明確かつ神聖な意志を持って生きる


意識的に生きるとは・・・・・明確かつ神聖な意志をしっかり持って生きるということである。

明確かつ神聖な意志・・・・ 我即神也 すべては完璧、欠けたるものなし、大成就を自覚する。


『意志こそが、その人の人生を創造してゆく原動力なのである』(04-04)。
なぜなら
選択・決定・決行するのは意志である

日々、現実の日常に生きていると、 自分の想いをダラダラと漫然と流しっぱなしにしてしまいます。 目の前の出来事に反応したまま、無意識に生きてしまいがちになります。
(とっても反省・・・。)
だから、自分自身をチェックしていくことが大切。
チェックしようと気づくためにも、 日々、自分の明確な意志を確認することが必要。

究極の真理 我即神也 人類即神也 すべては完璧、欠けたるものなし、大成就
が、私たちの本来の姿。 ならば、肉体を持った生活の良しあしは二次的なこと・・・と思えます。

今の自分の人生がどうあろうと、 究極の真理を信じ、意志を持ち続け生きることで、
現生活、現人生は 自ずと調って、平和で豊かなものなるはず。
どちらに強く意識を置くかといえば、 当然、
形の世界の状況・消えてゆく姿 よりも、人類は本来何であるか、と言う事。
本来の世界は、完璧、欠けたるものない、大成就の世界、ということ。
日々の生活は、真理を顕すための場。現実生活はそのためにある。。。


「ダラダラと鈍で生きていても意味がない。」 と言ったことを
五井先生が言われたような気がします。

目的意識を持って生きる、 明確な意志を持って生きる。 誰かが、神様が成就してくれる訳ではない。 
祈って、ただ待っていれば、すべてが良くなるのではなく、成就させるのは自分自身。世界を平和にするのも、豊かに幸せにするのも、自分自身。

目的意識を持って、 明確な意志を持って。

呼吸法を通して、『意志力はさらに高められ、強められ、確固たるものになり、(神人は)ついには自らが欲するものはすべて手にするという真理の法則の証人として、世に立ってゆくのである』(04-04)


c0074000_9232774.jpg


毎日、祈り、印、呼吸法など繰り返していますが、、、最近ちょっと意識は下降気味かなぁ・・・
(;一_一)あらまっっ

昨年から、何度も強く講師になるように勧められています。講師になるというより、
自分を鍛え直すために、富士聖地には通いたいな とは思うのだけど、、、。 う~ん。。。。
どうしよう????  ピラミッドにもまだ入ってないし、7月や9月の大きな行事にも参加したことがありません。 もともと私はゆるい人。。。(笑)


呼吸法と意志力

 意識から更に一歩踏み込むと、意志という領域がある。意志は意識の中核をなす。
個々の意志は宇宙神の光の一筋という天命を担っている。
個々の意志は宇宙神直伝の完全な自由意志である。
意識的に生きるとは、自由自在に、意志のままに、自己の望む姿を現実世界に顕わしてゆくという神の生き方である。
それは明確かつ神聖な意志をしっかり持って生きるということである。

『意志こそが、その人の人生を創造してゆく原動力なのである』(04-04)。

意志は絵筆の如く、人生というキャンバスに自らの欲する姿を描いているのである。選択・決定・決行するのは意志である。その結果が現われるのは、自らの創造力によるものである。それは因果という宇宙法則によるものと言うのと同じことである。

呼吸法を通して、『意志力はさらに高められ、強められ、確固たるものになり、(神人は)ついには自らが欲するものはすべて手にするという真理の法則の証人として、世に立ってゆくのである』(04-04)。

呼吸法は無意識に否定的想念に流される生き方を止めて、神としての天命に生きるように方向転換する場である。同時に、人類全体に光明波動を遍く行き渡らせているのだから、呼吸法は素晴らしい。

呼吸には①吸う、②止める、③吐くの三つの動きがある。それらにはそれぞれ、
①宇宙神の光を肉体に収める(降ろす)こと。
②宇宙神の光を自分の望む姿に変換すること(神性顕現)。眼に見えず形無き光を物質化すること。
③その宇宙神の光と肉体波動をブレンドして人類に贈る(人類救済)という機能がある。

どの働きも、人の意識的、意志による行為である。また、それぞれに①「我即神也」、②「成就」、③「人類即神也」という神霊言(しんれいげん)が指定されている。

 呼吸は普段は無意識的なものである。しかし、呼吸法は意志的な行為である。呼吸によって、それぞれの三つの意志が効果的に実現するようになっている。

とりわけ重要なのは、呼吸を止めるときである。自分がこの世で何を実現するのかを明確に意志する必要がある。それは個人的なものであって、自我のものではない。
呼吸を止めるときは、天降った神としての自分の意志を宣言するのである。
つまり、それこそが生命の宣言、祈りなのでる。この祈りの道は意志を成就させる道である。
祈りは現実世界の創造であり、宇宙神の光の物質化である。
言い方を変えれば、宇宙神の光である宇宙子は呼吸と意志を通して物質化し、同時に人類に遍く浸透してゆくのである。

 呼吸法は神の息である。神の意志の言葉は神語である。神の意志の言葉は祈りである。
神語も祈りも宇宙神の意志を成就させる言霊である。その意志は既に神の世界では成就している。すべては整っているのである。大成就。            


c0074000_927632.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2015-06-23 09:27 | 真理について思ったこと