過去はない

c0074000_22334997.jpg

c0074000_22244933.gif発見してしまった・・・
私が私をどう思っているか。その自己像は・・・過去の自分を基に作られていた・・・!
そのことに気が付いてびっくり☆ 
 
「過去はない」と、分かっていたつもりでも無意識のうちに過去を掴んでいる。
カルマ手強い!

今まで過去の自分を基に意識を動かしていたとは・・・・。。。。 
自分の意識なのに、自分で気づかない部分が独り歩きしていた。。。 ううぅ。。

過去をやめ、いったん意識を新しい状態に戻してから、
神としての自分をどんどんインプットしていこう(イメージで)・・・と思っていた矢先、 
久しぶりに読んだ ↓ の内容が面白かったので、さっそく載せることにしました。
面白すぎて、“拍手”を連打してしまった・・・☆ 

『私』のレッテル から

「我即神也」と唱える人ですら、無意識のうちに、個々人の『私』に否定的な言葉のレッテルを貼り付けているのである。
「消えてゆく姿」の教えとは、『私』には神以外の何のレッテルを貼り付けてはいけないと言うことである。
「消えてゆく姿」を行じるとは、過去に貼り付けた神以外のレッテルを一つ一つ剥がしてゆく行為である。

自分自身が『私』に何とレッテルを貼るのか。あなたはぼんやり、無意識のままにいると「運命に翻弄されつづける存在」というレッテルを貼ってしまい、全く自分が決めた通りに運命に翻弄されるであろう。しかし、あなたは意識して「自分の運命をコントロールし、創造してゆく存在」と宣言すれば、全く自分が決めた通りに運命を創造してゆくであろう。

あなたが『私』の倉庫は空っぽで、ガラクタしか入っていないと信ずれば、あなたは信じた通りに外の世界に豊かさを貪り、他の力に依存するようになる。
あなたが『私』の宝庫には無限なる神性があると、信じて、その扉を叩きつづければ、あなたは必ず神性の宝庫から流れ出る神性のエネルギーを浴びるようになる。

余分なレッテルを剥がすことによって、本名(我即神也)を思い出すのである。
あなたが御国(神性顕現)を得るのは過去世の修行ではない。今まで積んできた陰徳でもない。ましてや物質的なもの力ではない。すべてはあなたがあなた自身の『私』をどのように観るか。それだけだ。他の人や現象界の何ものも、どんな出来事も関係ない。あなたの心があなたの『私』をどのように評価するのか。すべての人から離れて、すべての現象界、出来事、体験から離なれたところで、『私』の本当の姿を見つめてみよう。


神のイメージから

神の言葉、神の想念、神の行為の前に神は自らを高貴な神とイメージする。この神の自己認識を目差すのが統一である。この「神が自らを高貴な神とイメージする」意識は特別な意識ではなく、意識の通常の状態である。また、この意識は消え去ることはない。この意識は真の自己愛である。したがって、無限なる愛の根源である。そこにはすべての神性がある。

自分をイメージすることと神をイメージすることは一つである。神なくして自分をイメージすることは迷いである。自分なくして神をイメージすることはできない。自分をイメージするときは神性という宝石で自分を飾ることである。いかなる希少な宝石より強力なパワー、エネルギー、美と輝きを放つ神性で自己イメージを作り上げることによって、人類は蘇るのである。このイメージ作りが輝かしい人生を創造してゆく基盤である。


全文読みたい方は・・・こっちへ行くと あります。→ 白光ノート
c0074000_22251661.gif眼精疲労にご注意を☆


きっと私は、想像を超えて素晴らしいに違いない。私だけじゃなく、すべての人が! 
本来の 神「私」が、自分の中で定着してくれるよう 
言霊、神語、印、祈り・・・続けます☆
c0074000_22254486.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-02-28 22:35 | 真理について思ったこと