"あふれ出る 無限なる愛”

c0074000_21352267.gif



『我即神也』の姿は太陽より明るく輝いて、厳然と存在しているのである。
神の姿が直ちに現れて来なくても大丈夫。先ずは、真理を知ること。想像すること。宣言すること。
それでも、凡夫の姿が現れてくるかもしれない。それでも大丈夫。
意識したことは顕われ。意識しないことは顕われない。
神人には宇宙神の聖にして神秘なる光が与えられ、神性復活の黄金の鍵が手渡された。

 神人がいるところ、すべてが光り輝き、すべてが大調和し、すべてが完全・完璧で、すべてが大成就する。神人は無限なる能力そのもの。神人は無限なる健康そのもの。
神人は無限なる繁栄そのもの。神人は無限なる愛そのもの。
神人は無限なる叡智そのもの。神人は無限なる至福そのもの。すべては大成就。

mixiピタゴラスさん の「永遠なるもの」から


c0074000_21361250.gif



我即神也の宣言文に あふれ出る、無限なる愛 無限なる・・・があります。
ずいぶん前のことですが、富士の昌美先生の法話を録音したテープを借り聞いた中で、
昌美先生が とても強い想いを込めて、

「あふれ出る無限なる愛、あふれでる・・・! あふれ出る無限なる愛なんです!」 

正確には覚えてませんが、 こんなことをお話されていました。 
強く強く 「あふれ出る!」 を繰り返されたことで 
なぜなんだろ・・・ あふれ出る に、どんな意味があるのだろうか・・・と気になって
ずっとそのことが心に残っていました。


私はすべてに充たされ、すべてに愛され、すべてに抱擁され、すべてに祝福され、
燦然と光り輝く宇宙神とまったくひとつに融け合う。

私は本来神である、神そのものである、無限なる愛、光、叡智、能力、いのちに充たされているのである。
本来完璧なように作られているのである。完璧そのものである。


「私」 本来、すべてに祝福され、完璧そのもの。 無限なるもの全てに充たされ、それは常にあふれでる。
だから自分の外側に何かを求める必要は全くない。
常に自分の中からあふれ出てくる無限なる愛、光、叡智を、今度は外側へ、人類へ向かって放つ。 
消えてゆく姿の「私」のおしゃべりには耳を貸さず、自分を空しくして
我即神也の『私』を呼び出す。
呼び出した本来の『私』からは、無限なるものすべてが溢れ出る。それを人類に投げかける。 
人類即神也
その時意識は、『私』から『私たち』 に広がっている・・・のかも。

昌美先生が何を伝えようとされてたか本当のところは解りませんが、、、
”あふれ出る” という言葉から、
こんな風に考えるようになってから、なんとなく心が軽い
c0074000_21432756.gif

『私』は、すべてに愛され、祝福され、美しく光り輝いている。
素晴らしい『私』! おめでとう!    

c0074000_21375813.gif

[PR]

by mppoe-light | 2011-09-23 21:44 | 真理について思ったこと