真理は想像を超えて・・・・☆


神には理屈もなければ理論もない。神は只自己の大生命を徐々に宇宙全体に繰りひろげてゆくだけである。その動きの中に愛もあり、美もあり、真もある。
 人間はその繰りひろげられてゆく大生命の一つ一つの生命(いのち)の線として、その大絵巻を各自分担して画きつづってゆくものである。
 大生命が右に動けば、生命の線も右に動けばよい。左に動けばそのまま左に動けばよい。大生命と小生命(いのちの線)とは不離一体であって離れることはできない。

<7月五井先生の講話 自然 大生命の絵巻 から>


人間は、神様の生命の拡がりを担っているもの。 
その広がり、動きの中に、愛・美・真がある......。


ついに
宇宙の法則、究極の真理
「我即神也 人類即神也」に行き着くのだ
もう混沌とした世界をこれ以上
彷徨いつづけることはない
本来 この世の中は誰も彼もがすべて一切
内なる存在が中心で 成り立っているものである

人類はみな一人残らず
宇宙神の光の一筋の生命そのものなのである
故に常に自らの根源なる宇宙神と
調和し 共鳴し 脈打ち
無限なる可能性と能力、そして叡智、直観力を発揮し 
自らが自らの永遠に輝かしい人生を創造してゆくのである
我即神也 人類即神也

<今月のインフィニット・ワーズ 究極の目的地 から>


自分の意識の奥の奥の・・・宇宙意識、 宇宙神の光からくる意識、生命。 

宇宙神と共鳴し人生を創造する
そこに 愛、美 真 がある.....。。  

真理は想像を超えて、深く広く大きく崇高で、偉大で・・・そして
その中に自分が参加しているのだと思うと、、、、感動を超えてしまって、、、

もう言葉では表現できない・・・! 

自己限定を取り除いて

宇宙へ帰るしかないっっ・・・・☆のだ

すべては完璧 欠けたるものなし 大成就! 

c0074000_22383358.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-06-28 22:43 | 真理について思ったこと