究極の真理 絶対なる真理 そして祈り

白光ノートから 絶対の真理1,2を読んで、五井先生が教えて下さった、祈り=命がのりだす を思い出しました。


「我即神也」が「究極の真理」である。他方、「絶対なる真理」とは、その神なる人間が自由意志と無限なる創造力によって自分の人生を創ってゆくことである。

<絶対なる真理2  自由意志と創造力 から>



縦につながった(神性につながる)人間が、自らを信頼して生きることが真に生きること。真に生きることは祈ること



祈り=生命(いのち)を動かす

縦に真っ直ぐにつながり、「神性、すべては完璧、欠けたるものなし、大成就」

を肉体を通して顕す。 絶対なる真理(自由意志、無限なる創造力、能力)によって。



宇宙神から放たれた光=「私」 

今までもこれからも永遠にある「私」。

素晴らしい!今、「私」はここにいる! 



「私」は、“今”にいる。 過去には存在しない。

「私」は常に創造している。自分が気付いてもいなくても創造をしている。


心が過去に向かっていれば、神性から離れた創造をし、

心が今にあれば、究極の真理を形に顕す。

意識的に生きなければ と思います。 過去に向かおうとする心を振り切り、
自分の意志と選択で「今」を選ぶ努力が必要です。

********************************************************************



◆絶対の真理1


究極の真理とは、「我即神也、人類即神也」のことである。

それとは別に絶対の真理と言われる法則がある。

この二つの言葉は白光誌では全く100%使い分けられているわけではない。概ねといったところである。両者とも何度も繰り返されていることなのだが、それだけ重要なのである。

究極の真理とは本質論、認識論である。本質論は、現象の如何にかかわらず不変である真理のことである。

それに対し、絶対の真理とは現象論、行動原理である。

(省略)

絶対真理とは 『あらゆる現象の原因は、すべて自分自身の内なる心にある。その内なる心が外なる現象をつくり出している』 ということとされる(05-10)。



真に生きることは 『自分自身を信じることから始まる。自分自身を信じるとは、すなわち自分は運命に翻弄されるものではなく、自らの運命を支配し、創造してゆくものであるということを信じることである』 (05-10)とされる。

絶対真理、心の法則=因縁因果の法則という単純な理解では事足りない。これは単に起きてきた物事を受容する法則でもない。神人が天命を完うしてゆく道そのものである。  



◆絶対なる真理2  自由意志と創造力


 前回見たように、「絶対なる真理」とは心の法則であり、それから派生する真理のことである。もう一つの事例を見ておく。
 『生命の尊厳』(01-02)では、「絶対なる真理」は、次のように「自由と創造力」に関するものとして説かれる。


『すべては自由と創造から成り立っている。人類に与えられている平等とは、自由と創造力そのものだ。
この自由と創造力は、皆が考えている以上の働きをする。

それは、その無限なる能力を信じ、プラス思考ですべての物事を創造してゆくならば、その人の人生は、全く方向転換してゆく。

そして、その力は大いに発揮されてゆく。
なぜならば、それこそが絶対なる真理そのものであるからである。

内なる無限なる能力を顕現することによって、自らの人生の輝かしい未来を創造してゆくのである。』(01-02



絶対の真理の根幹にあるのが「自由と創造力」である。それは生命の権利とも言われる:



『神が人類一人一人に与えた生命の権利、自由と創造ほど尊いものはない。』(00-04


また、それらを如何にして発揮してゆくかが人類の課題と説かれる:


『人類が天より与えられし無限なる創造力と自由意志、そして無限なる能力、それらの天賦の才をどのように発揮してゆくかこそが、今生を生きる人類一人一人にとっての大いなる課題なのである。』(06-01


また、『すべては個人の自由意志という絶対なる法則に委ねられている』(04-04)とも説かれる。

自由意志は創造力とともに特別に重要視される:
『すべてはこの自由意志に任されているのである。原因は同じでも、個々人の意志によって、違った結果が生じてくるのである。この自由意志というものには、すごい権限がある。真に人間を動かしているものの正体は、自由意志である。

結果に導くのは、他の力でもなければ、神でもない。あくまでも自らの自由意志によるものである。』(04-04


この聖域には宇宙神さえ介入出来ないとされる:


『宇宙神は、人類一人一人の意志決定に介入することはなさらないのである。』(03-07
『自由意志は、人類一人一人に与えられている素晴らしい叡智である。ゆえに宇宙神は、人間の意識や心を決してコントロールなどなさらない。たとえ、その自由意志が善にも悪にも応用されようとも、人類一人一人の責任と、自由意志を尊重しておられるのである。』

(06-01)


「我即神也」が「究極の真理」である。他方、「絶対なる真理」とは、その神なる人間が自由意志と無限なる創造力によって自分の人生を創ってゆくことである。


[PR]

by mppoe-light | 2017-04-25 21:24 | ピタゴラスさん啓示録から