Kさんが愛おしい・・・・? (^_^;)

c0074000_2257429.gif

祈りの会で毎回行っている、互いの神性を認め合う行、
今月になってニューバージョンにしました。  5月8日の日記で紹介したものです。
→ 「ニューバージョン神性を認め合う行」

まだ2回しか行っておりませんが、とても気に入っています。
1回目から、じわ~と心に響くものがありまして、
自分が中央に立って、皆から神性を認めてもらうのも心地いいですし、
何よりもいいのは、 中央に立った法友に向かって

『0000様は本来神である。神そのものである。無限なる愛、光、叡智、能力、生命に充たされているのである。本来完璧なように作られているのである。完璧そのものである。一つの欠けたるものなく、一つの余分なものなく、全く完璧に大調和された神そのものである。』

と宣言することです。
 
読んでいるうちに、とても愛おしく、法友を愛する気持ちが湧いてきます。
旧バージョンの時も、同じような気持ちは感じていたけれど、
ニューバージョンになってさらにそれがバージョンアップした感じです。

で、
この”行”の順番は、いつも私が最初に中央になり、次にKさんなのですが、
先日も私の番が終わり、次のKさんに向かって神語を語っているうちに、
すごくKさんが愛おしくなってきて、抱きしめたくなりました  

ひえ~っ( ̄▽ ̄;)

(誤解のないようにっ、決してヘンな意味ではありませぬ(笑)純粋な気持ちです!)

c0074000_22521282.gifKさんだけでなく、ほかの法友も同じです。 みんなを愛する気持ちが湧いてきます。
みんなと手を取り合って、幸せや喜びを宣言したくなります。

相手の神性を認め宣言すれば、こちらの意識も上昇する。
私一人では 我即神也は成り立たない、 私が我即神也になるためには、
人類が即神也であることが必要。 意識の深いところでは、皆が繋がっているのだから、
互いに神性を認め合うことで、深い意識の喜びが伝わってくるのかなぁ。

意識の世界は不思議だなぁ・・・と思います。 
c0074000_2253825.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-05-25 22:59 | 真理について思ったこと