「心についての問答」から

「阿難」の中の 心についての問答  の、ほんの一部分、
 本心と業想念を区別して考えることを説明しておられる部分です。

心についての問答

「阿難よ、おまえの心も私の心も同じだと思うし、天の倫理も同じに働くと思うが、おまえは私の法話のどこがよくて発心を興したのかな。どうして、世間の深い恩愛を捨てて
出家したのかな 」

「阿難よ、その答えも真実ではない、覚知する心と分別する心とは一つのものではない。覚知する心とは本心であり、分別したり認識したりする心は因縁性の想念である。
直覚し、知覚するのは無死無生の心、空の低にある無限の心と等しき心、仏と一つの心であり、眼で見、耳で聞き、想いで分別し、認識しようとする心、善悪を判断しようとする心等々は、すべて仏の心、自然の心に相反する業因縁の心である」

「おまえは常に如来と相対する時は、どういう心でいるのか?」

       「如来に対します阿難は、勿論、本心の阿難でござります。
        業は如来に相対することは出来ません」

「それでは、常に如来と倶にいる心、如来と相対する心でいられれば、阿難は、本心そのままでいられるわけであるな?」

「左様かと存じます」

「では再びいうが、昨日迄の出来事は、すべておまえの無明のなせるわざ。
けっしておまえの本心が傷ついたわけでもなければ、おまえ自体が駄目であったというわけでもない。おまえの本心は、依然汚れず痛まず、真玉の如く輝きわたっているのである。」
***********************

「おまえは常に如来と相対する時は、どういう心でいるのか?」

「如来に対します阿難は、勿論、本心の阿難でござります。業は如来に相対することは出来ません」

業想念の私は神性と向き合うことはない!できない!我即神也を自覚するのは真の「私」が神性だからこそ。
自分の中の神性をもっと強く認め、信じて、いつも自分の中に 我即神也 を置いておけるよう意識して生活しなければ・・・☆

神のみ心を離れて、我々に救いがあると思ってはいけません。他に何一つ救いはないのです。
なぜならば、この世に実在するのは神と神につながる生命のみであり、その他はみな消えてゆく姿だからです。

神のみ心とつながっている一瞬一瞬が、過去、現在、未来という、業性の現象社会を超えた、真実の「今」でありまして、その今を生かしきってゆくことによって、人類は真に地上天国を現出することができるのであります。

<愛すること> から

すべては完璧、欠けたるものなし、大成就

c0074000_22473833.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2016-05-05 22:52 | 真理について思ったこと