入院☆手術 のお話 (3)

手術の翌日、無事、一般の病室へ戻りました。(^-^)

微熱があり(術後は熱が出るものだそうです)、ちょっと体が重い感じがしたものの、
朝から食事はほぼ完食。 
午後には売店に降りて、コーヒーやスイーツのお買いものまでしておりました。。。おぃおぃ・・(^_^;)


病院食は、
白いご飯は美味しいし、おかずも、野菜が多くてヘルシーな献立。
お出しが良く効いていて、薄味で美味しい、私好みの味付けでした。

限られた予算の中、栄養士さんは献立を作るのが大変だろうなぁ・・・と思いました。

c0074000_13111622.jpg



c0074000_13114535.jpg


一日、何キロカロリーで作ってあるのかなぁ。
写真は撮りませんでしたが、脂質が少ない献立もあり、ちょっと物足りないような時も・・・。(^_^;)
でも、栄養士さんがきっちり栄養の計算をした献立なのだから、3食合わせれば、
入院中なら、これでちょうどいいはず。

運動量が多い健康な人ならば、もっとカロリーの高い食事にする必要があるのだろうけど、
それでも、
 日常の私たちの食生活は、高カロリー、高脂肪で
余計なものをずいぶんと摂り過ぎているのか・・・と思いました。



c0074000_13121548.jpg


退院前日に撮影。 術後からずっとこの袋を下げていました。↑
転移検査のために、リンパを調べました。 その際の、リンパから出る排液を溜める袋です。

手術直後は、血液を含んだ排液がいっぱい溜まってましたが、 
こんなに少なくなり
退院することが決まりました。




c0074000_13133333.jpg


これは法友いくちゃんのからのお見舞い

 “無限なる健康”から、お見舞いが届いた~♪ ♪ ♪ (^_^)

乳がんは予後の長いがんだそうです。 これからも定期的に病院で検査、治療があると思います。 

先日、法友いくちゃんとも話したのだけど、、、、
 
人間は、時に、死について考えること、死と向き合うことがあってもいいのだと思う。 
死について考えることは、今をどう生きるか ということ。

生きることは祈ること、神の姿を顕すこと。
 私たちは、本来神である・・・を認める。 それを信じること。
意識して我即神也を自覚し続ければ、無意識に我即神也 を前提にした思考になり、
自然に神性を顕すことになる。 神の姿を表現することになるはず。

究極の真理に感謝!



(終わり)
c0074000_13192129.gif

[PR]

by mppoe-light | 2013-04-14 13:23 | どってことない話☆