信じることで変わる 選択・決断・決行

浄めるだけでは人類は救われないと思っています。

浄めることで、雲が晴れて明るくなり、相手に(人類に)真理への気づきが

起こった時、その気づきを究極の真理へと向かわせてあげなければならない、と思います。 

目覚めようとする人類の意識を受け止める場が 「神性復活」なのだ・・・と思っています。

2015年に富士聖地で神性復活が宣言されました。

これで、地球上で初めて、迷う人類の意識を受けとめ、究極の真理へ向かわせる場が刻印できたのだ・・・と、その時感じました。(もちろん私の個人的な感想ですが・・・。)


真の救いは、究極の真理 我即神也 に目覚めること。

因縁因果の原因結果の横つながりだけの輪廻の回転から、縦に(天に)つながる真理=世界平和の祈り・「我即神也」 に目覚めること。 

それは、『人間と真実の生き方』で五井先生が冒頭で説かれた真理、

「人間は本来神の分霊であって、業性ではなく、つねに守護霊、守護神によって守られているものである。」 ということ。

現象世界で、神性復活するためには、守護霊、守護神のサポート、指導が欠かせないと思っています。

私自身、自分の感情が高まり上手くコントロールできないと、「守護霊さま守護神さまありがとうございます。」と、意識が縦(天に)に繋がるようにサポートを求めます。

人は、自身が何を信じているかで普段の言葉、想念、行為が決まります。

究極の真理を頭では判っていても、現実世界の只中にいると、

いつの間にか過去に生きる凡夫の自分になってしまいます。




本当に真理が分かったなら、本当に信じたなら、

自分から発する、言葉、想念、行為は 自ずと神性を顕しているはずです。
そして神性世界を創造しているはずです。

だから日々、意識的に生きるのだと思います。 

自分は本来何者か、何のためにここにいるのか・・を確認しながら。
真の世界を創造するために。



***************************************************************

絶対なる真理4   信じること  選択・決断・決行


 『(絶対なる)真理を一口で判りやすく述べると、あなたの人生の中で何が起ころうと、それはすべて、あなたが信じていることそれ自体が、あなたの人生に現れているのだということである。
あなたが信じているその意志に反して起こることは、何もないのである。信じていないことが起こる可能性はゼロである。

一体何を信じているのか。それは固定観念である。』(07-12




この真理は「心の法則」「想念の法則」である。信じることが固定観念であれば因縁因果となる。それが究極の真理「我即神也」であれば果因説の生き方になる。

我々はそのどちらでも選択できるのである。今までのことを言うと、『あなたの人生に繰り広げられてゆく善も悪も、幸せも不幸せも、病気も、事故も、、、あなたが死ぬ瞬間に至るまで、その因は、すべてあなた自身の信念そのものに起因しているのである。』(07-12


何があろうが、無かろうが不平不満、怒りで受け止めるのではなく、「愛と赦しと消えてゆく姿」で受け止めなさいということである。一朝一夕で出来ることではない。しかし、出来るまで努力する価値のある真理である。
それに加えて、果因説の生き方があることを忘れてはならない。果因説があれば、借財をすべて返済するまで待つことはない。大難は小難に、小難は無難に、大難すら無難にし、なおかつ、神性を顕現する道が示されているのである。その道は『進化創造』とも言われる。


現代版十二因縁ではないが、信念に続く要因についても繰り返し説かれる。

『(潜在意識の)一番の働きは、自分が何を信じているかを基準にして、選択、決断、決定が行われるのである。この選択こそが、人生を大きく二分するのである。』
(07-12)

これは『選択、決断、決行の真理』(07-02)とも言われる。

現象の受け止め方だけではない、いかに望ましい姿を顕わしてゆくのか。同じ原理、法則が使われるのである。


『自らの人生は選択により創造され、選択により滅びてゆく。その選択の基準こそが、何を信ずるかなのである。』
(06-10)

『自らのの結果を受け取る、というのが真理の法則であるから、ゆえに我即神也を信ずる神人には神の世界のそのものが顕現されてくる。

神人は未来の輝かしい神の世界を地上に顕現するために祈り、印を組んでいるのである。』(06-10


因縁因果説が絶対ならば、そして過去によって未来まで決定されているならば、『人間としての創造力、個の尊厳、個の自由意志が全く無視されることになる。過去の因果で未来は決まらないのである。自分の現在も未来も、自分の自由意志と創造力によって、いかようにもつくり出してゆくことが出来るのである。』(07-06


因縁因果説だけでは人類は救われない。果因説は人類にとって有難い生き方である。


<白光ノート から>


[PR]

by mppoe-light | 2017-04-30 21:06 | 真理について思ったこと