すでにある真理☆

「成功、成就、絶対に大丈夫」とは、自分の外に求めるものではなく、自分の心の中にすでにある真理

私はすべてに満たされ、すべてに愛され、すべてに抱擁され、すべてに祝福され、
燦然と光輝く宇宙神と全く一つに融け合う


「私」 は、すでに もともと初めから大成就している。
「私」は神だから、大成就している。「私」は神だから欠けたるものなし。
「私」は神だから、絶対大丈夫。 
本来神である「私」が、常に厳然と自分の中に存在していることを信じる。
それを繰り返し続け・・・ねば。。。

c0074000_21572614.jpg


厳然と存在する神なる自己を認めるのである。神の人生はすべてに満たされ、すべてが祝福され、すべてが幸せで欠けたるものがない。このような、神としての人生を認めるのである。真の自分自身を思い出すのである。
「自分が変われば、人生が変わる」とは至言である。ただ一つ気をつけることがある。
自分の想念や行動力を直接変えないことである。試みるならば挫折する。
自己意識を「我即神也」に定め、その理解を深めてゆくのである。そして、神としての言葉を唱えるのである。それ以上に自分を変えようとするのはいけない。
自力で、想いや感情の習慣を変えようとすれば、打ちのめされる。迸り出てくるものには「消えてゆく姿」で対処する。

「私が語る言葉は神の言葉である」と宣言したならば、神語を用意し、神語を唱え続けるのである。
宣言文の真意は「いずれ、立派なことを語れるようになりますように」ではない。
即刻、神の言葉を語るのである。神語を語り続けるのである。
自分の言葉が「全く新しく、完全に平和な世界」を呼び出すのである。自分の言葉が自分自身と人生と世界を創造するのである。幸いなるかな、神語を語る者。


c0074000_21581032.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-06-29 21:59 | 真理について思ったこと