アファメーション

アファメーション
世間で言われる右脳のイメージトレーニングにはアファメーションがあった。
他にも、アファメーションを中心に夢を叶えようとする人たちもいる(注1)。

アファメーションとは肯定的な自己宣言であった。
理想の自己を宣言することによって、夢を実現する方法であった。

アファメーションは一人称を使った祈りである。
白光真宏会の究極のアファメーションは、勿論『我即神也』であり、それを補足す
るのは宣言文である。
自己意識軸と言う考え方からして、アファメーションほど重要なものはない。
四次元世界を開く鍵そのものである。
西園寺昌美会長もいくつかのアファメーションを教えてくださっている。
会長は単にアファメーションを唱えるだけでなく、それが習慣になるまで継続するよう説かれる。

『まず常に自分自身が完全なる者であるという真理を意識して生きることだ。
そして常に完全なる習慣を養うことだ。
自分は本来完全なのだ、完璧なのだ、なに一つ欠けたるものはないのだ、
すべては完璧に整えられているのだ。』(注2)

『どこにいようと、何をしていようと、ふと思い出すたびに、我は完全なり、
完璧なりという真理を実践してゆくことだ。
このことが習慣になり得たならば、
我即神也はおのずと後から光明燦然と顕現されてくるのである。』(注2)


果因説の素晴らしいところは、自己イメージ(自己意識、自己評価、自己定義)の持ち方がすべてであると言う点にある。
至らない自分を何とかしなくていいと言う点にある。
自己イメージがきちんと習慣として確立できたならば、神性顕現は後から自然について来る。

但し、新しい習慣、かつては当然であった太古の習慣を復元するのに、少し古びた習慣の考え方がブロックしている。
このことは甘く見ることは出来ない。しかし、祈り・印・神事が不可能に見えることを可能にするのである。

『自らを神と認めるということは、たとえ、自らが苦しみ、悲しみ、不幸、不調和、不安定の状態であろうとも、それとは一切関係なく、現われている表面的な現象を超え、内なる魂において自らを神と認める、その高い意識、高い次元レベルを指すのである。』(注3)

『煩悩を断ぜずして涅槃に入る』とは維摩詰が説いた究極の真理である。
その一歩手前の『煩悩を断ぜずして、我即神也を宣言する。
我は完全なり、完璧なり』と思う習慣を養う。
そのことが、『いかに偉大にしてかつ尊いことである』(注2)かが近い将来、明らかにされる。

2008/08/07
注1 参照
http://www.mars.dti.ne.jp/~toko/af/aff1.html
http://www.kotobasagashi.net/afm.php
注2 白光誌2000/4 P・50
注3 白光誌2000/6

ピタゴラスさん啓示録から
*********************************************
『自らを神と認めるということは、たとえ、自らが苦しみ、悲しみ、不幸、不調和、不安定の状態であろうとも、それとは一切関係なく、現われている表面的な現象を超え、内なる魂において自らを神と認める、その高い意識、高い次元レベルを指すのである。』(注3)
10年くらい前の昌美先生のご法話の言葉・・・
10年前も分かってたつもりだったんだろうけど、それは言葉の上でだけ、
頭で分かっていだだけ。。。(;一 一)
その頃は会員になって4年くらいで、富士にもいったことなかった頃です。
(て、今でも富士には6回しかいってないけど。ピラミッドも入ったことないです。)

今、この言葉を読むと 心に浸み込みます。 
10年前の法話、もう果因説へ向かってたんだ・・・。
[PR]

by mppoe-light | 2010-01-31 15:36 | ピタゴラスさん啓示録から

啓示録スタート☆

今年に入って最初の”ピタゴラスさん啓示録から”です。

今月に入ってから お人形の新作やら、祈りの会の新しいプログラムなど・・・
で、なかなか啓示録を読み直すことが出来ませんでしたが、
お人形も完成して(祝!納品♪)、祈りの会の新規プログラムも
メンバーの合意が得られたので、またじっくりパソコンに向かうことにしました。
良かった良かった☆

祈りの会は、月2回、平日の夜。
なので、あまり長い時間は行なえません。そこで
世界各国の祈りを中心の会と、祈りや印など行を中心にした会とプログラムを分けました。
実際にやってみたところ、
体が軽くなった、 などなど・・・みんなに喜んでもらえました。よっしゃー! 
ただ、
進行係の私は、
意識が神意識に高められるように、流れが散漫にないよう
心がけることで頭がいっぱいなってしまい、何も感じられませんでした・・・(^_^;)
ま、いいか~。

我即神也からすべてが発する

私は誰なのか。これは究極の問いである。この問いに対して、我
々は瞬瞬、答えを宣言する必要がある。祈るとは、その答えを宣言
することである。

「私は神ではない」とする記憶、自他の発言、現象による証拠が
あったように感じられるかも知れない。私は、「それら一切が空で
ある」とする神の無限なる愛と赦しを受け入れる。私には常時、神
の無限なる愛と赦しの大光明が降り注がれている。

私は私として、今ここにある。
神そのものとしてここにある。
我即神也。いと素晴らしき存在。尊き存在。
生命そのもの。真理そのもの。道そのもの。

私が神であるならば、人類もしかり、人類即神也。
生きとし生けるものすべてもしかり、世界人類即平和也。
私はすべての国を祝福する。すべての国即平和也。
私は万物に感謝する。太陽さん、空気さん、水さん、大地さん、
火さん、、、、ありがとう。

我即神也よりすべてが発し、
我即神也よりすべてが生起する。
素晴らしきことしか発しない。
神に相応しいことしか生起しない。

因縁因果の現われの自分は神らしくはなかったかも知れない。
因縁因果の自分は100点満点で20点、30点だったかも知れない。
他の人より優れていた、あるいは劣っていたかも知れない。
しかし、我即神也の自分は因縁因果の中の自分とは全く関係ない。

今日、人類はその因縁因果とは全く異次元の流れの中に入り始め
た。
新しい流れとは:
我即神也よりすべてが発し、
我即神也よりすべてが生起する。
素晴らしきことしか発しない。
神に相応しいことしか生起しない。

08/07/19


衣服に縫いこまれた宝玉

『法華経』にある一つの例え話を元に、「我即神也」の意識を深
めて行きましょう。


『ある男が金持ちで裕福な友人の家を訪ねた。二人は酒に酔い、
寝入ってしまった。友人は、目覚め、用を思い出し、出かけて行っ
てしまう。その時、友人はこの男のために値がつかないほど高額な
宝玉を、男の衣服の端に縫いこんでおいた。しかし、この男は長ら
くそのことに気づかず、貧乏な生活を続けていた。

しばらくして、この二人は再会する。
友人は言った。「このように、宝玉を衣服の
端に縫いこんでおいたのだよ。貧乏しているのは馬鹿げている。
宝玉を売って、金で買えることは何でもしなさい」と。』(注1)

無明、迷いとは「自分が誰であるか、何者であるかを忘れている
こと」である。
自分の遺産と血統を忘れたことである。
正しい自己意識の忘却である。

衣服に縫いこまれた宝玉とは、「仏になれる可能性」程度のことで
はない。
仏性そのもの、神性そのもののこと、である。
無限なる愛、叡智、歓喜、幸せ、、、、、そのものである。

宝玉の譬えは「我即神也」の真理そのものである。
「人類即神也」の真理そのものである。
人間の本心のことである。

自分の神性を認めない者は、神性の無い世界を体験する。
自分の神性を認める者は、神性の世界を顕現し、体験する。
これは観察者効果である。

自分の神性を認める者は、人類の神性を認める。
我即神也を知る者は、人類即神也を知る。
人類即神也を知る者は、人類に自らの神性に目覚め、神性を顕わす
よう促す。

我即神也を知る者は、自分を尊ぶ。
自分を尊ぶ者は、人類を尊ぶ。
そして、人類に自らを尊ぶよう促す。

煩悩(衣服)に蔽われた宝玉を見ることは、本心を見ることである。
本心を見ることは、愛であり赦しである。
本心を見るのは想像力であり、心の眼である。

宝玉は鉱山に捜し求め、磨き上げるものではない。
宝玉は既に我々の内に、輝いている。
その光り輝く宝玉( 神性)より始めるから果因説と言う。

我々は神性そのものである。
我々は神性を言葉・想念・行為に顕現する存在である。
神性のみを顕わすことが天命である。

今日も、我々は自分が誰であるか、何者であるかを明確に宣言する。
そして、因縁因果の自分とは決別する。
我々は自分で宣言したとおりの自分を顕わして行く。

神事と印がある限り、「我即神也」の探求は単なる観念論ではすま
ない。
この探求は、今日、まさに人類一人一人がなすべきものである。
この探求によって、我々は「我即神也」の意識を育て上げ、確実に
その信念を深めている。
『「我即神也」の信念こそが、
自らの新しい人生を書き換え、創造している。』(注2)

2008/07/24
注1 『法華経』五百弟子受記品衣裏繋珠(えりけいじゅ)の譬え
注2 西園寺昌美会長白光誌2008
/


ピタゴラスさん啓示録から
*****************************************************

神事と印がある限り、「我即神也」の探求は単なる観念論ではすま
ない。
この探求は、今日、まさに人類一人一人がなすべきものである。
この探求によって、我々は「我即神也」の意識を育て上げ、確実に
その信念を深めている。
『「我即神也」の信念こそが、
自らの新しい人生を書き換え、創造している。』

ずっと印を組んでいると、”組むように指導されたから組んでいる状態” になって
なんとなーく組んでしまうんですが、
こういった言葉を読むと 目的意識がはっきりして、やる気がでます。

「我即神也」の意識を育て上げ、その信念を深める、その信念が人生を書き換え、創造する!

素晴らしい!  
 私は無限なる愛である、無限なる調和で、輝きで、清らかで気高い!
[PR]

by mppoe-light | 2010-01-28 19:08 | ピタゴラスさん啓示録から

祈りの会も進化だ☆

今年に入って、今までのお祈りの会のプログラムに行事が一つ増えました。
ピタゴラスさんが日記で紹介して下さいました、
「神性を認め合う」 という行事です。

是非ともこの行事がやりたくて、今年一回目の祈りの会の時、みんなの了解を得てやってみました。
(とういか、始めからやる気満々で、全員にファックスや、メールを送り、準備万端。)

好評♪(●^o^●)v
さっそくプログラムに追加することにしました。

互いに神性を認め合う・・・素晴らしいです。
相手も気高く、自分も気高い気持ちになります。無限なる気高さ
相手のために祈ることで、自分が癒される。 自分と人は(人類)つながっているのだ・・と
また実感できました。

さらに・・
大阪の集会の方から祈りの会のプログラムを送っていただき、 それを参考にして
もっと良い内容のプログラムにしようと検討中です。

今年は祈りの会もパワーアップ、進化だ!(^^)

こちらがピーさんが紹介された 神性を認め合う という行事です。


******************************************

神性を認め合う

 前回(12月16日)の宣言を、ある会合(参加者訳20名)で実施したところ、
大好評でしたのでご紹介します。 
 印を組めるほどの間隔を取りながら、全員で輪になる。真ん中に椅子を一脚置く。
一人一人交代で、真ん中の椅子に座り、リーダーになる。次のように宣言してゆきます。

リーダー  「0000(氏名)です。」

全員  「0000 様は、『神のように愛深い。神のように慈しみをもっている。神のようにすべてを赦すことが出来る。神のようにすべて自分の欲することを創造してゆくことが出来る。そして神のように神聖で、神のように純粋で、神のように欲がなく、神のように崇高である。そして神のように高貴で光り輝き、神のように偉大である。』

リーダー  「神0000は人類に光を送ります。」

全員  「0000様即神也。」

リーダー  「ハイ。」(印の始まりの合図)

全員  呼吸法による人類即神也の印を組む。

 これを、参加者の人数と同じ回数を繰り返す。


 この行事は今までの日記の集大成のようなものです。
これは「自分を磨き高め上げる」行為である。
そして「光明思想徹底行」の言葉と「私、あなた」という「一人称、二人称」が合体しているので、掛け算ではなくベキ算(累乗)の威力が発動する。
「我即神也」と「人類即神也」の宣言文の内容が簡略に一つになっている。
自分が神なら、あなたも、そして人類も神であるというロジックが備わっている。

自分自身を「神0000」と宣言することにより、自分に対する畏敬の念が自然と涌いてくる。
自分や人、人類の本来の姿が、簡単明瞭にイメージしやすくなっている。
自分や人、人類を祝福し、讃美する言葉によって、積極的に自他を愛することが出来る。『お互いの神性を称え合い、喜び合い、生かしあってこそ、真の平和で幸せな世界が創造されてゆくのである』(注1)。

神バージョンの自分、今までの自分とは全く異なった自分の存在が自然に顕われて、今までとは異なったDNAが開かれ読み取られてゆくような感覚を味わうことが出来ます。
是非、実践してみてください。真理を降ろしてくださった西園寺会長と維摩詰に感謝。
  
注1   白光誌2004-2


ピタゴラスさんに感謝。
[PR]

by mppoe-light | 2010-01-22 22:50 | 真理について思ったこと

オザワさん受難

オザワさん・・・とは、指揮者の小沢征爾 じゃなくて、
民主の小沢さんのことです。
TVをつけると 頻繁に小沢さんのニュースが流れます。
特捜部の奥にどんな権力が隠れてるのか詳しいことはしらないけど、
やりたい放題って感じです。。。

企業献金の一部が記載漏れになっていたとしても、良いことではないけれども、
これまでの政治資金収支報告では日常茶飯事で、自民では当たり前だったとか・・・
仮に漏れがみつかれば、修正すればいいだけのことなのに、
それを次々と秘書を逮捕。

民主国家でこんなことがまかり通るのか・・・と驚いてしまいますが・・・

大久保秘書の公判の情報を表に出さないために、日程を合わせて家宅捜査を行なったのか、
それとも普天間のことで,名護市長選のためのネガティブキャンペーンなのか・・・

メディアは簡単に人をマインドコントロールしてしまいます。
直観力を失ったままの人間は、簡単に洗脳されてしまうということでしょうか。。。

世界人類が平和でありますように
人類即神也
[PR]

by mppoe-light | 2010-01-17 21:31 | どってことない話☆

指針→食事・・・その後☆

気が重かったのですが、(本心さんなら素直に自然体でOKするはずなので
ならばそれに倣うしかないなーと思って、、、)
Aさんと一緒にご飯を食べることにしました。
(;一_一)

お店に入ると、まずはオーダー。
食後の特製アイスも忘れずにオーダー、
(どんな時でもスイーツは外さない私・・・・( ̄。 ̄;)   
c0074000_1054070.gif


どうやって話を始めようか・・・と考える間もなく、話題は速攻で真理のことへ。

個人的なことなので詳しくは書きませんが、
Aさんの自己否定の感情に少々驚き。。。

もう”いい人”になるのは止めねば・・・嫌われてもいいから、
必要なときには必要なことを はっきりと言った方がいい。

だからストレートに話しました。
「自分でやるしかない道はない。自分で自分に喝を入れて、他の人の2~3倍は努力すべきだ。ここまできたら必死で祈り、印を組め!出来ることは全部やる!」

本人の力でやっていくしかない。 (本人にとっては、それが今一番難しいことだと思うけど。)
本人が体験を積んで光明を体得していくしかない。


私も含めてそうなんだけど、人間の罪悪感は深くて重いです。(無限なる光明)
足を引っ張られないようにしないと、人間の感情って本当に複雑で、ややこしいから。。。
だから消えてゆく姿が一番。
もう考えない。迷った頭で悩んだって光明は出てこない。

「なんだかんだは後にして ただ祈りましょう。」
印を組みましょう。朝の神事を続けよう。
自分で発光した光が自分を救ってくれる。

c0074000_1051774.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-01-16 10:06 | どってことない話☆

出てしまった・・・!!!今年の指針・・・!


予感がしたのです、今年の指針は 昨年、私を
否定的な感情にした あのこと について書いてある・・・と。

今年の指針は
「陰で人の批判をするよりは、面と向かって その人にいえるほどの、
真の勇気が必要だ」

守護霊さま守護神さまは、ちゃんと私のことを観ておられるのだと、改めて思いました。
だからでしょうか、最初に読んだ時には、ほっとして、少しウルウルしました。(笑)

昨年、私の感情を煩わせていたこと、それはお祈りの仲間Aさんのことです。

口に出して批判をすることはしないけど、心の中では批判が溜まっていました。
直接本人に言ったほうがいいのか迷ったこともあったけど、私より年上だし、先輩だし~・・・
それに相手にも守護霊、守護神さまがおられるのだから 私が口を出すことではない、と
そう言い聞かせて祈りや印を組んでは意識を切り替えていました。

そうやって、気持ちが吹っ切れた・・・と思っても、またAさんの態度やメールを見ると、
元に戻ってしまいました。(T T) その繰り返し。

「 なんで消えてゆく姿をちゃんとやらないのだろう、どうして
人間と真実の生き方を実行しようと思わないんだろう・・・ただ不満を言ってても仕方ないのに」

私のこの感情は消えてゆく姿で、自分の課題の一つだ と思ってますが、
新年の指針を読んだ時、 <その人にいえるほどの、真の勇気が必要だ> の部分に
目が留まりました。
真の勇気を持つ ことは、「相手に対して、話す言葉に責任を持つこと」 と思いました。

今まで、Aさんに直接言わないで、ためらっていた理由の一つは、
Aさんに対して責任を持たなければならない気がしていたから。
もう一つの理由は、私に頼られても困るから。(過去に同じことがあったので。)

でも指針を読んで、少し考えが変わりました。
心の中で溜め込んでいないで、直接Aさんに話そうかなぁ・・・
一緒に食事でもする機会があれば・・・・

て、思っていたら・・・・

そうそうにその機会がやって来てしまいました、、(^_^;) 早っ!
[PR]

by mppoe-light | 2010-01-14 23:27 | どってことない話☆

携帯写真☆いろいろ


ぎゃーー!!!!!! 
け、毛虫ー!!!


な、なんでこんなトコにーー!!??
 

      お・・・、お・・・、落ち着け、落ち着くんだ・・・・!(激汗

c0074000_19331843.jpg


         あ、・・・・・

c0074000_19393767.jpg


お正月に遊びに来た姪が置き忘れた つけまつ毛  でした。。。。 

あ~、びっくりした。。。。。(T T)ぜいぜい・・・・。。

  ☆☆☆☆☆

いい年をしてなんなんですが・・・・・

c0074000_20495491.jpg


      リラックマの正座椅子♪
可愛いし、正座椅子が欲しかったので買いました。 が、・・・
(リラックマには申し訳ないけど)、オシリを乗せて座ってみると、 
い・・・痛いよ、オシリが痛い、5分も座っていられない・・・・
もしかして、 やっぱり、 たぶん、 これって・・・・



子供用だったのかも。。。( ̄▽ ̄;)~☆

c0074000_2105317.jpg


     結局、帽子掛けてます。。。。


c0074000_2113618.jpg

これは携帯ストラップ。 裏が携帯クリーナです。便利です♪

いい年してこんな写真を撮って遊んでおります・・・(^^;)
[PR]

by mppoe-light | 2010-01-07 21:14 | どってことない話☆

転載☆果因説



徹底した果因説

 いくら祈っても、どれだけ印を組んでも、ほとんど進歩していないに自分に
愕然とすることはないだろうか。
頭だけで理解したつもりで、何もわかっていない自分に不甲斐なさを感じることはないだろうか。
このように反省し、謙虚になっている自分に満足している自分はいないだろうか。

 このような一般人的な想念は、特別に人を傷つけるわけでもない。
しかし、こう言った時こそ果因説の出番ではないだろうか。
かつては、人間凡夫説の出番があった。五井先生は、「自分は悪いことをしていない」とうそぶくことや、
表面を取り繕う偽善を排除されたのである。自他を責め裁くことを排除されたのである。
そして、五井先生はこの実践のために徹底した「消えてゆく姿で世界平和の祈り」を説かれた。
更に、五井先生は、瞬時に深く反省する事を説かれたのである。

 ところが、冒頭にある例のように、人間は「瞬時の反省」より「引きずる反省」に流されやすいのである。
それによって、「不甲斐ない!歯がゆい!恥ずかしい!情けない!」という無力感から逃れられないのである。
 今後、「消えてゆく姿」の洗礼を受けた人が、このような無力感を越えるのに何が必要なのか。
徹底した果因説である。積極的に自分を愛することである。
一度、補助線として認めた人間凡夫説を返上し、我即神也を極めることである。
我即神也を極めるには、人間凡夫説を返上することである。
それは『因果律を手放す』(注1)ことでもある。

 現象世界で自分がどのように見えようが、自分が自分に言い聞かせることは次のような神の言葉(神語)だけである。

『私は神のように愛深い。神のように慈しみをもっている。神のようにすべてを赦すことが出来る。神のようにすべて自分の欲することを創造してゆくことが出来る。そして神のように神聖で、神のように純粋で、神のように欲がなく、神のように崇高である。そして神のように高貴で光り輝き、神のように偉大である。』

 この言葉は守護の神霊が、一瞬のすきもなく、我々に何万年もの間かたり続けて来てくれた言葉でもある。この言葉を唱える時、あなたは守護の神霊と全く一つである。
このような真理の言葉だけが『自分を磨き高め上げる』のである。
この言葉によって、自分の本心と業想念の自分が明瞭に分離されるとき、カルマの法則は効力を持たない。神語に祝福されたあなたにカルマが及ぶことは一切ない。
果因説のスイッチがオンになるとき、因果説のスチッチはオフになるからである。

注1 白光誌2010-1
**************************
ピタゴラスさんの日記から転載☆勝手に・・・・・

人間は「瞬時の反省」より「引きずる反省」に流されやすいのである。それによって、「不甲斐ない!歯がゆい!恥ずかしい!情けない!」という無力感から逃れられない・・・

これは本当にそうですよねー、
本心と業想念が曖昧な状態では、 だらだらと「引きずる反省」にはまり込むのです。
無意識のうちに。
以前、嫌なことがあっても、すぐ気持ちを切り替え明るくなる人をみると、
「気楽で単純な人だな~」と思ってたのですから、どんだけ私は業想念の沼にはまりこんでいたのやら・・・です(^_^;)

業想念の中に居たまま消えてゆく姿を実践しても、それはただ自分の想念の沼の中をぐるぐる泳いでるだけでして。 (;一_一)たら~。。。
消えてゆく姿で世界平和の祈り・・・は、消えてゆく姿=すべては錯覚、幻想だから、それをあっさりと捨てて→世界平和の祈り=神様のみ心。神様と一つになる。
そうすれば自分の内の神さまを通して本物の自分、本物の世界が顕れる。・・・・・のですが、
その神さま(神様のみ心。神様と一つになること)が自分の中で しっかり掴めないまま 消えてゆく姿を実践していても、意識は低くぼんやりとしたままで、効果は低かったです。(私の場合の話です)

その同じ自分の中に、絶対の究極の光明があるのを認めて(本心。我即神也)そっちを強く意識していかないと、本当の消えてゆく姿が成立していかない。本心と業想念が分離していかない。。。。

このような真理の言葉だけが『自分を磨き高め上げる』のである。この言葉によって、自分の本心と業想念の自分が明瞭に分離されるとき、カルマの法則は効力を持たない。神語に祝福されたあなたにカルマが及ぶことは一切ない。果因説のスイッチがオンになるとき、因果説のスチッチはオフになるからである。
だから、我即神也 が必要。
祈りをする場合は、神さまの心と自分の心が同じになる、神さまと自分が同一化している、
と思うことが大事。
(だから祈るのを統一というんだ・・・と最近になって理解できました(^_^;)

果因説のスイッチがオンになるとき、因果説のスチッチはオフになる・・・  
嬉しい~♪

(啓示録にも同じ内容がありましたが・・・)
1月昌美先生の法話から

カルマの悪循環から脱け出すためには、徹底的に果因説をつかんで生きていくしかない。

「我即神也」を自分のものとしてつかんだ時、あなたの人生は、大転換を遂げてゆくのである。

これからの人類は、自らの内にある大光明のみに意識を集中しつづけて生きるべきである。
そして、かつて自分の内に存在しつづけていた、自らを裁き、自らに制裁を加え、自らに罰則を与える批評家や裁判官や陪審員などの存在を、自らの力で消し去ることである。
それを消し去るためには、どうしたらよいか。
自らの意識がそれらの存在を、無視しつづけ、認めないことである。
それらにエネルギーを与えないことである。
そしてその代わりに光を与え、変容させつづけてゆくことである。そうすることによって、それらは自らの存在を維持するためのエネルギー不足に陥り、ついには消え去っていってしまうのである。 

すごい!!!

世界人類が平和でありますように 
人類即神也
[PR]

by mppoe-light | 2010-01-06 19:49 | ピタゴラスさん啓示録から

今年もよろしくお願いします☆

世界人類が平和でありますように

c0074000_21573688.jpg


無限なる愛・調和・平和

お正月に撮影しました。(携帯なので写真はいまいちでした)


**************************************
携帯写真 いろいろ

c0074000_2213814.jpg
祈りの会で部屋をお借りしている施設の中央通路。 
イルミネーション。 クリスマス前の写真です。





c0074000_2253017.jpg


c0074000_22142039.jpg

お祈りの会で使っている世界地図♪ 
地図は掛けても掛け軸は掛けていない、自由な私たち・・・・


c0074000_2218737.jpg
奉謝金・・・というか参加費を自由に入れてもらってる ”ぶたの貯金箱”
落書きしたのは私(^^;









今年もみんな(5人)で、無限なる明るさで、無限なる調和で、無限なる幸せの祈りの会を
やります♪♪♪
[PR]

by mppoe-light | 2010-01-04 22:40 | どってことない話☆