「神」という真実の有難さ。

自分が「神」 であることの有りがたさ。
私は本来神だから、 すべての人を愛している。
私は神だから、すべてを赦している。

私は神だから、美しく、清らかで、気高い。
私は神だから、完璧で欠けたるものなし、大成就
人類も同様。 
これが大前提。 

たとえ、たったさっきまで、誰かを批判してしまったとしても、
それを消えてゆく姿として祈り、 意識を神意識へ上昇させた時、

私=神は、すべての人を赦し、愛している

これこそが真実。 それが真実の「私」。 真実の「私」を信じる。
真実の「人類」を信じる。 

これを信じれば信じるほど、

批判、非難の想いから解放される、 責めることから解放される。
自分自身が自己限定から解放され、心が平和で豊かになる。

ちょっと勇気を出して、言ってみようかな、 自分自身に語ってみようか・・・と思う。
そうすれば、それが顕せるようになるのでは・・・。 

「私は神だから、すべての人を愛しています。 私は神だから、すべてを赦しています。」


我即神也  人類即神也

(あら、、、??? 文字が大きくならない・・・・ (T_T) 

c0074000_21583670.jpg



[PR]

by mppoe-light | 2013-12-08 22:08 | どってことない話☆