自分の中にあるのだから。

                           あぢ~っ
c0074000_21213440.gif
             


自分の中にすべてあり、欠けたるものなし、・・・・なのに、外側に求めてしまう。(>_<)
自分を救うのは自分。命を生かすのも自分。
すべては完璧、欠けたるものなし 大成就 なのだから。

一般に人は 自分は不完全で、欠けてばかりで、何も達成できない・・・と錯覚、誤解している。
そのため 心はいつも満たされることなく、空白だらけで寂しくて、不安で・・・・。 

その空白を埋めるために、外側に喜びや、安心や、幸せ、・・・を求める。
それは本来の自分(我即神也)を無視している状態、 
よって 心はいつも充たされず、隙間だらけ。  法則通りに、充たされない不安定な人生を体験する。

大事なのは、
自分を救うのは自分。自分を活かすのも自分。 なのだ。

自分の中には、欠けたるものなくすべてが調っている。それを信じる。
では、それを100%信じるためにはどうすればいいか・・・というと、
それはやっぱり 
自分を赦し、愛すること。

そのために、五井先生、昌美先生は、様々な神行、神事を降ろして下さいました。 
真理を学び、実践することで、一人一人が自立できるように。
本来、自分の師は自分だから。 


c0074000_21233766.gif


たとえば、
自分の意見や考えに100%の確信があれば、たとえ周りの人がすべて自分の考えに反対しても、
何も動じることなく、自分の意見を相手に押し付ける必要もなく、悠々と生きていけるもの。・・・と思います。  
自分の考えにどこか自信がないから、他の人に同意を求める・・・・
そして、相手の同意がないと怒ったり、不安になったり・・・・人間ってやっかい・・・(笑)

では、100%の確信を得るためには(つまりは直感ってことかな)どうするかというと、
それはやっぱり、
自分を赦し、信じて、愛すること。

そのための様々な神行、神事。 
真理を学び、実践して、一人一人が自立できるように。
本来、自分の師は自分。 尊ぶべき者は、我即神也、自分自身。

初めから 自分の中に答えがあり、「私」はなんでも知っている、わかっているものだから。

昌美先生の法話のタイトルを思い出しました。

自分を極める     

外側に気をとられてばかりいないで、 自分を見つめてみる。自分を掘り下げる。
自分の中に 初めからすべてがあった、整っている・・・・と信じられるまで。
信じていけば、 それは自ずと現象世界に形となって顕れるはず。 

・・・・こんなことを思いました。

世界人類が平和でありますように 我即神也 人類即神也 


c0074000_21253487.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-08-23 21:35 | 真理について思ったこと