本心との対話☆☆☆☆☆Ⅴ

・他人はあなた自身の鏡です。
・自分の内側にすでに苦痛があるときだけ、他人はその苦痛に引き金をひきます。
・守るべきものが何もないと、人生は楽になります。

”パーソナル・パワー” サネヤ・ロウマン著
バシャールのように、オリンとい意識体からチャネリングしたメッセージです。

「僕は、他の人と同じなんだ。本当に起こっていることではなく、自分が見たいように
世の中を見ているんだ。」
「目に見えるものを通して、人間が霊的な教えと神の知恵のすばらしさを理解するために、
神はこの世界を作られたのだ。それが 行動を通して学ぶ と、わしが言ったことなのだよ」

”アルケミスト” パウロ・コエーリョ著

これは、私の大大好きな☆ 「アルケミスト」という小説の中の一説です。 
決してゲームのことではありません。(^_^;)一緒にしないでほしいー。。。


読んだ本の中の言葉や、講演会で聞いたお話の言葉、など
他にも、心にぐっときた言葉などをノート3冊分くらい書き留めていました。
久しぶりに開いてみたら、懐かしかった。
も、一度 読み直そうかなぁ本を。

他にもあれこれ読みましたが、一番インパクトがあり、
私にとって一番参考になったのは、
松尾みどりさんという方の講演会やレクチャーテープでした。

過去にもこのページで何度か書いている人です。
[PR]

by mppoe-light | 2009-01-31 22:41 | 真理について思ったこと

本心との対話☆☆☆☆Ⅳ

世界平和の祈りをスタートして、まず最初の変化は
自分の心が 本心と業想念とに分かれるんだ・・と気がつくことでした。
簡単に説明しますと、
ものすごい怒りでカンカンになった状態のときに、
自分の中には、もう一人の冷静な自分が居て、
「今私は怒っている、この怒りをなんとかしたい、鎮めたい」 と気づくことです。

自分を客観的に観て、怒りに気づいたほうが本心の自分、怒りに巻き込まれているのが業想念の消えてゆく姿の自分。
ここで一気に観の転換をして、 本心の方の自分に意識を転換して祈ってしまえば
怒りの感情から抜け出せるのだけど・・・、これがなかなかどーして、
業想念のパワーに負けてしまうんです。(^_^;)とほほ~・・・
 怒りはおさまりません。
逆に 「この怒りを鎮めてなるものか!相手が絶対悪いんだから、私の方が正しいんだから!」・・・って感じです。(^_^;)

後から気を取り直して祈るのですが、祈ってるつもりでも実は業想念の場に居る
自分が祈るので 同じところをぐるぐる廻るだけ。ううう~ぅう・・・・

時折 調子よく祈って上手く怒りが収まっても、
思い出すとまた怒りがこみ上げる・・・相手が赦せない・・・・

ずっと未熟だったのです。
まだまだ本心へ向かう力が弱いので、業想念の中に居たまま
業想念と格闘してる状態です。 はぁ~。。。。。
これが けっこー本人にはつらいものなんです。。。(T T)

きちんと観の転換が出来ないまま、
消えてゆく姿に不信感まで持ったりしました・・・・

これじゃ、教義の内容も実行できっこない~
どーすりゃいいのぉお~!

この辺から、私は精神世界の本を読み始めたのでした・・・・。
[PR]

by mppoe-light | 2009-01-29 22:48 | 真理について思ったこと

本心との対話☆☆☆Ⅲ

教義から
人間は本来神の分御霊であって、業性ではなく、つねに守護霊、守護神によって守られているものである。 
この世の中のすべての苦悩は、人間の過去世から現在に至る誤てる想念がその運命と現れて消えてゆく時におこる姿である。
 いかなる苦悩といえど、現れればかなるず消えるものであるから、消え去るのであるいう強い信念と、今から良くなるのであるという善念を起こし、どんな困難の中にあっても、自分を赦し人を赦し、自分を愛し、人を愛す、愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、個人も人類も真の救いを体得出来るものである

**********************************************
五井先生の教えの基本は、 本心と業想念をわけ、
その業想念を世界平和の祈りで消してゆくというものです。

この消えてゆく姿 という教えは
「我即神也」が(人間は本来神の分御霊)があって、はじめて
成り立つもの。
人間は本来神の子だからこそ、それ以外は消えてゆく姿であって実在ではない。
実在ではない幻のような現実を 私たちは真実と信じてしまい、そのまま生きている。

自分の業想念+人類規模の業想念が具現化した濁流のような偽の現実に
翻弄されている状態。(無限なる平和!)
よって人類の歴史はは迷いと困難、過ちばかりが続き、
人々の信念には罪悪感と無力感が根付いてしまっている。(無限なる光!)

それを、五井先生は消えてゆく姿という言葉で ばっさり切り落として下さいました。
愚かな自分(人類)、弱い自分は、本来の自分ではなく、過去世から現在に至る
あやまてる想念が創造してしまった架空の自分(人類)。
本当の自分(人類)は神の子。

この頃私は、自分の本質が神であることが有難く思えるようになりました。
我即神也の宣言文、
「私が語る言葉は、神そのものの言葉であり、
私が発する想念は、神そのものの想念であり、
私が表す行為は、神そのものの行為である・・・・・・」

宣言文を口にすると、有難く嬉しい気持ちになります。
自分が神で良かった。人類が神で良かった。

こんな心境になるまで10年以上も掛かりました。

つづく
[PR]

by mppoe-light | 2009-01-28 21:49 | 真理について思ったこと

本心との対話☆☆Ⅱ

「あなたの本心に感謝し、さらに祈りを通して
あなたの本心と語り合う時間を大切にしてください」

新年の指針の後半の言葉は、今だからこそちゃんと理解できる内容でした。
これが1,2年前でしたら、たぶんまだ理解できないことだったと思います。
やはり指針というのは守護の神霊からの確かなメッセージなんだな・・・ と、初めて納得できました。

この本心と語り合う・・・についてこの先書くためには
五井先生、昌美先生の教えが欠かせません。
そーなると、
このブログを訪問して下さってる方は祈りのメンバー以外の方が多いから
分かりにくいかも・・・?
まぁでも、毎回このページでは富士聖地のことをどんどん書いてるし。
この際、気にせず どーんと書き進めてしまおう~。

つづく
[PR]

by mppoe-light | 2009-01-26 22:39 | 真理について思ったこと

本心との対話☆

今年、新年の指針を頂いてから、
自分の今までの考え方、気づきや発見に自信と確信が持てて喜んでいます♪
今まで、ずーっと確認したかった事だったからです。
誰かに言ってほしいと思っていた内容だったからです。

子供の頃から、なぜか周囲と感覚がずれていた私なんですが、
それは、祈りの仲間とも同じです。
なぜなんだろう?と、いつもどこか物足りなさを感じていました。
「私はやっぱりどっかズレてるのかなー」と思ったりしてました。
だから
今年の新年の指針を読んで、私は大感激したのです。
「あなたの本心があなたを大いなる人生の目的地へと
導いてくれています」
 を目にしたときは本当に嬉しかったです。!

目覚めのプロセスは、皆それぞれ違うのだから、考え方も気づきも
違って当たり前と言えば当たり前だけどー、 
自分の守護の神霊は、いったい今の私をどう思っているのだろうと・・・
と、祈りながら考えていたものでした。

つづく☆
[PR]

by mppoe-light | 2009-01-23 23:12 | 真理について思ったこと

五井先生の掛け軸


お祈りの友人の掛け軸ですが、我が家にしっかりと置いてあります。
「お正月にはやっぱり五井先生の掛け軸をかけねば・・・!」と
まるで自分のもののように、我が家で掛けさせて頂きました。おほほ~(^^)


c0074000_23161462.jpg

携帯の写真だから、撮影がいまいちだったけど。

やっぱり五井先生の「神」は、いいですね。
清らかな良い新年を迎えることが出来ました。












写真には写ってないけど、下にはちゃんと鏡餅も置いてあります。
俳優の高橋英樹氏がCMしてる越後製菓のお餅だけど・・・。
(だって便利だしー)

[PR]

by mppoe-light | 2009-01-20 23:29 | 真理について思ったこと

いつも訪問ありがとうございます☆

新年最初の富士の行事のお話を書こうと思いつつ・・・
まだ書けません。。。(^_^;) (情報は届いたんだけど・・・)
3月に人形の小さな展示会をすることになったり、
休んでいた教室を再開したりして、
日々人形のことに夢中になっています。
そうなると、
ブログの更新も本館の更新も・・・
さぼってます。
これもやっぱB型の気質だからだろーか??
じゃないよね。(笑)

明日は 祈りの友達と市内の神社に参拝に
出掛けます。丁度仏滅。人も少ないと思うので
ゆっくり参拝できそうです。(^_^) 
なぜみんなで参拝するのかと申しますと、
4月にその神社で印の奉納を行なうので、その
準備のためです。 有難いことに 奉納では、
前理事長に来て頂けることになりました♪ 
一緒にお食事して
お話が聞けるのが楽しみです。
[PR]

by mppoe-light | 2009-01-17 20:48 | どってことない話☆

おめでとうございます☆

2009年、明けましておめでとうございます。
元旦になり、さっそく届いていた今年の”新年の指針”を
開封しました。

『あなたの本心があなたを大いなる人生の目的地に
導いてくれています あなたの本心に感謝し、
さらに祈りを通してあなたの本心と語りあう時間を大切に
してください』
 でした。 (本心→神性、内なる神と言えばいいでしょうか・・・)
5行にもなる、今までにない長文の指針でした。
とても有難く嬉しかったです。
自分は順調に進んでいると確信しました。

最終的に自分を導くのは自分であって、
内なる神である軸(本心)からぶれないように、
自分を信じて自立していく・・・
今の自分のやり方に確信を持つことが出来ました。

これから2009年、10年、11年、12年に向けて、
いよいよ地球の、そして世界人類の行き着く場が定められる。
人類一人ひとりの日々瞬々発する言葉、想念、行為によって、
未来がはっきり決まってくるのである。


新年にあたり 昌美先生が書かれたメッセージの一部です。

2012年までの4年間を飛翔の4年間にしたいです。
[PR]

by mppoe-light | 2009-01-01 22:58 | 真理について思ったこと