”存在”することは素晴らしい。のだ☆


“存在”することが尊い、素晴らしい・・・のだと思う。。
“ただ在る”ことが。
存在の中には 神さまの叡智が詰まっていると思うから。
存在することは神さまの一部ということ・・・と思うから。

哲学のお話ではありません。 哲学のことは判らない。
ただ
“存在”することが すごいことなんだなぁ、、と思って。
神さまの叡智、神秘があるからこそ 存在するのだから・・・と思って。
c0074000_21441646.gif


※ある会員さんと五井先生のお話
(ちゃんと覚えてないので、間違いがあったらごめんなさいです。)

会員さんが 五井先生に「宇宙とはなんですか?」と質問されたそうです。
五井先生のお答は、、、 爪の中に挟まっていた一粒の砂を会員さんに見せて、
「これだよ」  
と言われそうそうです。 (たしか、、、こんな話だったと思うんだけどー)

砂一粒でさえも、神さまの創造によるもの。 砂一粒に宇宙が詰まっている。
すごいなぁ・・・

c0074000_21453358.gif

私のなかに神があって、外側にも神さまがいる。 世界は神さまだらけ・・・ってことだ(笑)
外側にもある、、と言っても、私という意識があればこそ在るのあって、
意識「私」がすべての始まり・・・・。

意識の中はどうなっているのだろう。

*********************************

あなたが考えている限り、あなたは統一していない。悟りは明晰な思考ではない。思考なくして、明瞭に意識的に生きることは可能である。思考することが存在することではない。

思考なくして明瞭に意識的に生きる・・・・出来るだろうか・・・と思ったけど、
100% 神意識が目覚めたら、きっとそうなるんだ。

思考することは存在にとって必要条件ではない。存在する意識は、無条件に存在する。思考のなきところに静謐がある。静謐の内に、始まりなき終わりなき永遠の神が鎮座まします。それが本心である。

きっと意識の奥、中心には、まったく思考の無い静謐な場があるのだと思う。
そこから始まりそこに帰っているのかなぁ・・・・ すべて。 



祈りによって、理性を明晰にして、自分の意志を実現する。そうではない。祈りによって、神性意識を明瞭にして、神の姿を具現化するのだ。

理性は完璧を求めて、競争する。理性は欠けたるものを補充しようと、奪い去る。
神性は完璧そのものである。神性は欠けたるものなく、与えつづける。
理性は眼の前から積み上げて、天に昇ろうとする。
神性は成就した神の姿を地に降ろそうとする。
理性は物事が生ずるメカニズムを明らかにしようとする。
神性は言霊を唱えて、神の姿を具現化する。

mixi ピタゴラスさん

理性は現象のメカニズムを明らかにして、完璧、完成を目指す。
神性にはそんなことは必要ない。もともと完璧、完成してるのだから。
始めっから目標に到達している。 神性は果因律、我即神也。

あとはそれを顕すためのプロセスがあるだけ。

リハビリなのだ☆ 

我即神也
すべては完璧 欠けたるものなし 大成就

c0074000_21461744.gif

[PR]

by mppoe-light | 2012-07-13 21:57 | 真理について思ったこと