”選択”すること

本当の私は、愛の人、赦しの人、調和の人、光り輝いている人、すべて完璧な人。

本当の私を選択すること。

究極の真理⇒果因説 の生き方をしていくためには、
“消えてゆく姿”を忘れないでいること。

消えてゆく姿の教えによって、過去の古い私(肉体人間観の私)を振り切る、
と同時に
神性の私を受け入れる。 これは“即”行われること。

「肉体人間観を信じる過去の私」 と 「我即神也」とが いつも二つ存在するように思えるけど、
「肉体人間の自我=私」 は消えてゆく姿、  実在は我即神也 だけ。

「私」という意識は、我即神也 と 我即非神也 を二つ同時に選べない。
我即神也 を忘れて、我即非神也の私 となり、
我即非神也 を消えてゆく姿にして、我即神也に入る。

いつも、常に、意識は二つのどちらかを選んでいる。
毎瞬選んで、選んだ世界を受け取る。  
選択する権利は私だけが握っている。いつだって、どちらかを自由に選ぶことができる。
ということは、
選んだ後の結果には全責任を持つということ。

自分以外の誰かに、自分よりすぐれた立派な人に付き従うことが、私を幸せにしてくれるのではなく、
私の中の無限の幸せ、喜びが私を幸せにする。 (顕れる)
私の中の平和が、世界の平和の元になる。

世界人類が平和でありますように  人類即神也
c0074000_1944258.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2014-10-30 19:45 | どってことない話☆