唱える人が神だからこそ

c0074000_19202586.gif


「祈りの言霊」で唱える最後の言霊は、素晴らしく、そして含蓄のある言霊である。
言葉が神であるのか。我々の置かれた状況が素晴らしいのか。最も根源にあるのは、それを唱える人が神であることである。
唱える人が神だからこそ、言霊が現実化するのである。
唱える人が神だからこそ、宇宙神が用意された状況を引き付け、この世に現実化させてしまうのである。
唱える人の意志を通して、すべて宇宙神の御心が成就してゆくのである。

 つい今まで、自我を自分と思い込んでいたがために、因縁因果に従って、不調和を物質界から引き付けていた人であろうと大丈夫。今、自分の神性に思いを馳せ、果因説に従って、大調和を神界から引き付けてゆくのである。大調和の姿は、既に宇宙神が用意して下さっているのである。その姿は物質世界には見えない。想像力を使って思いを馳せ、イメージするのである。その姿を言葉で宣言するのである。そうすれば、すべての体感において神を感じるようになるのである。

 『部屋が暗い暗いと言っていないで、自分で照明のスイッチを入れよう』
これはよく言われる言葉である。「スイッチを入れる」とは現象界の中で因果関係を整えることではない。「スイッチを入れる」とは祈ること、印を組むこと、言霊で宣言すること、感謝することである。
それは果因説のスタートボタンを押すことである。
自らの神性を認めた人が、「すべては必ずよくなる」「絶対大丈夫」「大成就」と唱えるだけで、宇宙神の御心がこの世に顕現するのである。自らの細胞も、環境も、万物が宇宙神の御心そのままの姿に変えられることを待ちに、待っていたのである。
 

 
「すべてのものがよくなりますように」ではない。
人間の立場で外なる神にお願いするのではない。「すべては必ずよくなる」は神の立場に立った宣言なのである。すべての真理の祈り」「真の言霊」は神が行うものである。
 
すべては必ずよくなる。絶対大丈夫。大成就。

mixiピタゴラスさん

*********************************************************************

唱える人が神だからこそ、宇宙神が用意された状況を引き付け、この世に現実化させてしまうのである。
c0074000_19281176.gif

なぜか今月号はまだ届かないけど・・・・  メールでお知らせを読んで
昨日から 唱えています。ヽ(^。^)ノ 
  
印を100回と言われたら・・・えぇっ! ( ̄▽ ̄;)~☆  ですが、
100回の宣言なら大丈夫みたい♪ カウンターを持ち出してカチカチやっています。
地上に刻み込む気持ちで、「大成就!」 

毎日の生活では、さまざまなことに遭遇して動揺したり心配になったりするけれど、 
 即 「絶対大丈夫、大成就」 という気持ちに切り替えれるようになりたい。
というか、ならなければ・・・ 訓練だ・・・ これって。

想いも感情も、最終的に選択、決断、決定しているのは私 。
それを光明に切り替える自由が 私にある。
リハビリのつもりで意識的に生きる ・・・・
何を基に意識的に生きるか・・・ 我即神也を基に 

ふむふむ・・・・。 ←(自分でかきながら納得している。。)

私は神だから、すべては必ずよくなる、絶対大丈夫、大成就
そして 
人類も神だから、すべては必ずよくなる、絶対大丈夫、大成就

c0074000_192127100.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2012-01-29 19:29 | ピタゴラスさん啓示録から