10兆桁からガウディまで ☆

c0074000_21233267.gif

先日、新聞に 円周率計算10兆桁達成 ギネス更新の記事が載ってました。
達成したのは 一般の会社員。 (そういえば・・・一度TVで見たことがある。)
自宅の部屋で パソコンを数台つないで計算するそうです。
今回は、1年かけて10兆桁計算をし、自己の持つ記録5兆桁を更新
パソコンの熱で部屋は40度近くになるほどで・・・月の電気代は3万円だったとか。
わおぉ~
その会社員の方が言われるには・・・、 
計算されて出てきた数字の並びには、規則性が登場したりして、その数字の並びにロマンを感じておられるようでした。
で、円周率で思い出したのが、

 工業製品の製造過程で たとえば 車のタイヤやホイールを製造する際には 円周率の桁数は決められていて(4桁?6桁?だったかな) それに則って製造されているそうです。 規格。
10兆桁計算しても割り切れない円周率の 3,141592 を使って製造する・・・

ということは タイヤは 完璧な円の状態ではないのかな?
えっ、それでは 人間は、完全な円を作れないの???
でも、 コンパスで丸を描けば円ができるよ。 うーん、(ーー;)
ま、 
タイヤはちゃんと回転してくれて、 車は走るのだから それでいいよね。(笑)
c0074000_21242141.gif

で、 円周率から次に思い出したのが・・・
そもそも地球上(自然界)に直線って存在しないのでは?・・・・ ということ。
c0074000_21333894.gif

これは以前から建築家ガウディの建築物を観てて思っていたことで、
ガウディの造形には直線がなく どれもこれも曲がったり傾いたりしています。
柱もみな曲がってるのに、ちゃんと建物を支えています。
徹底的に計算され、検証された上の建築だったようです。 ガウディすごーい!
で、 
ガウディの考えを知ってから、 
直線は人間が作ったもので、そもそも地球上には曲線しか存在していない・・・と思ってて。
それに、
地球には、目には見えないけど回転のエネルギー(コリオリ?とかなんとかの力)が働いていて、 (ハリケーンが渦を巻くのは そのせいで・・・。)  その渦巻きの回転エネルギーがあるのだから、だから、きっと自然界には直線はない・・・のだ。 
と、
そんなことを なんとなーく考えてしまって・・・。 直線、曲線の何がそんなに大事なの?って思われそうですが、これが 
次にお人形つくりの話に発展して。。。
つづく☆
 
c0074000_21293843.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-10-18 21:34 | どってことない話☆