神だから☆神として☆

自己否定の想いが身についているせいか、自分の神性を認めるために、何か特別な結果を求めたくなります。自分の特別な存在意義を見つけたくなります。

でも、どんな自分でも、どんな状況でも 自分の奥には光り輝く神性がある。
だから、先ずその神性を信じ、意識して認め続ける。

私は、
神になるために、神行や神事をやっているのではありません。
私は神だから、やっています。 まだ神性は100%顕れてはいないけど、時間の問題。 
果因説だから、神として、神だから神行や神事を行うことで、これから将来の私は増々神性を顕現することになる。 
 
そして、
自分の神性を認めた私は、
意識して正しい選択をするよう努力する。


今、どんな姿を現わしていようと、どのような状況に置かれていようとも、
人間は本来神の分御霊であり、業性ではない
だから、私(私達)は無条件で神。
無条件で自分を神と認めるからこそ、無条件で人類を神と見ることが出来る。
たとえ人類がどんな否定的な姿を現わしていようとも。 無条件で 人類即神也

我即神也 人類即神也

c0074000_2282080.gif

[PR]

by mppoe-light | 2014-09-22 22:12 | 真理について思ったこと