相手の「今」を観る

相手の「今」を観る

そう心掛けたい・・・と思います。

「我即神也 人類即神也」 そう宣言しているのだから、どんな人の奥にも神性がある、その神性を見つめ、認め、相手を受け入れるようになりたい。

そう思っています。

けれど、実際には難しいものです。 特に、身近な相手となると・・

難しいです。

過去に見た相手の嫌な部分、苦手な部分、嫌な想いをした経験が、今、神性を見つめ、受け入れようとするのを邪魔します。

昨日の事でした、スーパーから帰り、台所で買ったばかりの食材を整理しながら、Aさんのことが思い浮かびました。 どうやったらAさんのことを愛せるのだろうか。。。そう思った瞬間、 心の中に 「Aさんは神だ」という言葉が飛び込んできました。 

「ああそうだっ Aさんは神なんだ!」

と思ったら、あっという間に心いっぱいにAさんを愛する気持ちが湧き上がってきました。

それは以前、ハートのチャクラが開いた時に感じた気持ちと同じでした。



私はAさんが神そのものであることを分かっている、

私はAさんを愛しています。



しばらくするとその気持ちは収まってしまいましたが(笑)



でも、気が付いたことがありました。 

本物のAさんは過去にはいない、

本当のAさんは「今」にいる。 我即神也のAさんは「今」にいる。


と言う事です。



「過去はない、本来の姿は『今』にある。」と言いながら、、私は過去をつかんでいました。

「今」を見つめ、「今」に生きることの難しさを感じます。



毎日、私の思考は過去の中をさまよい、因果の創造を無意識にしている。

なんと無意味な創造をしていることか。。。

あ~真理を日常で実践することの難しさ・・・・(+_+)



過去はない、 毎瞬、毎瞬、宇宙神からの新しい生命が「私」としてここに降りている。 もちろんすべての人にも。


たとえ、過去に何があったとしても、

過去は、今の「私」には何の作用も起すことは出来ない。

今「私」は、完璧、欠けたるもののなく、大成就している。

今「私」は何も傷つかない、汚れない。

だから、過去にあったことを恐れることはない。

本物は「今」しかないのだから。



毎瞬、毎瞬、私たちの意識は、新しい状態、新しい場で生きていることを信じて、過去を思考に挟まず、相手の「今」を見つめなければならない・・・と思いました。

我即神也 人類即神也


[PR]

by mppoe-light | 2017-05-19 21:41 | 真理について思ったこと