『同一化』 ☆ 『頂き直す』 ・・・・のこと

この頃、印を組んでいると、 『同一化』 『頂き直す』  という言葉が浮かびます。


前回の日記の中にもあった、昌美先生の言葉 ↓

『神人は、神そのものと同一化しようとするからこそ、神人として光り輝き、すべてが充足されてゆくのである。』 (2003-09)

同一化しようとするからこそ、光り輝き、充たされる。 
同一化しようとする生き方が、神人としての生き方。 神性顕現の生き方・・・ということか・・・

同一化・・・というと難しい感じがするから、 「統一」 でもいいのかも。

消えてゆく姿の自分を神様にお返しして、 新しく頂き直す。 
たしか、、、五井先生はこんな風に言われていたと思います。(間違ってたらごめんなさい・・・☆)

今やっとこの言葉の意味が分かるようになりました。

消えてゆく姿である自我の自分を手離す、何処へ手離していいか分からないから、守護霊さま守護神さまに渡してしまう。
そして 
神さまに統一する、本来の自分に統一する それは我即神也 ということ。

その我即神也と同一化することで、すべてが充たされていく、つまり・・・
神さまから新しく頂き直す。 それは神性から溢れ出る 無限なるものすべて。

『同一化』、そして『頂き直す』 この二つの言葉、もうしばらく自分の中にしっかり置いておこうと思います。
 


c0074000_21262072.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-09-24 21:28 | 真理について思ったこと