「現象を根拠に自分を評価しないこと」

どんなに物質面で欠けているように見えたとしても、それは自分が欠けている部分を見ているからです。
どうか、いい面だけを見てください。欠けているものを見てはいけません。聞いてもいけません。触れてもいけません。

いいものだけを見てご覧なさい。
奇跡が___奇跡というよりは明日から、今日から、今から変わるのです。

過去の自分を見て、自分を否定することは必要ありません。神様は全部赦してくださっています。


<6月号法話>から


昌美先生の果因説とは、過去の土壌にも、未来の土壌にも栄養素を蒔くことではないと思います。そうです、三つ目の土壌___それはまさに今という土壌。

昌美先生の生き方を見ていて、果因説のメソッド(方法、実践)、不可能はないというメッセージからは、未来の自分にではなく、今の自分を信じる力を強く持つことが大切なのだと感じます。
果因説の種は、まさしく、現在の自分の中に隠されているのです。その種に向かって、栄養素を蒔くこと。それこそが果因説なのです。

今という自分が、未来のすべてなのです。


<6月号 由佳先生法話 「果因説の種を発芽させるには」>から


「今」 は、即。 我即神也  
私の内には、今この瞬間にも神性が在る。
今までも、これからも、永遠にある神性。 我即神也。
 
だから、
今、私は、すべては完璧、欠けたるものがない。
今、私は、神聖で気高く純粋で、欲がなく、崇高で、尊い。
今、私は、すべてに充たされ、愛されている、祝福されている。

神「私」は、無限なるものすべてを現象世界に創造することが出来る。

c0074000_18373531.gif


今、自分が何を信じて、それに基づいてどんな思考しているか。
それが未来に映し出される。現実化する。
私たちは創造者だから。


私は現実世界の何を見つめ、どう認めているか・・・・。
現象世界の、暗くて、否定的なものを真実と信じ込んだまま思考を続けないように。
現われている自分自身の姿、過去を真実だと認識しない。
何が偽物で、何が本物かを見極めることができるよう、リハビリが必要。

消えてゆく姿で世界平和の祈り、我即神也、 すべては完璧、欠けたるものなし、大成就   

思考を変えるとは自分に対する見方を変えることである。
  現象を根拠に自分を評価しないことである。


『因果律を手放すことは可能』

 カルマの法則は絶対法則ではない。カルマの法則を維持しているのは、人間サイドの『魂の生き方』つまり意識レベルなのである。
では、どのように因果律を手放すのか。

『①ただ自らの思考を変えればよいだけなのである。②自らに今まで欠けていた真理の栄養素を与えればよいだけなのである』。


①思考を変えるとは自分に対する見方を変えることである。
  現象を根拠に自分を評価しないことである。
  これには多少、思考のリハビリ訓練が必要になる。

 通常の「現状つまり普段の自分と理想の自分とのギャップ」という思考回路がある。
その回路ごと手放す訓練をするのである。
この因果説の思考回路は果因説になると、「現象つまり過去の自分と真の自分との分離」と言うことになる。

「神になれますように」ではなく、「我即神也、私はもう既に神なんだ。元々神なんだ。そもそも神なんだ。初めから神なんだ」と「不完全な自分はさておき」、「我即神也」にしてしまう。
どんなことがあっても、「神様に顔向けできない」などと、絶対に思わなくていいのである。
それ以上に大事なことは、自分を神として愛すること。この訓練をするのである。
自分を自分が愛してこそ、自分はすべてから愛され、すべてを愛することが出来る。自分を自分が愛せずして、自分を愛する人はなく、人を愛することも出来ない。


白光ノート  『因果律を手放すことは可能』 から

http://fujiyama122.blog.fc2.com/blog-date-201203.html



c0074000_18415755.png

[PR]

by mppoe-light | 2014-05-29 18:42 | 真理について思ったこと