瞳の中の ”いのち”・・・☆

今日、鏡で自分の顔を見ていた時、、、一瞬、
「綺麗な目・・・」 と、思いました。

もちろん、その綺麗な目とは 私の目☆  のことです!(笑)

綺麗とは・・・目の形ではなく、黒目、瞳のことです。
鏡で自分の瞳を見て、なぜか、「きれいだなぁ・・」と思いました。
なぜそう思ったのか、 わかりません。

c0074000_1920893.jpg


見かける人々に対して 人類即神也 と投げかける時、
目に見える外見、様子、姿、雰囲気とは一切関係なく、その人の命は光=神 と思って、
人類即神也 と投げかけます。
外見、雰囲気には消えてゆく姿が顕れているかもしれない。でも、
どんな表現をしている人にも、
瞳の中に、宇宙神と繋がる“いのち”を見ることが出来るかもしれない。

であるのなら、
どのような外見であっても、どんな振る舞いをした人であっても、その人の瞳をじっと見つめたら、その人の神性を見ることができるのかも・・・!?

なんてこと、思いました。

現われた姿、形とは一切関係なく、 私たちは神、我即神也
だからどんな人も、どんな困難な状況であっても、
それはそれとして、いったん横に置いといて、
我即神也 すべては完璧 欠けたるものなし 大成就
どんな不幸の状況であっても、究極の善念を起すべき。  それが真実。


瞳の奥には“いのち”があり、それは宇宙神と繋がっている。と、思えば、 
批判、非難、評価も下すことなく、人々の神性を認めていくことが出来きるかもしれないなぁー・・・
と、
そんなことを思いました。

c0074000_19191321.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2013-02-22 19:26 | 真理について思ったこと