創造する側の立場 1)

c0074000_19333945.gif
c0074000_19335373.gif

我即神也 と宣言するためには責任感が必要なんだ。

外側に神様を置いて、すがり依存するタイプの人は責任を持つのが怖いから、
我即神也が受け入れられないのかもしれない・・・・・

と、以前から ある法友を見て思っていました。

責任を持つのが怖いとはどういうことが言いますと、、、

自分の想念が体験する問題の発端だと思うことが出来ない。
直面する現実が受け入れられない。
なぜなら それを認めることは 醜く愚かな自分をいったんは見つめなければならないから。

でも、それは消えてゆく姿として、すべて赦されている。
だから
自分を正しい目で見つめる。醜く愚かな自分を確認する。
そんな自分を見るのは嫌なものだけど、、、、
 究極の真理はそこで終わらない。 ”消えてゆく姿で我即神也”がある。

我即神也、私は本来神である。 よって、それ以外の私は消えてゆく姿であって、無いということ。
 過去はない。 
ということが成り立つ。

もっと勇気をもって、逃げないで自分を見つめてほしい、
そうすれば、我即神也 という真理が救いになるのに。。。
どうやったらそれが分かってもらえるのか・・・と
ある法友を見ながら考えています。

c0074000_1930312.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-05-05 19:34 | 真理について思ったこと