『意識して神行を行い、無意識に内なる神性を表す』

昌美先生の来年の講演会日程をチェックしようと 白光誌5月号を取り出しました。
表紙の法話タイトルが目に入り、 気になってまた読み直してみました。 


『意識して神行を行い、無意識に内なる神性を表す』 

私たちは、宇宙神に何一つ劣るものはありません。同じ無限なるエネルギー、無限なる能力、無限なる叡智を持って生まれてきているのです。それを使いこなすのです。使いこなすためには、意識的に神行を行うことです。

五井先生は「祈ることはスイッチをいれること」とおっしゃいました。 

スイッチの場所を教えてもらい、探す。そしてスイッチを見つけて点ける。ここまでが自力です。後は他力です。パーッと光が出たら、自分で電気スイッチを探さなくても、自然に部屋は明るいままです。 

意識を我即神也に向ければ、あとは法則の通りに真理の光が溢れ出る。 自分の中の無限なるものを使いこなすためには、意識して神行を行うこと。自我の私を消えてゆく姿にして、本来の「私」を確認すれば、真理の光が流れ出す。 自分の中の無限なるものを使いこなす。 

自我の小さな私を 消えてゆく姿として手放して、本来の「私」(我即神也)を自覚する。 この繰り返し。 

我即神也、宇宙神の光そのもの、無限なる愛、無限なる叡智、無限なる成功、・・・・ というものが常に自分の中で鳴りつづけるように、 繰り返し繰り返し、自分の神性を認める。

c0074000_23084262.jpg

 


[PR]

by mppoe-light | 2013-12-17 23:12 | どってことない話☆