と言うことで・・・宇宙に宣言いたしますっ☆

過去を清算しながら、体験を重ね その結果 神意識に到達するの?
因果説のままで生きるなら それが真実と言っても仕方ないけど・・・。
でもっ!
果因説(我即神也)から見れば、因縁因果は 神を忘れた人類が一時的に避難する場なのかもしれない。

輪廻を繰り返しながら、私たちは、本来の自分は何者なのかを思い出す。
我即神也という “究極の真理”に出合ったなら、 因縁因果はもう必要がない。
過去は必要がない。
なぜなら、 
究極の真理は自分が創造者であることを思いだす真理だから。
自分自身が創造者と識ったなら、もう過去は必要はない。意味がない。
もともと過去は消えてゆく姿なのだから。
過去の私は、真の「私」ではなかったのだから。

過去の影響を受けながら(捉われながら)人生を歩むのは因果説。
消えてゆくために現われた問題を回避しようと、捉われ続けるのは、過去の出来事が真実である と、強く認めているようなもの。
もう自分の中に、我即神也 すべては完璧が在る・・という真実につながったのだから、 消えてゆく姿を前にしても、批判、非難、評価を下さず、それらに一切関知せず。
ただひたすら、我即神也 を信じるべき。 
思考を因果説から果因説に修正して、
自分が創造する立場であることを自覚すること。   ううぅ~っ (>_<) やらねば~っっ。 

有り難いことに、 祈り、印、マンダラ、呼吸法を与えてもらっています。
これらを通して、我即神也をもっとしっかり自覚し、そして次は
我即神也を意識しながら、祈り、印、・・・を行すれば、それは神性を顕したことになる。

その繰り返し、積み重ねが “自分を信じる” ことになり、 
自分を信じることが、本来の正しい“選択”へとつながっていく・・・
そうなった時、 私は人生の創造者になった・・・と言えるのだっ・・・!

ということで・・・
私は宇宙に宣言いたします。

我即神也  私は宇宙神とつながった光です。意識です。
だから、すべては完璧、欠けたるものなし、大成就


c0074000_1543184.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2014-07-27 15:45 | 真理について思ったこと