”生きること” ”生きる意味”・・・など

光を知ったらからこそ、反省することに多く気が付く。
反省と同時に意識は必ず光に向ける。(光が先か、反省が先か・・・?(笑) 
 光はどこにあるか。光は世界平和の祈り、我即神也。 光は究極の真理の中に。

謙虚さは愛の気持ちから生まれる と思う。 
下座に着くということは、心の奥に、相手を尊重し愛する という気持ちがあるから。
自分の中に愛を充たしていけば、 謙虚な気持ちが自然に顕れる、と思う。
相手の神性を感じているから、謙虚さが自然に顕れる、

「和顔・愛語で下座につく」

私たちの言動を、本物の美しさ、輝かしさに戻してくれるのは、究極の真理。我即神也


究極の真理は、ただ単に、この世を上手く乗り切るためにあるのでない、と思う。

この世のことは、
誤解、錯覚の産物の現象界を消えてゆく姿にして、 本来の神性を輝かせることに意識を置けば、 現象界の問題は自然に解決する・・・はず。 なぜなら
すべては完璧、欠けたるものなし、大成就 だから。 

我即神也を信じ続けていれば、
抱えた問題も、心の中では大きな負担にならないはず。
本来は空っぽなものだと理解しているから。 もともと自分は完璧な存在と知っているのだから。


我即神也を自分の中で極めた人にとっては、
現象世界とは、結果を期待したり、何かを求めたり、満たしてもらう世界ではないのだ、と思う。
現象世界は、究極の真理を顕す場。 光を放ち続ける場。 与え続ける場。

本当に「生きる」とは 光を放ち続けること、与え続けること…なんだろうな・・・と思います。 
あ、創造者であることも付け加えたい。


真理の事を考えると、 いつも 人間の存在、生きる意味、生き方 へと想いが向かいます。

私たちは何者で、なぜ存在し、生きることはどういう意味があるのか。
哲学っぽい疑問だけど、その答えが「究極の真理」 と思う。


ウソなる自分を否定して否定して、否定して正して、本当の自分に成るのではない。
 本当の自分を認めて認めて、認めて愛して、本当の自分を顕現するのである。
 『あなたのいるところ神聖なのです』(出エジプト記3-5)

 不調和な想念をなくして、神に近づくのではない。
 不調和な想念は『消えてゆく姿』なのだから、あなたは神そのものなのである。
 あなたが自分自身を神と認めさえすれば、そこが神の国なのである。

神性とは認めることによって顕現するあなたの本心である。

ピタゴラスさん「パスポート」 から





c0074000_22492717.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-10-29 22:50 | 真理について思ったこと