入院☆手術 のお話 (1)

午後3時予定の手術は午前9時、その日一番目の手術になりました。
手術室は12室くらい・・・ 各診療科の手術が同時に行われているのだと思います。

いよいよ当日。
法友Kさんから、「医大の手術室、新しくなってる」・・・と聞いていたので、ちょっと
わくわくしながら、青い手術着に着替え、看護師さんと歩いて手術室の中に入りました。
手術の前に、麻酔をしなければならないので、8時30分に入りました。

この日は、「出来るだけ祈ろう・・」、と思って入りました。

中に入って、ちょっとびっくり。とても手術室とは言えない室内。
壁、床は木目調で、大きな油絵が飾ってあったり、美容医療の待合室?みたいな落ち着いた雰囲気。 音楽も流れていたような気がする・・・・。
祈りつつも、周りの様子をきょろきょろ・・・

促されて椅子に座ると、 
奥から、ぞくぞくと手術前の看護師さんが現れてきました。
これからどのくらいの手術が始まるんだろう。 すごい~。


間もなく、看護師さんに名前を呼ばれ、一番近くの番号の手術室に入りました。
16室だったかな・・・?

手術室のドアが開き、中はどうなってるのか・・・・と、入ると、
やっぱりそこは当たり前~の手術室。 だよね。 
SF映画の宇宙船の中っぽいかな?
機械、装置がいっぱいの無機質な部屋。中央に手術台。
個室の手術室にしては、広いと思いました。
上には 医大生の見学用?のガラス窓。

 手術台には、麻酔の先生と看護師さんの二人が待機していました。
もっと周りの様子を見たかったのだけど、麻酔の先生に、手術台に乗って横になるようにいわれ、それ以上見ることできませんでした、・・・・残念。

まず、口にマスクをあてて、酸素をいっぱい肺に送ります。 
そして、左手に針をさし、麻酔の点滴が始まりました。


「いよいよだ、手術室で光ってやるぞっ」
 

世界人類が平和でありますように、 我即神也・・・ 

「?・・麻酔ってこんなもの?、ちっとも眠くならないんだけど・・・」

世界人類が平和でありますように・・・・世界人類が平和でありますように



c0074000_22381966.gif


その後の記憶、無し。

麻酔は、徐々にじわ~と効いてくるのかと思っていたのだけど、 
実際には、一気に ストン! と効くもののようです。


c0074000_2239656.gif


ベッドに近寄って、少し心配そうな顔をして私の名前を呼ぶ姉に気づきました。
手術が終わったんだ・・・と思いました。 

麻酔は、睡眠とは別のものなんだなぁ・・・と思います。 まったくの空白の時間。
麻酔点滴で突然意識が途切れ、 点滴を停止することで、意識が目覚める。
麻酔の時、私の意識はどこにあるんだろう。。。?


私の手術の時間に合わせて、会議をキャンセルしてくれた姉に、
「ごめんね~、ありがとう」 と、感謝♪

とにかく終わって良かった。

次に 執刀を終えた先生が、笑顔で近づいてこられました。

先生の笑顔を見たら、 
感謝と嬉しさが湧いてきたからか、
それとも 「私は大丈夫です」 と伝えるつもりだったのか、、、

なぜか私は、先生に向かって、

左手を出して

はっきりと、



ピースサイン をしてしまいました・・・。。。。。
[PR]

by mppoe-light | 2013-04-04 22:49 | どってことない話☆