みんな含まれている☆☆☆ 「我即神也」

c0074000_2119691.gif


宇宙神の創造と現実世界の創造

 我々に創造力が不足しているわけではない。
正しく創造力を使っていないだけなのである。創造力を誤用しているのである。
その根本原因は、自分が神であることを忘れていることである。
自己認識の誤りが、神の姿を映し出すことの妨げとなっているのである。
 しかし、
『今から全く新しい人生を創造してゆくのだ。過去はすべて終わったのだ。消えたのだ。二十世紀は過ぎ去ったのだ。汝らが新しく創造する世界は、今から始まるのだ。人類がみなこぞって“我即神也”を目指して自らを創造してゆく世界が始まるのだ。』(2001-4)
 自らが、自らの神の姿を現象界に映し出す時代になるのである。
『創造力は意識によって発動される』(2001-4)のである。
だから、現象は意識の結果である。これからは、意識を新たにし、全く新しい人生を体験してゆく時代が始まるのだ。
 「我即神也」と認めた自分自身の姿。自ら想像した通りの姿。自ら言葉で宣言した通りの姿。その神の姿を現実世界で体験するのである。

 ここで言う「創造」とは現実世界・現象世界の創造である。「我即神也」そのものの創造ではない。
「我即神也」は宇宙神の創造の結果である。この創造は既に成就している。この創造は変更できない。
「我即神也」は『私』についての不変の真理そのものである。現象世界における、いかなる想念、言動もその真理を変更することはできない。
しかし、宗教カルマを背負った自我は「あなたは神性を汚した」と主張する。
自我は罪悪感、孤立感を吹聴する。そして、処罰されることを求める。そして、自我は自ら苦しみ、被害者意識を深めることを目論む。
自我の目的はカルマの永続である。借財を返済し続けさせることである。その自我が主張するための根拠が因果律である。

 この因果律を覆すのに、いきなり果因説を説いたのが「00の家」であった。
五井先生は、一度因果説を認め、「消えてゆく姿と世界平和の祈り」を説かれた。そして、最後に果因説を改めて説かれたのである。真理の道は、一時的に因果説を認めながらも、究極的には果因説に行き着くことになっている。
 ややこしくなっているのは、果因説の時代になっても、一度認めた因果説の思考から簡単には抜けられないところである。因果説を主張する自我は、宗教の教えという隠れ蓑に蔽われて延命を画策できるのである。
 
宇宙神の創造は変更できない。従って、私達人類は神そのものである。それ以外の存在にはなりえない。
如何なる「神の姿」以外の現われもすべて自分で赦していい。カルマは手放してもいい。
不完全な自分を神に変えなくていい。悟る必要はない。悟って神になる人はいない。
すべての人は、悟らずとも、そのままで神なのである。
そして、どんな些細なことでも自己を批判しないことが肝要である。
そして、積極的に『我即神也』の真理を承認する。
自分を神として崇敬し、讃美し、尊敬するのである。
自分が神であることに思いを巡らせる。
自分が神であることを宣言する。『我即神也』の印を組む。
この意識の活動が現実世界に神の姿を映し出すのである。
 mixiピタゴラスさん
              

c0074000_21211862.gif


宗教カルマを背負った自我は「あなたは神性を汚した」と主張する。自我は罪悪感、孤立感を吹聴する。

ややこしくなっているのは、果因説の時代になっても、一度認めた因果説の思考から簡単には抜けられないところである。


自我の主張は手強い。。。。
いつの間にか消えてゆく姿世界におもいっきり意識が落っこちて、
でも自分では全然それに気づかず、 
で、気づかないまま思考は因果律になっていて・・・・・

(p_-) ううぅ・・・
ふがいない自分に腹が立つ、(くやしいぃ~ 泣いてやるぅう~っ) ( ̄  ̄;)
が、
それさえも消えてゆく姿として祈らねばならない・・・のだ☆
 自分を赦す難しさを感じる今日この頃・・・ やっぱり「我即神也」の理解を深めるしかない。 


「我即神也」は宇宙神の創造の結果である。
この創造は既に成就している。この創造は変更できない。
「我即神也」は『私』についての不変の真理そのものである。
現象世界における、いかなる想念、言動もその真理を変更することはできない。


究極の真理 「我即神也」  
この中には、 消えてゆく姿も 光明思想も果因説も、絶対大丈夫、大成就も
 みんな含まれている。 だから
神語、祈り、印を粘り強く継続する・・・のみ☆ 

『私は本来神である。神そのものである。無限なる愛、光、叡智、能力、生命に充たされているのである。本来完璧なように作られているのである。完璧そのものである。一つの欠けたるものなく、一つの余分なものなく、全く完璧に大調和された神そのものである。』


c0074000_21231252.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-09-15 21:31 | ピタゴラスさん啓示録から