる神である。
カルマは、それを作った主人の元に帰って行くエネルギーである。我即神也になるとは、カルマを受ける主人がいなくなることである。カルマがあっても、その主人がいなくなってしまえば、カルマの意味はなくなる。この果因説の原理は、カルマの浄化という因果説の原理とは異なる。
 
 「我即神也」を宣言するや、そこには過去はない。当然、過去から発するエネルギー、つまりカルマが向かう先はない。「我即神也」は『今』にとどまることである。統一行などの『今』に留まる訓練は、「我即神也」に留まる訓練である。『今』から吹き上げてくるものは神性のみである。この涅槃の中には煩悩は入り込めない。
この『今』(涅槃)の中で、自己の神性イメージを働かせる。それによって神性顕現を体験する。これが果因説の原理である。また、それは「煩悩を断ぜずして涅槃に入る」の原理と同じである。
 
西園寺会長の説かれる真理はその真理をよほど意識して追認しないと、体験できないものである。「我即神也・人類即神也」「過去はない」「カルマはない」、、、、ことごとくそうなのである。
「人類即神也」と言っても、その真理を認めない人は、神ならざる人類を体験する。
「我即神也」と言っても、その真理を認めない人は、神ならざる自分を体験する。
「過去はない」と言っても、その真理を認めなければ「過去」に振り回される。
逆に、真理は追認することによって、体験できるのである。カルマを浄化し、徳を積んで、人を救済してから真理に至るのではない。真理そのものである自分自身について「我即神也」を追認することによって、体験が生じるのである。

 意識して真理を追認しなければ、潜在意識が習慣的に働き、因果律に縛られる。ところが、『私』が意識して、真理を追認し、無意識に流されないならば、真理を体験する。これが因果律と果因説の生き方の違いである。この違いは意識の領域であるから、因果律のように「000をしてはならない。000をしなければならない」などという縛りはない。しかし、意識して心がけることは沢山ある。

『ぜひ心がけていただきたいことがある。それは神霊の宿った言葉、光明の言葉を放つということである。チャクラが開いた今年から、神人たちはこぞって神霊の言葉のみを習慣づければよいのである』(注1)。
そこで、推奨するのが神語集を作って、頻繁に神語を唱えることである。

注1  白光誌2010-3 P.13-14

***********************************************************

私は神だから愛深い、神だから慈しみを持っている。
神だからすべてを赦すことができる。 (消えてゆく姿=色即是空)
神だから、相手の命を観ることができる。相手の光を見ることができる。
神だから、相手の神性を観ることが出来る。
神だから、自分の欲することを創造してゆくことができる。 (空即是色)

そして神だから神聖で純粋で欲がなく、崇高であり、
神だから、高貴で光輝き、偉大である。

我即神也 人類即神也

c0074000_1912622.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-08-26 19:19 | ピタゴラスさん啓示録から

パラレルワールド(2)

c0074000_19273514.jpg

パラレルワールド
自己意識軸上の無数の座標点にはそれぞれの三次元世界が広がっている。
よく言われるところのパラレルワールドがビデオフィルムのように展開している。同じ三次元の世界にパラレルワールドが重なっているのである。
肉体の人間はそれらの幾多の世界の中でも一番エネルギーの強い波動の世界を経験している。また、肉体で経験する世界は幾多のビデオフィルムの合成されたものである。

我々の仕事は『我即神也』のワールドのエネルギーを印によって強め、その世界を肉体界で経験できるようにすることである。もう一つの仕事は偽りの自己意識のワールドのビデオフィルムのエネルギーを削減してゆくことである。

『消えてゆく姿』の実践はまさにそのマイナスのエネルギーの悪循環を断ち切る宣言である。消えてゆく姿に従って、生地のところの世界が顕れてくる。世界平和の祈りは神のワールドのエネルギーを増幅させる行為である。 
*************************************************
     啓示録Ⅰから
c0074000_19285346.gif

3次元世界内に、さまざまな自己意識の高さの人類が存在し
個人や人類の無数の高さのパラレルワールドが重なっているわけですが・・・・、

我即神也の意識の人も肉体は3次元だから、3次元意識の人々と同じ場(肉体界)に存在している。同時に3次元世界に神意識のパラレルワールドも重なっている。
でも神意識は4次元なので、3次元意識のパラレルワールドの影響は受けない
(お互いに肉体は見えるから同じ場のようだけれども、異なった意識次元なのでネガティブなエネルギーの影響は受けない)

また、3次元意識だった主人が、4次元意識に上昇したので、残されたカルマは消滅する・・・


『消えてゆく姿』の実践はまさにそのマイナスのエネルギーの悪循環を断ち切る
c0074000_19362221.gif因縁因果の悪循環から抜け出し果因説(我即神也)へ

我々の仕事は『我即神也』のワールドのエネルギーを印によって強め、その世界を肉体界で経験できるようにすることである。もう一つの仕事は偽りの自己意識のワールドのビデオフィルムのエネルギーを削減してゆくことである。

我即神也=人類即神也で、神ワールドを拡げ強める。。。。

そうっだったのかぁ・・・・

五井先生・神々さまの救済計画の仕組みが 少しだけ解った気がします。 

私たちが日々行なっている、祈り、印、呼吸法・・・は、すごいパワーがあり
地球、人類のために とても大きな役目を担っているのだな・・・と改めて感じました。


世界人類が平和でありますように 我即神也 人類即神也
c0074000_19372370.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-08-24 19:41 | 真理について思ったこと

パラレルワールドについて (1)

c0074000_1952411.jpg

以前、法友と果因説について話していて、確信が持てず曖昧な返事で済ませていたことがありました。
で、いつも日記転載ででお世話になっているピタゴラスさんにメールで質問をしました。


私の質問 ↓

※「果因説を実践していても潜在意識から業想念が完全に消え去るまでは、
カルマの影響は続くのか
※我即神也になっても、消えないで残ったものはその後どうなるのだろう・・・ 」


ピタゴラスさんの返事の一部↓

カルマは、それを作った主人の元に帰って行くエネルギーです。
我即神也になるとは、カルマを受ける主人がいなくなることです。
カルマがあっても、その主人がいなくなってしまえば、カルマの意味はなくなります。
この果因説の原理は、カルマの浄化という因果説の原理とは異なります。

仮にカルマの影響を受けたとしても、すごく軽減されるか、ほとんど気にならなくなる状態になるでしょう。


これを読んだ時は、本当にたまげました。 目からウロコでした。
感動してしばしパソコンの前で硬直・・・!( ̄▽ ̄;) 

視界が拓けた・・・・明るくなった気がします。祝!

で、
返事を頂いてから、啓示録に載っている パラレルワールドの部分をまた読んでみました。
c0074000_199145.jpg


自己意識のありようによって、同じ物、同じ人が異なって見えてしまう。
低い自己意識をもったまま白光の会員さんを見ると、「普通のおじさん、おばさん」に見える。
我即神也の自分が観る会員さんは神人である。
高い自己意識を持つと、多くの物事に感謝することができ、多くの人を尊敬することができる。
低い自己意識を持つと不平不満が増え、批判非難、評価を下すようになる。

自分の自己意識に従って、それぞれの意識に相応しいパラレルワールドが存在している。それぞれの世界が固有の振動数をもっているため、凡夫①の自分が神①の世界を体験することは絶対にできない。
逆に神①の自分が凡夫②の苦悩を経験することは絶対にない。

科学では猫は「死んでいるか生きているか」(☆)であるが、
我々は「凡夫①、②、③、④、、、菩薩①、、、神①、、、、なのか確率でしか表現で
きない」となる。それぞれの自己意識の数だけパラレルワールドが存在しているからだ。しかし、肉体世界で経験する世界は瞬々一つである。
それを選択するのは各自の責任に任されている。自己意識の管理責任は自分にしかない。

我々の天命は肉体世界に神のワールドを顕現して体験してゆくこと
に他ならない。そこにこそ、我々の責任がある。いよいよその責任を果
たす時代に至った。

啓示録Ⅰから
(☆)「シュレディンガーの猫」のことです、量子論で使われる思考の実験のことです byリドル

一日の中でも自己意識は高くなったり低くなったりしていますが、
周りの出来事にただ反応だけしていては、因縁因果の世界をぐるぐる回るだけ。
神から離れた自分を再体験するだけ。

消えてゆく姿で世界平和の祈りによって、その悪循環から抜け出す。
消えてゆく姿に従って、現象に反応するだけではない「自分」を感じてきます。


意識・自己認識が完全に「我即神也」に定着すると、意識が4次元にいつも留まるのだからもう過去のカルマの影響は受けない
(今はまだリハビリ中なので、カルマの影響有りですが)
それまで誤認して作り出した業想念の、(形にすれば病気、貧などなど・・・)そういったものの影響は受けない そしてそれらは消滅していく・・・・。

我即神也 
そこには過去はない。




c0074000_1910418.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-08-22 19:15 | 真理について思ったこと

既成事実を降ろすこと

c0074000_217864.jpg

既成事実を降ろす果因説

すべては自己意識より発する。
すべては自己意識より生起する。
凡夫の意識より因果説の世界が展開する。
我即神也の意識より果因説の世界が展開する。

太初に神の既成事実の世界が成就していた。
それ以外のものはなかった。
すべては神のそのものの展開した姿であった。
神はそれを物質界に降ろそうとされた。
今日まではそのプロセスであった。
今まさに、地球的規模の大成就の時が来た。
神の既成事実を降ろすから果因説と言われる。
既成事実とは、我即神也、人類即神也、世界人類即平和也
既成事実は人間の意識以前に成就し
人間の意識によって、一切影響されない。
人は我即神也の意識を通して、既成事実を見る。

人類即神也・世界人類即平和也を見る者は神である。
消えてゆく姿を見る者は凡夫である。
凡夫は消えてゆく姿を、在ると見て、再体験する。
神は人類即神也・世界人類即平和也を見て、そして体験する。

既成事実は神性の展開である。
既成事実はそれを認めるだけでいい。
神には許可条件はない。
原罪なし、罪業なし、因果なし、課題なし、貸借なし、嘆願なし、
交換条件なし。


自分が自分を神と認めるだけでいい。
自分が自分を神と愛おしむだけでいい。
いいことしか顕われない自分、
素晴らしきことしか顕われない自分を認めるだけでいい。
2008/07/17
ピタゴラスさん啓示録Ⅲ から


c0074000_21164997.gif


意識が主、形は従。
「自分は神ではない」 という意識が、神とかけ離れた自分を(消えてゆく姿の自分)を作っていた、だから
これからは既成事実「我即神也」を認め、体験する。

*********************************************************

祈りとは、まず自分の心を空っぽにすることである。
それまでの自分をひとまず捨てて、神だけを自分の心に住まわせることである。

願いごとは、すべて後まわしにすることである。神だけを自己に住まわせれば、その人に必要な願いごとはすべて叶うのである。

五井先生 「神と人間」から


********************************************************
”消えてゆく姿”である、それまでを自分を捨てて、
そして神だけを自分の心に住まわせること。

本来の自分に復帰すること。
我即神也 人類即神也 
c0074000_21122935.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-08-20 21:19 | ピタゴラスさん啓示録から

iPodからiPadまで

c0074000_0112393.gif

今までCMで流れてたけど、なんのことだろ?なんて思ってました。iPhoneとか・・・iのつく製品。
お盆で遊びに来ていた姪に教えてもらい やっと理解しました。。。

iPod は音楽用で
iPod touchには ネット機能がつき
iPhone は、それプラス、電話機能付き
で、一番最近の話題の iPad はiPod touchを大きく使いやすくしたもの?・・・
と思っとけば?いいらしい。。。(;一_一)
う~、ややこしい
携帯の赤外線の送信のやり方も憶えられないのに~、  
c0074000_075174.gif


で、iPhoneを見せてもらったけど、、、なんとっ 開かない、折れない! 
「どーするの?、これ」

あ、、、、、、、、、

そのまま会話するのね。( ̄▽ ̄;)

「新製品、新機能の開発スピードが速くて ついていけないよぉー」、と こぼしていたら、

「私もやっと、なんだよ。」 といいながら、パソコンで”ニコニコ動画”というサイトを見ている姪。
で・・・・
それがいったい何のサイトなのか 
私にはちんぷんかんぷん・・・・なのでした。。。。
( ̄  ̄;).....。


c0074000_0141242.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-08-15 00:19 | どってことない話☆

写真☆ 人形作っています

c0074000_21292094.gif

いつもと違う粘土、石粉粘土を使ってお人形を作っています。
樹脂風粘土の場合は、ボディ、足、手・・・とそれぞれパーツを作り組み立てるように作っていくのですが、
石粉粘土はかってが違い、 
アルミ線、銅線で芯を作り台座に固定して、それに粘土で肉付けするようです。
と言っても、
ボディがないと高さの感覚がつかめないので、いつもどおりボディからスタート。
           で、こんな感じになってます。。。↓

c0074000_212128.jpg

横にころころと乾燥中~。 
オシリと太ももの部分を乾燥させたいので、ぺたーと下向きに。。。

c0074000_2132221.jpg

これは半年前に作ったのだけど・・・そのまま(^_^;)
肩幅を小さくして、華奢な女性にしたいと思ってます。

c0074000_2134047.jpg


新聞紙で下向きに寝ているボディは・・・前はこんな感じ。
まだ、バンザイ状態のポーズですが(笑) これを補正して(もっと細身に)仕上げます。

んー。。。。見てるとアニメのサイボーグみたいだなぁ・・・(;一_一)
 もちろん上から衣装を着けます!

腕に芯を入れねば・・・・・
台座はどうしよう・・・・ う~。。。。
c0074000_21311814.gif

展示会に出品しようと思っているので9月中には完成させるぞぉ~!!!
[PR]

by mppoe-light | 2010-08-10 21:37 | 人形作りの話

人間は光☆

c0074000_22151782.jpg
神のみ心の中に入る 
”神の子だということがわかるまでは救われない”

光になるということが、人間の一番の根本なのですよ。
人間は光なのです。
太陽のような輝く光なのですよ。
みんな光が満ち満ちているんだけれども、残念ながら自分が光であることを知らないんです。

自分は業想念の三界の、肉体の人間だと思っている。
肉体の人間だと思っている以上は、思いこんでいる以上は、これは救われない。

どんな知恵があろうと、どんな知識があろうと、どんなに金を持っていようと、どんなに地位が高かろうと、どんないい行いをしていようと、それは救われには入れない。
いい行いだけをしていれば、いいというものじゃない。

いい行いというのは、前にもいったことがあるけれども、過去世の因縁によって、つまり過去世でさんざん悪いことをしてきて、死ぬ間際にさんざんひどい目にあって、また地獄まで落っこちて、そこでひどい目に会うから、ああ悪いことをしたからこうなったのだ

私は生まれかわったら、いいことをしなければならないんだ、もう悪いことはしない、いいことをしようと思いこんで生まれかわってきた人は、いいことばっかりをするんです。

しかしそれだからといって、神さまがわかっているわけではない。
いいことばかりして、助けたりするけれども、それだけでいいというんじゃないのです。
それだけでいいのなら、神も仏もいらないんです。
これは大事なことです。
いいことをしている、というだけではまだ足りない。

それは前世の因縁でお返しをするために、いいことをしているんだからね。
それは三界(肉体界、幽界、霊界)のこと、業想念の中のことなのです。

それだけじゃまだ足りない。
何が足りないかというと、人間の本体が神から来ているんだ、神さまの子なんだ、ということがわからない以上はだめなのです。

神の子だということがわかるまでは、本当の救われに入らない。
*************************************************************
五井先生の「不動の心」から



因縁因果の時代は、下から上を目指して努力していたけれど、今は果因説。 
成就を降ろす時代。なぜなら・・・
人間は本来神の子、我即神也だから。

何が足りないかというと、人間の本体が神から来ているんだ、神さまの子なんだ、ということがわからない以上はだめなのです。

神の子だということがわかるまでは、本当の救われに入らない。
光になるということが、人間の一番の根本なのですよ。


c0074000_2217289.jpg

・・・・・「自分」って何?


真理の鍵を握っているのは、いつも『自分』である。真理の核心は、いつも『自分』についての認識である。
自分が変われば、自分の世界も変わる。自分の意識レベルを高める。波動を高める。これらはすべて自己認識の問題なのである。
 一般的に、人間は因縁因果の自分を見過ごすことはない。そして、神そのものの自分を見過ごしてしまっているのである。
赦しとは、因縁因果の自分を消えてゆく姿と見過ごすことである。
愛とは、神そのものの自分を自分として見過ごさないことである。 
→「見過ごす、見過ごさない」ピタゴラスさん


人間は本来神の子、神の分御霊であって業性ではなく・・・・

「自分」「私」という自己意識がどちらを向いているのか。
「私」がどちらの姿を自分として認識しているのか。「私」がどちらの姿を自分として同一化しているのか。
 
→「無限なる時間と消えてゆく時間」



今、自分は神の子であると受け入れているか、業性の自分を本当の自分と受け入れてしまったのか・・・

宗教者は『自分』を納得のいく自分にしようと、悪戦苦闘する。正義感の強い人ほど、苦闘は激しい。
大事な事を見過ごしているのである。
『自分』を変えるとは、「自分の現われ」を変えることではない。自己についての見方を変えないで、「自分の現われ」を変えようとすれば、徒労に終わる。「自分の現われた姿」は「自分についての見方」の結果であるからだ。
重要なのは、「自分の現われ」はさておき、「自分についての見方」を変えることである。「現われの自分」を自分と認める習慣を改め、「神そのものの自分」を自分と認めるのである。
 


自分についての見方を間違えない。

我即神也 我即真理也 我即愛也 我即光也 
c0074000_22194216.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-08-07 22:29 | 真理について思ったこと

広島WPPCネット中継☆

ピースレター(473)にもお知らせがありましたが、
明日、広島WPPCがインターネット中継されます。(●^o^●)
http://7.pro.tok2.com/~harmony/wppc/

で、祈りの友人のいくちゃんが今年も参加します。 先日完成したピースカードを持って♪

カメラが趣味のいくちゃんですが・・・
9時からの中継の(固定カメラですが、)ビデオカメラマンすることになりました。

わーい♪ いくちゃん、頑張れぇ~!!!! 
c0074000_2152714.gif



          
                世界人類が平和でありますように

c0074000_20583537.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-08-05 21:09 | 真理について思ったこと