神さまの作品



私の選択、決定によって決められ発せられる言葉、想念、行為。それが今の私の姿、容姿になって表現されている。
今、自分はどんな姿を表現しているのだろうか。 純粋で、清らかで、美しく輝いた姿を表現しているのだろうか。 調和した言動を表現しているだろうか。。。

私の姿は神さまの作品 と言ってもいいのかも。 神さまの作品ではあるけども、
決めるのは私自身。 すべて私に任されている。
私が私自身のことを 神性はなく、ただの肉体だけの人間と想い、選択・決定した言葉、想念、行為ならば、その時の私は 愛薄い輝きの無い神さまの作品。
私が私自身の神性を信じ、それを顕そうと思い、選択・決定したならば、その時の私は 愛深く光り輝く本来の神さまの作品。
私は、神さまの無限の可能性を使って、自由に自分自身を創造している。

今はもう、
自分の神性を信じることに、喜びと、平和と、幸せを感じていて、神性の中に至福があることに気づき始めているから、 もう後戻りはしません。 
私は我即神也 人類即神也、すべては完璧、欠けたるものなし、大成就を選択し創造します。 その結果、顕れる、「私」という個性を持った聖なる姿。

私はこれから どんな「私」を(作品を)創造していこうか。
私の姿は常に私自身が決めています。 だから、いつも真理を想い、求め、真理とともに生きることを忘れないようにしたい と思いました。


c0074000_21321893.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2016-05-31 21:34 | 真理について思ったこと