選択の基準 我即神也

<2月号 昌美先生の法話から>

自分の人生と人格を創っているのは、日々の選択

「あなたが今日、どのように生き、どのような選択をするかによって、あなたの人生は創られていくし、
あなた方の人格も創られてゆく。 我々は何かを選択するたびに人格や人生を築いている。」

何を選択するかの、選択の基準は、 自分が今、何をどう信じているか ということ。

「究極、自分がどこまで自分を認めるかにかかっているのです。」


我即神也 すべては完璧、大成就  を繰り返し確認していく。

「改めて選択の基準を申し上げます。過去を引っ張ってきて、ああだこうだと思わないでください。
その時間があれば、今を一生懸命生きるのです。」

「過去はないのです。 過去を掴んだらダメです。掴んだ分だけ自分が苦しむのです。
赦してあげる。自分をも赦すのです。
まず自分を赦さなくては。」

 今、我即神也  今、過去はなく、 すべては完璧



リーダーのリーダーたる器とは
世間の人々の心から忘れ去られるほど
自らのことを一切黙して何も語らず
一つの足跡も残さない
ただひたすら世界平和の祈りを世界中に響かせ
宇宙神の究極なる光を放ちつづけ
神秘と畏敬の念に満たされた
崇高なる人を指して言う

<ザ・フナイ12月号 昌美先生のお話 「これから世界は変わる」 から>

「私」は光から来たもの、「私」は神(光)そのもの
「私」はどこであろうと、いつであろうと、肉体を持ったまま
神の姿を現すばかり  

c0074000_2331727.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2014-02-05 22:32 | 真理について思ったこと