言葉というのは不思議・・・☆

言葉と言うのは不思議なものだな、、、と思いました。

 毎日、 「私は神だから、無限なる健康であり、無限なる豊かさであり、・・・・・若さであり、それを顕す、成就した! ありがとうございます。私は幸せです。」
 
と繰り返しています。 1~2回くらいです。

始めの頃は、「成就した」 という言葉に、気持ちが入っていませんでした。
(というより、どう気持ちを込めていいのか、それも解らなかった。。。(^_^;))

“成就”と宣言していても、成就できることを疑っていた・・・のだと思います。 
・・・つまり自分の力を信じていないってこと。

先日、いつものように 宣言していると、、 「いったい誰が成就するんだっけ・・・?」

なんてことを思いました。

「無限なる・・・を(神性を)この世界に成就するのは私、なんだよね。
上の神さまが私の為に成就してくれるものではなく、 “私”と言う意識と、神性を信じ、顕そうとする意思が成就するんだ。」

 と思いました。
なぜなら、私は本来神であり、すべては完璧、欠けたるものなし、大成就 だから。

その完璧なものを、今の世界で顕すために、肉体を器に活動しているわけで、
たとえ、今の自分の現状が成就にはほど遠い状態であっても、それは過去の私の意識の顕れにすぎず、(過去の意識は 我即肉体也 だったから)  消えてゆく姿。

色即是空、消えてゆく姿に捉われないで、 
我即神也を認め、いつも意識し、信じる。信じる力が成就させる。 つまり空即是色。 ということ・・かな。

自分が創造者であったことを改めて確認しました。
 
“私”という意識と、神性を信じる力で、この世界に成就を顕すことができる。 と思います。

以前よりも 「成就」という言葉に気持ちが込められるようになりました。
本物の“成就” という宣言に近づくことができたかも。(*^_^*) うれしー♪

言葉とは不思議なものだな、、 
宣言を繰り返すことで、言葉に含まれた深い意味が徐々に伝わってくるからでしょうか。 

言葉は自分の住む世界を創造する。  
やっぱり言葉には力があるのだなぁ・・と思いました。

c0074000_22171480.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-10-09 22:23 | 真理について思ったこと