描く世界を愛するコト

c0074000_23185786.jpg

画家が、風景の中から切り取った構図を描くとき、
それを愛しているから、自我のない美しい作品が描けるんだなぁ、、、
描く対象を愛することが名作を生むのかぁ・・・
なんてーコトを思いながら観ていました。

TVで日本画家の東山魁夷の美を探る番組をやってまして、今日はその2回目。
それを観て感じたことです。

先週1回目は、ドイツを旅した魁夷が描いた、風景画の美を探る内容でした。
そこドイツで魁夷が出会った言葉、

「静寂は、人にとって神聖なもの」 

2回目は、京都の美。
自然が生み出した風景ではなく、人間が作り出した風景が描かれています

いってみれば 人工の美 なのだけど、一つ一つの作品に魁夷の想いを探ると、
 お城の石垣、お寺の庭の石、手入れの行き届いた山杉 などなど・・・
人物はどこに描かれてはいないけど、そんな風景画の奥には、人の存在も感じられて、
素晴らしいな・・・と思いました。

きっとこの人は、絵を描くとき、描く世界を愛していたのだろうな・・

愛する気持ちが素晴らしい作品を作り上げ、多くの人を感動させるんだ と思いました。

となると・・・

意識が自分自身を創造しているだから、 私も私の作品と言ってもいい。
ならば、
自分を愛することが、自我のない美しい「私」を創り上げていくことになる。

愛するとは 我即神也 を認めること。 
なによりも自分を愛することが大切なのだ・・・と思いました。


私は、柔和で穏やかで平安で優しく、幸せで愛に満たされている。
私の言動は人々に幸せと平安と喜びをもたらしている。
来る日も来る日も、神である私には、幸せのみ、喜びのみ、成功のみ、輝ける生命そのもののみが現れる。


c0074000_2317630.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-06-20 23:24 | 真理について思ったこと