我即神也=平和のための貢献

神性を基盤とした思考からすると、世界、社会、人々を救う為の貢献は
まず自らがスピリチュアルな成長をすることあります。

なぜなら、自らが到達した意識レベル波動、自分自身の内なる愛、光のエネルギーの波動こそが、人類の意識の成長にもっとも影響を与えることのできるパワーとなることを理解しているからです。

自我を基盤とした思考を使って、どんなに平和の為に貢献しようとしても、それは必ず失敗に終わります。

真の平和、調和、自由、平等、愛、光に満ちた世界を実現したいのであれば、まず自らがスピリチュアルな成長をしていくことであり、神性、真我に目覚めることです。

 神性に目覚めた思考を使って、世界を変革しようとするとき、そのときこそ私たちは、真に平和、調和、自由、平等、愛、光に包まれた世界を実現できるのです。

「フォトン・ウェーブ覚醒」  <音咲ヒカル>   から



人々を救うため、平和のための貢献をしていても、
自分をおろそかにしてはいけない  



世界平和の祈り、印、呼吸法・・・・
私たちの神行は どれも個人人類同時成道
個人も人類も、真の救いを体得できるようになっている。

人類に先駆けて、すごい生き方をさせてもらっている

私たちの覚醒は、人類の覚醒へとつながっている・・・ のだ!  

我即神也 人類即神也
c0074000_23135494.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-05-29 23:14 | どってことない話☆